月別アーカイブ: 2013年12月

チラみせ☆キティのファーマフラー

サイズ:幅15cm、長さ136cm

今回は、キティがちらっと見える、キュートなファーのマフラーです。作ってくれたのは、手作りが大好きなmarimariさん。これからの季節、見た目もあったかそうなファーを使ったマフラーは大活躍しそう。

デザイン・製作: marimari


使用した布(裏面):
 キティ花束柄シーチング G50183-1


材料:
□生地(表面(ファー)):70cm×40cm
   (裏面A):60cm×40cm
 (裏面B・C):20cm×20cm
   (裏面D・E):20cm×20cm
□キルト芯:70cm×40cm
□リボン:幅3.5cmを40cm
□ポンポンテープ:直径1.5cmのポンポンつきを40cm
□好みのラインストーン:約20個

photo0
kitty_2013 _236px

チラみせ☆キティのファーマフラーについて、marimariさんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
このシリーズの中でも赤と白のシンプルカラーをチョイス。ファーと合わせれば、オトナかわいいキティマフラーになるかと。あえて裏地に使用して、チラッと見えた時や表地のファーとのギャップを遊ぶのも楽しいと思って。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
キルト芯をはさむことで、更にあたたかい仕様に。キティ布だけでは、少し単調な感じになるかと思い、別布をパッチワークしました。思ったより大柄だったので、それを利用してキティのリボン部分にラインストーンをつけ、チラみせのアクセントにしました。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
ファーを重ねて縫う時は、毛足を布の内側にはさみ込みながら縫うと縫いやすく、ひっくり返してファーの毛足を整える際にスムーズです。最終的にファー、キルト芯、キティ布(別布を剥いだもの)を重ねて縫うので、先にキルト芯とキティ布を重ねて縫ってからファーを重ねて縫うと、ずれずに縫いやすいかもしれません。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
クリスマスやニューイヤーパーティーなど、冬のイベントにもピッタリです!洋服の色味を抑えて、マフラーを主役のコーディネートに♪チラみせはもちろん、気分に合わせて表裏使い分けてみてください。

KF:marimariさん、どうもありがとうございました!チラみせ☆キティのファーマフラーの作り方プロセスもmarimariさんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

チラみせ☆キティのファーマフラーの作り方

1.
photo1photo2
型紙を置いて、布とキルト芯を裁ちます。ファーを裁つときは、ファーの裏地のみを切るようにすると切りやすいです。

2.
photo3
ポンポンブレード、リボン、ラインストーンを用意します。

3.
photo4
裏布a (17cm×8cm)と裏布b (17cm×12cm)、裏布a (17cm×12cm)と裏布b (17cm×8cm)をそれぞれ中表に重ね、ミシンをかけてはぎ合わせます。

4.
photo5photo6
キティ布とはいだ3の布をそれぞれ中表に重ね、ミシンをかけます。このとき、キティ柄の向きに注意。キティ柄の上下を確認して、下側にはぎ合わせること。下の写真は、3種類の布を、はいだ状態。

5.
photo7photo8photo9
キルト芯→キティ布(表を上に)→キティ布(裏を上に)→キルト芯の順に4枚重ねてまち針をうち、ミシンをかけてはぎ合わせます。下の写真は、4枚はぎ合わせた状態。

6.
photo10photo11
リボンの上にポンポンブレードを重ね、赤のミシン糸に替えてミシンをかけます。

7.
photo12photo13
ファーの端から10cmのところに、7のリボンの下辺がくるようにそれぞれ置き、リボンの上下の辺にミシンをかけます。ファーの裏地に印をつけてからまち針をうつと、やりやすい。

8.
photo14
ファー2枚を中表に重ね、ミシンをかけてはぎ合わせます。

9.
photo15
8のファーと5の布のはぎ合わせた箇所同士をまち針でしっかり止めてから、両端を合わせて全体にまち針をうちます。

10.
photo16
返し口だけを残して、グルリとミシンをかけます。

11.
photo17
返し口から表に ひっくり返して、はさみなど先のとがったもので角を整えます。

12.
photo18photo19
返し口をまつり縫いして閉じ、目打ちでファーの毛足を引き出して整えます。

13.
photo20
表地のリボンの上に、ラインストーンをグルーガンやボンドでつけます。

14.
photo21
裏地のキティのリボン部分にも、グルーガンやボンドでラインストーンをバランスよくつけたら、できあがり!!首に巻いた時に見えるように、下の方の絵柄にストーンをつけるのがポイント。

裁ち方図と作り方はこちら
button_tt

コッカファブリックでは、引き続きこちらのCraft&Sewingのコーナーで作品を作ってくださる手作り作家さんを募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。


ハローキティ

大人の女性も楽しめるキティ柄が登場!

