月別アーカイブ: 2014年1月

こけし柄のふんわりバンブーバッグ

サイズ::バッグ 縦約29cm、横40cm、まち12cm

日本の伝統的なモチーフをポップに表現するシリーズから、こけしドールの柄を使ったバッグを紹介します。制作してくれたのは、かなやゆみさんです。

デザイン・製作: Y*RT2 HANDMADE かなや ゆみ


使用した布:
 P26300-301 (D)


材料:
□⽣地(バッグ表布A、⼱着表布A):110cm×60cm
(バッグ表布B、⼱着表布B):80cm×30cm
(バッグ裏布、ポケット、⼱着裏布):90cm×70cm
□接着芯:90cm×80cm
□トーションレース:幅2.5cm を1.4m
□レース:幅3cm を20cm
□綿ロープ:直径0.3cm を1.3m
□ボタン:直径1.5cm を2個
□持ち⼿:内側の幅19cm を1組

IMG_2694

「こけし柄のふんわりバンブーバッグ」について、かなやさんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
 最初画像でこのプリント柄を見たとき、もう少し小さいと想像していたのですが結構大きくて、大胆な配色だなと思いました。こけしというモチーフだし、和風なイメージでいこうと思っていたのですが、実際の生地を手にしてみたら、北欧チックな配色でかわいくてガーリーな雰囲気に路線変更して仕上げました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
 デサインは、大きいモチーフ柄を活かして、大きめのバッグにしました。バンブーの持ち手を使い、和のテイストを残しつつもピンクのギンガムと黒のトーションレースを使いかわいく仕上げました。ギャザーがいっぱい入った手提げバッグです。ギャザーのふんわり感を損なわないように薄手の芯を貼り、丈夫にしてあります。まちもたくさんとり、収納もたっぷりです。内側にパッチポケットをひとつ付けたので、小物を入れるのにも便利です。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
ギャザーが入っていたり、まちがあったりして、難しいんじゃないかと思われそうですが、実はとても簡単です。型紙も全く必要なし!! 生地の無駄な部分がほとんどでません!! すべて四角の裁断でOKです。縫う部分も全て直線です。しつけもいらないし、慣れればまち針も使わなくてもいいくらいなのです。これだけ簡単につくるには、ほんの少しの下準備を怠らないことです。生地を裁断する時はしっかり寸法を測ること、工程ごとにアイロンを使い生地を整えること、縫い代の幅を一定に保ちミシンを走らせる、でしょうか。あとは、プリントの柄に方向性があるので、上下の方向を間違えないように組み立ててください。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
普通に持っていただいてもいいのですが、お着物にも合いますね。レトロな古着と合わせて個性的にも、ナチュラルな生成りのお洋服に合わせてガーリーにもなります。

KF:かなやさん、どうもありがとうございました!こけし柄のふんわりバンブーバッグの作り方プロセスもかなやさんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。おそろいの巾着はこちらです。

こけし柄のふんわりバンブーバッグの作り方

1.
40_1
表の生地を裁断します。

2.
40_2
トーションレースも同じ幅で用意します。

3.
40_3
チェック生地の端から0.5cmはいったところにトーションレースをおいてきわを縫う。

4.
40_4
3のチェックとこけし生地を中表に合わせ、3.で縫ったステッチのさらに内側を縫う(こうするとレースの出る幅が最大で均一になり見栄えがいいです)

5.
40_5
両端ともレースを挟み込んで縫い合わせ、アイロンで縫い代を倒してアイロンで押さえて整える。こけしの向きを間違えないで下さいね。

6.
40_6
5の生地(裏)に、芯を貼る。3cmくらい短くしておくと、持ち手を付けるとき厚みが軽減されます。

7.
40_7
40_7a
裏地を裁断する。 ポケットは横にとる。ポケット生地にのみ芯を貼り、ポケット口がわになるように2つ折りし、まわりを折り込んで裏地につける。位置は、上の端部分から8cmさがったところにポケット口がくるようにする。

