月別アーカイブ: 2014年8月

Inspiration file63
おしゃれで乙女な布選び&布合わせ

ソーイングの楽しみのひとつ、というか、これに尽きる!ともいえるのが、布選びと布合わせ。ソーイング・ラバーさんたちのブログをのぞいてみると、そんな楽しみがあちこちに綴られています。人気ブロガーのkana2(かなかな)こと中山佳苗さんもそのひとり。布合わせを楽しみながらキュートで物語のある布小物を作っています。

たとえば、フレンチテイストのモノクロームのプリント。「主役」として抜擢したあとにも、布の一部分を切りとってラベルのように使っています。見てください! こんなに可愛いピンクッションに!
in63_1

「この布はカットクロス2枚しか買えなかったので、この部分も少ししかありません。同じものをたくさん作るのはもったいないので別の物をと思い、できあがったのが革の持ち手つき小物入れです」(中山さん)
in63_2
布合わせと雰囲気は「フランス製の香水瓶」をイメージ。
「フランス製」、「香水瓶」……。
言葉にしてみると、おしゃれなビジュアルがふわりと広がって、素敵な淑女の物語が始まりそうです。

生地にひそかに名前をつけちゃうのも、中山さん流の楽しみ方。
in62_4
「このチョコレート柄の布、私が勝手に「ゴディバ」と呼んでいます。この布でいろいろなものを作ってきましたが、残りわずかになって……。それでも何かに使えるかも? と大切に引き出しの隅に突っ込んでいたのですが、ぷちぷちサイズの巾着なら作れました」(中山さん)
Kissチョコレートをイメージして、英字のピラピラタグをプラス。包み紙もコーデしたら、さらに「チョコレート感」アップです。
in63_5

「年齢を重ねてくると、服はなかなか派手なものが着にくくなりますが、小物なら明るくてポップなものでも持てます。キュートな小物を持つと、潜んでいた乙女心もキュンキュンしてきますしね」(中山さん)

まさにその通り。
中山さんが綴る布選びや布合わせのお話には、眠っている「乙女心」を揺り起こす、素敵な魔法もちりばめられていますよ。

kana2さんのブログはこちら http://blog.goo.ne.jp/hanaday
写真を中心としたダイジェスト版はこちら http://hanaday.exblog.jp


パンプスポーチ

サイズ:幅8cm ⻑さ20.5cm 

なんともおしゃれなパンプス形のファスナーつきポーチが登場です! 11号帆布はしっかりした生地のわりには家庭用ミシンでも縫いやすく、小物作りには最適♩ 
作ってくれたのは、センスのいいアイデア小物が人気のハンドメイド作家の田巻由衣さんです。

デザイン・製作:田巻由衣


使用した布:P30100-100 (A)


材料:
□⽣地:(前⾯表布・後ろ⾯)25cm×30cm
(裏布)15cm×30cm
(つま先表布)15cm×10cm
□コイルファスナー:⻑さ16cm 以上を1本
□好みのリボン

cs71_20140730yui

パンプスポーチについて、田巻さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
くっきりしたモダンな雰囲気の生地でしたので、クールなパンプスをイメージして作りました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
色数が多く作品に入るように、カットする位置を選びました。袋縫いにすることで布端の処理をはぶきましたので、短時間で制作できます。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
カーブが多いためゆっくり丁寧に縫います。左右対称ではないデザインですので、左右・表裏を間違えないように気をつけてください。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
ペタンコなのでバッグの中で邪魔にならず、数本のペンなど入れておくのにぴったりだと思います。

KF:田巻さん、どうもありがとうございました!パンプスポーチの作り方プロセスも田巻さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

続きを読む


Joielinne2(ジョワリーヌ)Autumn

洋服から小物作りまでOK!

「家族みんなで楽しめる」がコンセプトのJoielinne(ジョワリーヌ)シリーズは、このコーナーではすっかりおなじみですね。7月にアップしたコラムではガーゼ生地を紹介しましたが、今回はこれからの季節にぜひ使ってほしいネル起毛、シャツやスカートにぴったりのシャツコール、そしてバッグや小物作りに人気の11号帆布など、バラエティ豊かなラインナップでお届けします!

フクロウ P29800-800 ネル起毛
kokka-fabric.com P29800_800_1kokka-fabric.com P29800_800_2

肌寒くなる秋に優しく包んでくれそうな、肌ざわりのいいネル起毛です。裏にキルト芯を挟み込んだら、ベストも可愛く仕上がります。ハーフパンツやキュロットも可愛いですね。秋の森をイメージしたキノコや木の実、可愛いフクロウと秋のお出かけに。もちろん、パジャマや枕カバー、クッションカバーなど、おうちグッズにもぴったりのあったか素材ですよ。

続きを読む


Inspiration file62
布の作り手に出会う楽しみ 布博

ここ数年、ハンドメイド雑貨を販売するイベントが盛り上がっていますよね。
そのなかでも、「布」にフォーカスしたユニークなイベント、「布博」(ぬのはく)をご存知ですか? クリエイターやテキスタイルデザイナーたちが、自らブースに立って販売するという、布好きさんにはたまらないイベントなのです。