国内だけでなく、今や海外にもたくさんのファンを抱えるハローキティ。大人の”キティファン”も増えているので、今回は、大人の女性も楽しめるキティ・ファブリックを企画しました。モチーフもヨーロッパのアートなどを使い、配色も海外を意識したチョイスに。テーマが大人の女性向けなので、インテリアやバッグなどにしても素敵です。もちろん入園入学向けのアイテムにしてもポップでかわいいですよ。kitty_2013 _236px

キティ スカル柄シーチング G50182-1 シーチング, GQ50182-1 キルト
182_1

  • 182_2
  • 182_3
  • 182_4

海外の人に人気なスカルのモチーフを使いました。ビビッドなピンクが特徴です。

続きを読む


Inspiration File 35
いちごのケーキでハッピークリスマス!

in_35

写真のいちごのケーキ、何でできると思いますか?
生クリームでしょ? いいえ、これは羊毛フェルトなのです。

こちらの作者は、羊毛フェルト作家の福田りおさん。このケーキの材料は、ふわふわの羊毛だけ。小麦粉もバターももちろん使っていません(笑)。フェルティングニードルという、先端にギザギザのある専用の針を使って、羊毛をサクサクさしていくと、ふわふわの毛がどんどん固まって、形になっていくのです。このクラフトは、針で刺していくクラフトなので、ニードルフェルトと呼ばれているそう。

トッピングになっている半割のいちごも美味しそう。中のピンクの果肉や芯のところまで羊毛で仕上げてあって、本物みたいです。
「もっとリアルにしようと思って、いちごのつぶつぶの種も作ってみたこともありましたが、今のいちごがいちばん可愛いくて、美味しそうなんです」(福田さん)
あえてリアルに仕上げないところが、美味しそうに見せるコツなのですね。

本物のケーキは、食べたらおしまい。でも、羊毛のいちごケーキなら、ずっと飾っておけるので、プレゼントにしても喜ばれそう。写真のような大作は無理ですが、まずは、1ピースのショートケーキから手作りしてみてはいかがですか? ふわふわの羊毛をさわっているだけで、心がいやされていきますよ。

埼玉県・川口市にある福田さんのアトリエ『Coffret de laine ~羊毛の小箱~ 』には、色とりどりの美味しそうな羊毛ケーキが並んでいます。定期的にワークショップも開いているそう。寒い冬、針でサクサク刺しながら、ゆっくりと形になっていく羊毛と戯れるひととき…。自分自身への素敵なプレゼントになりそうですね。

福田さんのサイトはこちら。http://riofukuda.com


【RANKING】11月の販売ランキング

10月に引き続き、echino(エチノ)が独走中です。11月に1位になったのは、なんと定番の無地です。定番の無地は全部で6色。echinoのどんな生地に合わせてもトーンが合うため、新柄が出るたびにセットでお買い求めになるリピーターの方が多いのですね。2位は、2013コレクションのpiece、3位はdecoroシリーズのrhino(サイ柄)です。

販売ランキングは、コッカファブリックを扱ってくださる全国のショップ様からの受注数に基づいています。


ネコちゃん柄のレッスンバッグ

サイズ:縦30cm、横40cm、まち4cm

ネコと音楽モチーフを組み合わせた、楽しい柄「ネコふんじゃった」は、入園入学のアイテムにぴったりです。人気ブロガー、neige+さんこと、猪俣友紀さんがリバーシブルにもなるデザインを考えてくれました。あまり布でネコモチーフのバッグチャームを作れば、可愛いアクセントになりますよ。

デザイン・製作:猪俣友紀(neige+)