8.
40_8
表生地に裏生地をおいてみたところ。(裏生地の方が短くなっていますがご心配なく。)

9.
40_9
表生地を中表に二つにおり、わの部分(下)から25cmのところまで縫う。上の方は縫わずにあけておく。(あき部分) これを両端同じように縫う。裏生地も同様に両端を縫う。ただし、裏生地は、わの部分(下)から24cmのところまで縫う。(内側の生地を短くしておくと、裏地が中でたぶらずに見た目にも綺麗にできるため)

10.
40_10
8の生地の、わになった部分の方の角を両端とも縦5cm横幅6cmの四角形に切り落とす(ここがまち になります。)裏地も同様に切り落とす。

11.
40_11
切り落とした部分を三角にひろげて両端のまち部分を縫う。裏生地も同様に。ひっくりかえせばこの状態になります。

12.
40_12
9.で縫い残していたあき部分をそれぞれ表生地と裏生地を外表にして縫い代部分を内側に折り込み、きわにステッチをかけて縫い合わせる。

13.
40_13
表地の上の端部分を3cm×3cmの3つ折りにして折り目をアイロンでしっかりとつけておく。(ちょうど短くしておいた裏地の端が隠れるようになっていると思います)

14.
40_14
13でアイロンを当てた部分にバンブーの持ち手のまっすぐな部分をくるむように差し込み、開いた部分をミシンで閉じていく。バンブーの幅より生地の方が遥かに長いので、少しずつ縫ってはギャザーを寄せるようにミシンの向こう側に縫った部分を寄せていきながら最後まで閉じる。

15.
40_15
持ち手を2つともつけたら、こんなかんじになります。

16.
40_16

40_16a
バッグ両端のあき部分の根元の補強の為と飾りを兼ねて、モチーフレースとボタンで留め付けると、できあがり。

裁ち方図と作り方はこちら
button_tt

コッカファブリックでは、引き続きこちらのCraft&Sewingのコーナーで作品を作ってくださる手作り作家さんを募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。


すし&こけし

日本の伝統的なモチーフをポップに表現

日本の伝統的なモチーフをポップに表現するシリーズです。日本の「カワイイ」を日本らしいモチーフで表現しています。小さめの柄なので、ポーチなどの小物づくりにぴったり。カバンから覗いた時にちょっとくすっと笑えるようなアイテムになるとうれしいです。日本の代表的なモチーフなので、手作りしたものを海外のお友達や知り合いにプレゼントするのも素敵ですね。

POP SUSHI P26300-300 オックス
300_1

  • 300_2
  • 300_3
  • 300_4

海外の方に「日本といえば?」と訊けば「SUSHI!」と返ってくるほど、日本の代表的な料理です。まさかのプリント生地で登場! お寿司のネタって色鮮やかで綺麗、それをポップなイラストで表現しました。

続きを読む


Inspiration file 38
あったかニットが恋しい季節

in_38

寒さはいよいよ本番。北のほうでは、連日の豪雪。東京も最低気温がもう少しでマイナスに・・・。こんな日は、ぬくぬくとお部屋でゆっくり、ソーイングにいそしみたくなります。

さて、今回のご紹介するのは、mimiwnさんが作る手作り人形una-naちゃん。寒い季節到来、ということで、una-naちゃんもニットのあったかそうな上着を着ています。

una-naちゃんは、布の端ぎれや、着られなくなったお洋服などで作っているので、一点もの。世界にひとつのお人形です。Inspirationコーナーでもご紹介したことのあるので、この顔に見覚えのある方もいらっしゃるかもしれません。

こちらのuna-naちゃん、作者のmimiwnさんによりますと、イメージは”クロカンブッシュ”。クロカンブッシュは、小型のシュークリームにカラメルをからめて、円すい形に積み上げたケーキ。ウエディングケーキとしても人気です。このuna-naちゃんの帽子がまさしく、クロカンブッシュのよう・・・ということなのですね。

