月別アーカイブ: 2013年11月

こぶた柄のペットボトルホルダー

サイズ:縦19cm、底の直径7.5cm

おとぎ話シリーズ、nunokara MIMI and NENE、3匹のコブタ柄で作ったペットボトルホルダーです。入園入学グッズとしてはもちろん、保温保冷アルミシートつきなので、オールシーズン使えます。制作してくれたのは、ダイナソーランドの生地でレッスンバッグを作ってくれた佐藤晴代さんです。

デザイン・製作:佐藤晴代(dendensiii)


使用した布:
 nunokara MIMI and NENE F103-3 (A)


材料:
□生地((表布、タブ)40cm×20cm
   (口布)30cm×10cm
□保温保冷アルミシート(裏布)40cm×20cm
□リネンコード:直径0.3cmを40cm
□コードストッパー:穴の直径0.6cmを1個
□ナスカンつき持ち手:長さ30cmを1本
□Dカン:内径1cmを2個

cs33_petbottle

こぶた柄のペットボトルホルダーについて、佐藤さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
 ほのぼのとした3匹のこぶたのイラスト。こぶたが3匹そろうように生地を使用しました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
アルミシートを使用しているため多少の保温保冷はきくと思いますので、1年中使えるアイテムだと思います。チェックがベースになっているので口布は無地がいいかなと思いましたが、ピンドットを合わせてもかわいくなりました。チェックが淡い色なので濃い色を合わせるのがおすすめです。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
底と側面を縫い合わすのが難しいと思いますが、切り込みを入れて円のカーブに合わせ目打ちなどで押さえながらゆっくりと縫いすすめるといいと思います。そして縫った後縫い代をカットしておくと表に返したときにゴワゴワしないと思います。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
合皮ストラップは取り外しができるので、長めのショルダーひもに付け替えてお出かけの際にお子様に持たせてあげるのもいいですね。

KF:佐藤さん、どうもありがとうございました!こぶた柄のペットボトルホルダーの作り方プロセスも佐藤さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

こぶた柄のペットボトルホルダーの作り方

1.Dカン用タブを作る
ペットボトルケースA
長い方の両端を5㎜ずつ折り、さらに半分に折り幅1㎝長さ4㎝のタブにし、端ミシンをかける。これを2本作る。

2.口布を作る
ペットボトルケースB
カットした生地をわにし、ひも通し部分をあけて縫い、縫い代を割って押さえミシンをかける。外表に半分に折り、わから1.5㎝のところをぐるりと縫う。ひも通し口のところで返し縫いをするようにするとよい。

3.側面と底を縫う
ペットボトルケースC
側面と底に合印をつけておき、わにした側面と底を合印に合わせてまち針で止める。さらに円のカーブに合わせて側面にいくつか切り込みを入れてまち針で止め、目打ちで押さえながらゆっくりと縫う。縫った後縫い代を5㎜に切り落とす。
アルミシートは側面をわにして返し口をあけて縫い、同様に縫う。
Dカンを挟んだタブを側面のタブ付け位置に仮縫いしておく。

4.口布と表袋を縫う
ペットボトルケースD
口布を表袋に重ね、まわりを仮縫いする。側面と口布の縫い代の位置を合わせて縫う。

5.仕上げる
ペットボトルケースE
アルミシートと口布を中表に合わせて縫い、表に返して返し口を閉じ、側面と口布の縫い合わせ部分に押さえミシンをかける。
ひもを通し、コードストッパーをつけ、合皮ストラップをつけて、できあがり。

裁ち方図と作り方はこちら
button_tt

コッカファブリックでは、引き続きこちらのCraft&Sewingのコーナーで作品を作ってくださる手作り作家さんを募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。


nunokaraシリーズ第4弾 MIMI & NENE

ピーターパン・はだかの王様・三匹のコブタ

楽しいおとぎ話が布になったシリーズ、nunokara(ヌノカラ)の第4弾です。今回は、ピーターパン、はだかの王様、そして三匹のコブタです。デザインを考えてくれたのは、イラストレーターの塩見ちひろさんです。
「絵本を意識してキャラクター設定を丁寧に行いました。キャラクターたちが動きだして、続きのストーリーに導いてくれるような、世界観を想像する手助けになるような、そんな風に感じとっていただけるとうれしいです。描くうえでは、手描きでしか出せないあたたかみのある線や色づかいを大切にしました」(塩見さん)

neverland map F103-1 オーガニックシーチング
1031_1

  • 1031_2
  • 1031_3
  • 1031_4

 
「大好きなピーターパンの物語を一つの作品の中にギュッと詰めこむ気持ちで描きました。お話を知ってる方も、知らない方も、作品を通してそれぞれの中に新しいネバーランドのストーリーが生まれればいいなぁと思います」(塩見さん)

続きを読む


Inspiration file31
天使柄のガーリースカート

in_31

sinafuku(シナフク)というブランドで、子ども服や布小物を制作している斉藤真澄さんは、本サイトのcraft&sewingのコーナーでもおなじみの作家さん。キュートなプリント地の持ち味を引き出して、ポップな作品に仕立てるセンスはお見事。可愛いだけでなく、実用面もきちんと考えられたデザインが、小さなお子さんのいるママさんに支持されているのでしょうね。
今週ご紹介したキャンディポシェットもそんなsinafukuらしさがぎゅっとつまった作品です。