使用した布:
 (表布)ネコふんじゃった P25200-202 (A)
(裏布)ネコふんじゃった P25200-201 (D)


材料:
□生地(表側面、持ち手、ポケット、タブ):110cm×50cm
   (裏側面):90cm×40cm
□接着キルト芯:80cm×30cm
□レース:幅1cmを30cm
□テープ:幅1cmを10cm
□好みのチャーム

56

ネコちゃん柄のレッスンバッグについて、猪俣さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
キュートな遊び心をくすぐる鍵盤柄は、実際に指で当てながら遊べたり、布バッグとして持ち歩くのが楽しくなる子ども向けの柄だなと思いました。ネコちゃんは愛されキャラなので内布に加えてみました。リバーシブルバッグとしても使えて、2通り楽しめるデザインにしています。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
ピアノ鍵盤をメインにちょっと遊び心のある布配置にしました。布の配置方で表面背面とどちらを表にしてもかわいいデザインです。また、底マチはシンプルな作りのうえに、三角にでるマチはアクセントにもなるので、リバーシブルにしても同じデザインにしています。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
裁断の際に合印を丁寧に入れておくと、持ち手など合わせる位置がずれにくいです。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
目を引く鍵盤柄なので、お稽古ごとや、学校の音楽バッグなどがピッタリかなと思います。図書館バッグにもおすすめです。

KF:猪俣さん、どうもありがとうございました!ネコちゃん柄のレッスンバッグの作り方プロセスも猪俣さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

ネコちゃん柄のレッスンバッグの作り方

1.
6-1
まず50cmのカットクロスを準備し、鍵盤柄をバッグの横幅として ポケット部分以外42cmで裁ちます。左から、ポケット、持ち手、持ち手 タブ、表布 背面布となります。

2.
7-1
内側の布を用意します。サイズは 32×42cm、接着キルトは縫い代を含まず、30×40cm。持ち手以外すべてに1cmの縫い代をつけます。

3.
8
持ち手を作ります。横半分に折り目をつけ、一度広げたら中心に合わせて折りたたみ、四つ折りにして両サイドをミシンステッチします。

4.
11
ポケットは2つ折りの「わ」にし、返し口を残して周囲を縫います。

5.
10
返し口から表に返します。このとき、画像のようにミシン目に合わせて折りたたみながら引き出すときれいに角が出ます。

6.
129
ポケットにレースを縫いつけ、本体にポケットを縫い合わせるときにレースを内側に入れて縫い合わせます。
ポケットの返し口もこのミシンかけで一度に縫い仕上げてしまいます。ハギレででた一部を3つ折りにし、小さな脇タグ(テープ)にします。

7.
20
表布にアイロン接着キルトを貼ってから、表布、内布の底を作ります。まず底辺を縫い代1cmで縫い合わせます。縫い代を含めて、底から3cmのところに合印のノッチを入れます。

8.
13
7で入れたノッチが今度は底になるように、底「わ」の縫い合わせを内側に入れ、蛇腹にしてまち針でとめます。広げてみると9の状態になります.

9.
15
底を蛇腹にした状態で表布を両サイド縫い代1cmで縫い合わせます。内布は片側にのみ返し口を7cmほど残して同じく1cmの縫い代で縫い合わせます。

10.
16
表布の中心、そして中心から両サイド6cmの場所に合印ノッチを入れ、それに合わせて持ち手を縫い代内5mmのところで仮縫いしてとめておきます。

11.
17
10で作った表布を表に返し、そのまま内袋の中に入れて袋口を表あわせにします。この時、画像のようにサイドの縫い代を交互に倒し段差を均一にしてからまち針でとめ、袋口をぐるりと縫い合わせます。

12.
18
返し口から表に返し、返し口を閉じたら、袋口の部分に2本のミシンステッチを加えて完成です。

13.
19
蛇腹に折りたたんで縫った底はこのような三角のマチがでるので、ここにボタンなど縫い付けてアクセントにしても可愛いです。

猪俣さんデザインの、もうひとつのレッスンバッグの作り方は、猪俣さんのブログにアップしています。

裁ち方図と作り方はこちら
button_tt

コッカファブリックでは、引き続きこちらのCraft&Sewingのコーナーで作品を作ってくださる手作り作家さんを募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。