「帽子とポンチョを脱ぐと…。元気なbonbonカラーのボディがチョットしたサプライズ。おっとりさんから元気イッパイのuna-naに変身します」(mimiwnさん)
元気いっぱいのカラフルボディは、mimiwnさんのブログにアップされていますので、ぜひ、探してみてください。

こんなふうに布の手作りに加えて、ちょこっとニットをプラスできたら、すごく作品の幅が広がりますね。人形の洋服はもちろんですが、バッグでも巾着でも、ちょこっとニットで編んだところはあると、ほっと心がなごみます。

冬の手作り、普段の布にちょっとニットを加えてみてはいかがですか?

mimiwnさんのサイトはこちら。http://yaplog.jp/una-na/


杢裏⽑のサルエルパンツ

サイズ:⾝⻑90〜110cm ⽤

伸縮性のある厚手の杢ニットを使ったサルエルパンツです。サルエルパンツは、もともとはイスラム文化圏の民族衣装。股下が深く、ゆったりしたシルエットが特徴です。作ってくれたのは、斉藤真澄さん。写真のモデルは、斉藤さんの2番目の娘さんです。

デザイン・製作:⻫藤真澄(sinafuku*)


使用した布(前後パンツ):P25400-401(A)


材料:
□⽣地(前後パンツ):60cm×100cm
(ウエストリブ、裾リブ):90cm×10cm
□ゴムテープ:幅1cm×1m

cs39_photo

杢裏⽑のサルエルパンツについて、⻫藤さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
男の子でも女の子でも使える柄なので、あえてスカートではなく男女ともに使えるパンツにしてみました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
制作過程がなるべく少なく、簡単にできるようなデザインにしました。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
適度な伸び率なので、ニット初心者の方でも扱いやすいと思います。ニット針とニット糸を使うようにしてください。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
とっても簡単にできるので、お部屋着用や幼稚園のお着替え用など沢山作ってみて欲しいです。

KF:⻫藤さん、どうもありがとうございました!杢裏⽑のサルエルパンツの作り方プロセスも⻫藤さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

杢裏⽑のサルエルパンツの作り方

1.
1
裁断する。本体は作り方シートの型紙を指定どおり拡大して使う。

2.
2
両脇と股下を縫う。縫い代はロックミシンorジグザグ処理する。

3.
456
ウエストリブを中表で半分に折り、ゴム通し口1cm残して縫う。裾リブも中表で半分に折り、同じくゴム通し口1cm残して縫う。

4.
78910
ゴム通し口が内側にくる向きで、パンツ本体とリブを中表で合わせて縫う。

5.
11
ウエスト部分の縫い代を本体側に倒し、表側からたたきミシンをかける。

6.
12
ウエスト部分、裾部分にゴムを通して完成!

裁ち方図と作り方はこちら
button_tt

コッカファブリックでは、引き続きこちらのCraft&Sewingのコーナーで作品を作ってくださる手作り作家さんを募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。


杢裏毛ニット

子どものパーカーやサルエルパンツにぴったり

ちょっと厚手の杢ニットなので、伸縮性もあり、子供のパーカーやサルエルパンツなどに最適です。色目も杢の上に単色のプリントをしているので、派手すぎず着やすい配色です。星柄とポップ柄は色めもそろえて、2柄を合わせやすくしているので、服本体をポップ柄でポケットを星柄で、など、組み合わせて使ってもらってもいいですね。お子さんのデニムスカートの下のレギンスなども可愛いと思います。

P25400 400 杢裏毛ニット
400_1

  • 400_2
  • 400_3
  • 400_4

単色で手描き風の星柄は組み合わせしやすいので、寒い季節には、デニムや起毛素材などの冬素材と合わせて帽子やマフラーなどのあったかグッズを作ってみるといいですね。

続きを読む