8月22日から3日間。東京・町田市で布博が始まりました。今回はその様子をお話しします。
in62_1

会場の入り口を入ってすぐ、鮮やかなイエローの布が目に飛び込んできました。
これは! 本サイトで4月にご紹介したJUBILEEです。ブースに立っているのはデザイナーのシミズダニヤスノブさんご本人ではありませんか! わぁ〜感激!

in62_2
JUBILEEは「プリントデザインからはじまるモノづくり」をコンセプトとしたブランド。会場に並んでいた布は、シミズダニさん自らが染工場で染料を作り、手捺染(てなっせん)と呼ばれる手法で染めているもの。

会場では、シミズダニさんが染工場で染めている作業風景のムービーも上映されていました。
in62_3

ヘラを使いながら大きな型枠に1色ずつ手作業で布地に染料を刷りつけていくシミズダニさん。染料が飛び散ったTシャツ姿で汗だくになりながら、よどみなく刷り上げていく姿は、デザイナーというよりは、まるで職人さんのよう。映像を見終わった後に、もう一度その布に触れたくなって、再びブースへ…。制作の背景が見えてくると、不思議なものでいっそう愛着がわいてきます。

シミズダニさんが染め上げた布は、バッグやストールなどさまざまなプロダクトに姿を変えて、使い手のもとに旅立とうとしています!
in62_6in62_5JPGin62_4in62_6b

布博の出展者数は約40組。入り口には、こんなおしゃれな立体案内マップがありました。それぞれのカップの横には出展者のブランド名が、そしてそれぞれの布がアイス(?)になっているという、何とも心にくい演出。
in62_7

テキスタイルブランドは全部で11組。とりわけ目を引いたのがトモタケさんのブースです。印象的な動物クッションに吸い寄せられてしまいました(笑)。
in62_8in62_9

トモタケさんは、主に泥染めという手法で布づくりをしているそうなのですが、今回の展示会では、泥染めアイテムはもちろん、泥染めの図案を元にデザインを手がけているプリント生地も並んでいました。
こちらは、泥染めの図案を元にデザインを手がけているプリント生地、「MUDDY WORKS」の第三弾の新柄。一般の店頭販売に先駆けて「布博」で発表。
in62_10

ひっきりなしにお客様が訪れ、布のカットに大忙しのデザイナーの朝武雅裕さん。
in62_11

泥染めの布地に刺繍を施したコースター。
in62_12

メイン会場のほかに、別フロアで「ブローチ博」というイベントもやっていました。写真はそこで見つけたとっても可愛いブローチ。「conomi」というブランドで、作家は、このみえりさん。フランス留学時代にステイ先のおばあちゃんから教わった「かぎ針編み」の手法で一点一点、手作りしています。ブローチと一体になったイラストレーションの台紙にも心奪われました…! このイラストレーションは、押し花作家でもある森野美紗子さんが描いているそう。
in62_13

布博は、8月23日(土曜日)、24日(日曜日)も開催されています。今週末の楽しみに足を運んでみませんか? 好みの布との一期一会の出会いがあるかもしれないし、作家さん自らがデザインしたバッグや洋服からは、「あ、この布はこんなふうに使うと素敵♩」なんて、日々の手作りのヒントが見つかるかもしれませんよ。


ひつじくっしょん

サイズ(⾜、しっぽを除く):縦32cm 横56cm

もこもこした羊さんのシルエットのようなひつじ形のクッションです。作ってくれたのは、「いちにのさん」というブランドでお洋服づくりをしている新倉弘美さん。色違いでいくつか作れば、インテリアの可愛らしいアクセントになりますよ。

デザイン・製作:新倉弘美(いちにのさん)


使用した布:P29400-400 (A)


材料(赤いひつじ):
□⽣地:(ボディ)65cm×80cm
(顔)40cm×30cm
(⾜・しっぽ)40cm×20cm
□ボタン:直径1.5cm を2個
□25 番刺しゅう⽷
□わた

kokka-fabric.com cs70_hitsuji_cushion

ひつじくっしょんについて、新倉さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
起毛がかっていて肌触りの優しく、柄も優しく、ほんわかあたたかい印象。配色も良い。肌触りと柄を生かして、思わずギュッとしたくなる、面白い形のクッションを作りました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
ぬいぐるみとクッションの間で、かわいすぎず・・・。寒い季節、暗くなりがちなお部屋もひつじクッションでお部屋が明るくあたたかい印象になりますよ。お昼寝用の枕にも。。眠れないとは羊が1匹羊が2匹~~~と唱えるのもいいかも・・・。よく眠れるかも。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
全体がカーブなので縫いしろの切り込みや縫いしろを倒してから、ひっくり返すと仕上がりきれいになります。顔の型紙は厚紙で作ると、縫いしろを折るときに役に立ちます。前面を作った後に後ろ面を裁断すると、ずれなくて縫いやすいです。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
ソファやベットなどのリラックススペースに。大きすぎないので、車の中やオフィスの椅子の背もたれなどのクッションにもつかえますよ。

KF:新倉さん、どうもありがとうございました!ひつじくっしょんの作り方プロセスも新倉さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

続きを読む