月別アーカイブ: 2014年1月

【EVENT】1月のイベント情報

1/29(水)〜2/4(火)
手作り応援! 入園入学イベント・ソーイングレッスン

場所:阪急うめだ本店10階 セッセ前パーク1
内容:くまのがっこう、スヌーピー、はらぺこあおむしなどのキャラクター生地、キルティング、恐竜、ネコ、バレリーナ、HCリズミカラー(動物シリーズ)、emoemoなど、子どもたちに人気の生地が勢ぞろいします。

期間中は毎日、レッスンバッグのソーイングレッスンを行います。
手作りに自信のない方、ミシンの購入をご検討の方も是非お気軽にご参加ください(予約制)
TEL:06-6313-9642(直通)

参加費:1050円(材料費別)
時間:10:30~13:00/15:00~17:30

詳しくは、阪急うめだ本店・スタッフブログにて


【RANKING】12月の販売ランキング

  • 1位
    echino
    JG-95800-801A jg-95800 801a
  • 2位
    PETIT ORTEIL
    HG-3000-301C hg3000_301c
  • 3位
    ナニイロ BIRS EYE
    JG-14500-1A  JG-14500-1A

昨年12月のランキング集計がまとまりました。1位は、echinoでした!この柄は、3ヶ月連続でランクインしています。2位は、「こどもブティッククチート』(ブティック社)にも掲載されたpetit orteil。 入園入学準備のソーイングに人気だったようです。そして、3位はご存知、伊藤尚美さんデザインのナニイロシリーズのBIRS EYE。モーリークロスの起毛です。

販売ランキングは、コッカファブリックを扱ってくださる全国のショップ様からの受注数に基づいています。


echinoのスクエアワンピース

サイズ:胸回り156cm、着丈83cm

echinoの2014年新柄コレクション、kalmiaで作ったスクエアワンピースです。大きなお花がいくつも重なり合ったようなデザインがインパクト大。ゆったりとしたワンピースなので、部屋着にぴったりです。スパッツやジーンズを合わせてチュニックのようにしてもいいし、ウエスト部分をベルトでしめれば、カジュアルなおしゃれ着にもなります。

ほぼ直線縫いなので、作り方は簡単です。衿ぐり用のバイアス布は、二つ折りするときはアイロンでしっかり折り目をつけましょう。衿ぐりにつけるときも、アイロンで抑えながら行うときれいに仕上がります。

材料
□表布:110cm 幅×200cm


使用した布:echino kalmia JG95900-903 (B)

cs41_squareOP

製図と作り方はこちら
button_tt

2014 echino コレクション

幾何柄を取り入れて

echinoの2014年の新柄がいよいよ登場です! 今回のコレクションは、三角や六角形やドットなど、幾何柄を取り入れたデザインが多いのが特徴です。モチーフや背景などにグラフィックなパターンを加えて、いつものechinoの可愛らしさの中に、少しだけカッコよさもプラスしました。

hide JG95900-900 綿キャンバス
900_1

  • 900_2
  • 900_3
  • 900_4

トラやシカ、ふくろうなど、echinoらしい動物たちが森の中に見え隠れしています。「一枚の絵のような」イメージでありながら、ドットやストライプなど、デザイン的な要素を入れた描き方をしました。バッグに仕立てると、1枚布なのに、ピースをつなげたような楽しさが表現できます。

続きを読む


Inspiration file39
心がなごむ 小さなおうち

in_39

まだまだ寒い日が続きます。先週はあったかニットのお話をしましたが、今週は、手作りのぬくもりが伝わるミニチュア小物が登場です。

写真の小さなおうちは、陶芸作家の北原裕子さんの作品。北原さんは、家や教会、鳥などの身近なモノをモチーフに、飾ったり、身につけたり、使ったりできる陶小物を制作しています。作品はどれも手のひらサイズ。写真左の白壁のおうちは、なんと幅約1㎝、高さは3.5㎝という小ささ! 

「小さなおうちは、中世ヨーロッパの絵画にある石造りのお城や古い家がモチーフです。微妙な屋根の色合いや、古びた壁の風合いを出すために、焼き上がるまでとても気を使っています」(北原さん)

年に数回行われる作品展やグルーフ展では、さまざまなおうちが並びます。切妻屋根のカントリースタイルの家、南仏プロヴァンスのはちみつ色の家、塔のあるお城など、色合いもデザインもちょっとずつ違うので、1つ1つじっくり眺めているだけでも、わくわくして、あっという間に時間がすぎてしまいます。

なかなか自分では作れない陶小物。展示会に足を運んで、1つずつお気に入りをコレクションしていくのも楽しみのひとつです。玄関の棚にちょこんと飾れば、ささやかなウエルカムのおもてなしに、花やグリーンと組み合わせれば、可愛らしいアレンジメントのできあがり。たまったはぎれで作るピンクッションやコースター、ヨーヨーキルトなど、小さな布小物とも仲良く同居しそう・・・。まさに、小さなコーナーを彩るスタイリング小物として大活躍なのです。

暮らしのシーンに、ほっとなごめるハンドメイド小物を少し。心の”芯”からあっためて、まだもう少し続く寒い冬を乗り切りましょうネ。

北原裕子さんのブログ「ちまちまこねこね日和」はこちら http://buuchanday.exblog.jp