「『ぷらんぷちぃくす』の天使とユニコーン柄は、個人的にもとっても気に入ったので、いろいろと作ってみたいと思います!」とお話してくれた斉藤さん。そうして出来上がったのが、写真のスカートです。リボンポシェットには使わなかった黒のプリント地にブルーのレースを組み合わせてガーリーに仕上げています。
モデルになっているのは上のお嬢さん。リボンポシェットとのコーディネートもばっちりです。プリント地のスカートを引き立たせるために、あえてトップスは無地に。同色のタイツにブーツを合わせて、とっておきのおしゃれなスタイルになりました。スカートの作り方は、斉藤さんのブログでも紹介するそう。楽しみです。

そしてさらに・・・。「スカートのあまり布で、リボンカチュームも作りました〜」とのメッセージも届きました。こちらはパーティーシーズンに大活躍すること間違いなし! の可愛さ。ぜひブログで一緒に紹介してくださいね。

斉藤さんのブログ「ミシン生活」はこちら http://ameblo.jp/kittenishgirl-sinafuku/


キャンディポシェット

サイズ:縦15cm、横(全体)40cm、(袋部分)21cm

女の子の大好きをつめ込んだドリーミーな生地、「ぷらんぷちぃくす」の天使柄〜Tabris〜で作った、キャンディ型のポシェットです。制作してくれたのは、こちらのコーナーでおなじみの斉藤真澄さん。ピンク、白、水色と、パステルカラーの3配色をぜんぶ使い、グリーンと黄色のポンポンブレードをあしらって、ポップに仕上げてくれました。

デザイン・製作:斉藤真澄(sinafuku*)


使用した布:
 plump cheeks H3048-2 (A), (B), (C)


材料:
□生地
(表布A):110cm×20cm
(表布B、タブ):110cm×20cm
(表布C、肩ひも,タブ):110cm×30cm
(裏布): 30×50㎝
□キルト芯:50cm×40cm
□ファスナー:長さ23cmを1本
□ポンポンブレード:直径1.5cmのポンポンつきを2色各40cm
□角カン:内径2.5cmを2個
□移動カン:内径2.5cmを1個

candy_pochette

キャンディポシェットについて、斉藤さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
パステルカラーの可愛い柄をみた瞬間「外国のキャンディの包み紙みたい〜」と思ったので、イメージ通りキャンディの形にしてみました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
中央のキャンディ部分をふっくらさせたい、でも包み紙のキュッと絞った感じも出したい・・・。そこで、中央部分だけにキルト芯を挟み込んでみました。内袋をつけることで、見た目の可愛さだけじゃなく、きちんとバッグとして機能できるようにもしました。肩ひもも移動カンをつけることで長さを調節できるようにしました。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
ファスナーつけはちょっと難しい・・と感じる方は、本体と内袋を縫い合わせる際にリボンなどを挟み込んでもいいかもしれませんね!包み紙の絞り部分は、糸で絞ったままの状態になっていますが、こちらはお好みでリボンなどをつけてもらえればと思います。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
女の子の特権ともいえるほどキュートな形と配色のポシェットなので、レースのついたスカートなどガーリーファッションと合わせてもらえたらいいかなと思います。

KF:斉藤さん、どうもありがとうございました! キャンディポシェットの作り方プロセスも斉藤さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

キャンディポシェットの作り方

材料を用意する
cp1

角カン用のタブを作る
1.
cp10_1cp10_2
5cm幅の中央に向かって両端を折り、2枚を外表で重ね、端から2mm内側を縫う。

2.
cp10_3
角カンをタブに通した状態。

内袋を作る
3.
cp11_1
中表になるようにファスナーをつける。

4.
cp11_2
縦方向に半分に折り両端を縫う。

本体を作る
5.
cp2_2
表布を3色つなぎ合わせて1枚布にする。

6.
cp3_1cp3_2
表布裏の中央にキルト芯を乗せ、両端から2mm内側を縫う。

7.
cp4
ポンポンブレードをつける。

8.
cp5
2で作ったタブに角カンを通し、表布(表)端から2cmのところに仮どめする。

9.
cp6
表に返した状態。

10.
cp7_1cp7_2cp7_3
縫い残してある口部分から内袋を外表に入れ、ファスナーつけ位置をまつる。

11.
cp8_1cp8_2
内袋よりも外側をざっくりとぐし縫いし、糸を引き絞り、縮めた場所を2〜3回、糸で巻き、縫いとめる。

肩紐を作る
12.
cp12
10cm幅の中央に向かって両端を折り、さらに半分に折り両端を2mmで縫う。角カン、移動カンをつける。

裁ち方図と作り方はこちら
button_tt

コッカファブリックでは、引き続きこちらのCraft&Sewingのコーナーで作品を作ってくださる手作り作家さんを募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。