月別アーカイブ: 2016年4月

2016 日本ホビーショーに出展しています!

4/28(木)、4/29(金・祝)、4/30(土) 10:00〜18:00(最終日は17:00終了)
東京ビッグサイト 東1.2.3.4ホール ブースNo.220

2016年もコッカは日本ホビーショーに出展します。
出展ゾーンはファブリック&ソーイングWORLD、ブースナンバーは220。15周年を迎えた伊藤尚美さんのnaniIROをご紹介しています。
日本ホビーショーhttp://www.hobby.or.jp/hobbyshow/2016/lineup/world/
2016_hobbyshow_kokka_booth12016_hobbyshow_kokka_booth2


ふわほわギャザーバッグ

サイズ:縦24cm 横24cm

ふんわりとしたダブルガーゼのやさしい感じを生かしたギャザーバッグです。布はnaniIROシリーズの「Fuwari fuwari」。「ダブルガーゼ生地の柔らかな特徴を生かして、ドミット芯と合わせてギャザー寄せ、生地の柔らかな特徴と柄の素敵さがより伝わるように作品作りをしました。小さめのバッグですが、文庫本が入るサイズなので、お財布やハンカチを入れて、お散歩やちょっとしたお出かけにもお勧めです」(作者・rocco*さん)

デザイン・製作:rocco*


使用した布: naniIRO Fuwari fuwari JG10410 (A) ひかりの園


材料:
□生地:80cm×80cm
□薄手接着芯:80cm×50cm
□薄手ドミット芯:60cm×50cm
□ボタン:直径1.3cmを2個

cs155_fuwahowa_bag_1cs155_fuwahowa_bag_2

ふわほわギャザーバッグについて、rocco*さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
今回使用した、伊藤尚美さんがデザインする「naniIRO」、「Fuwari fuwari*ひかりの園」の生地は、色のグラデーションと模様が本当に素敵なので、きっと立体的になるともっと素敵になると思い、普通はあまりダブルガーゼの生地には向かないと思われる、バッグをどうしても作ってみたくなりました。実際に作品作りをしてみると、ダブルガーゼ生地ですが他のダブルガーゼ生地よりも、とてもしっかりしていて、ゆがみづらく、大変縫いやく作品作りが思っていた以上にとても楽に進みました。またダブルガーゼ生地の柔らかな特徴を生かして、ドミット芯と合わせてギャザー寄せ、生地の柔らかな特徴と柄の素敵さがより伝わるように作品作りをしました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
生地の色のグラデーションと模様を生かし、また柔らかなダブルガーゼ生地の特徴を生かすように作品をしました。生地の模様・グラデーションは、その濃淡を生かすように生地の配置を工夫しました。またダブルガーゼ生地の柔らかな特徴を生かして、ドミット芯と合わせてギャザーを寄せたことで、より柔らかな雰囲気を出すことができ、またダブルガーゼ生地で不安な強度も高めるように工夫しました。
また、デザインは他にないもので、今年で15年を迎える「naniIRO」シリーズの記念すべきお祝いの年と伺ったので、落ち着いた中にも華やかな印象のデザインに仕上げました。でも一見すると作るときに難しそうなデザインですが、バッグ口はバイアスでくるんであるように見えますが裏地と一体化で、持ち手も表に返してからの後付け、またバッグ口のステッチも省略して、できるだけ失敗が少ない作り方に工夫しました。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
生地の水通しと地直しを行うとゆがみづらく、また縫う際のミシン針は「ニット用針」を使うと生地を傷めることなく作ることができます。作品の特徴の生地とドミット芯と合わせてギャザーを寄せる際は、あまり均等にギャザーを寄せるよりも少しムラがあった方が、生地の色柄のグラデーションの表情の出方も豊かになるのでお勧めです。

KF:実際に使うときにコーディネートアドバイスをお願いします!
これからの季節の白系のお洋服と合わせると素敵かなと思っています。また小さめのバッグですが、文庫本が入るサイズなので、小さめのお財布やハンカチを入れて、お散歩やちょっとしたお出かけにもお勧めです。
cs155_fuwahowa_bag_3

KF:rocco*さん、どうもありがとうございました! ふわほわギャザーバッグの作り方プロセスもrocco*さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

続きを読む


naniIRO textile 2016 vol.4

愛され続けてきた定番、Basic

naniIROスペシャル第4弾です。今週はnaniIRO textileが始まってからずっと作り続けてきたBasicの6柄をご紹介します。

POCHO(ポチョ) JG10380 ダブルガーゼ(綿100%) JG10381 わたガーゼ(綿100%)
kokka-fabric.com naniIRO_JG10380_1kokka-fabric.com naniIRO_JG10380_2

15年間愛され続けているPOCHOからおいしそうな色、
使いやすいニュアンス色、
ふっくらうれしいわたガーゼもうまれました。

続きを読む


ロープハンドルのトートバッグ

サイズ:縦30cm 横(入れ口)40cm まち10cm

手書きで描かれた大小の格子柄を活かした大きめのトートバッグです。布はnaniIROシリーズの「Bed-Grass・・・Cozy」。「小さい格子は口辺に、大きな格子はポケットのラインに。ハトメを多めに使って、結び目も見せるデザインのロープハンドルにしました」(作者・杉野さん)。さわやかなブルーはこれからの季節にぴったり。内布は紺色と白の帆布。リバーシブルバッグとしても楽しめますよ。

デザイン・製作:杉野未央子


使用した布: naniIRO Bed Grass・・・Cozy JG10321 (A) 真玉(matama)


材料:
□生地(表布):110cm幅×50cm
   (裏布a(帆布)):90cm×50cm
   (裏布b(帆布)):30cm×50cm
□接着芯:80cm×10cm
□ロープ:直径0.8cmを1.4m
□ハトメ:内径1cmを8組
□ボタン:直径1.5cmを2個

cs154_totobag1
ロープハンドルのトートバッグについて、杉野さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
線画風のシンプルでスタイリッシュな大小の格子柄が美しかったので、全面で活かせるように大きな作品にしました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
小さい格子が生地の両側にあるので口辺に使い、大きな格子はポケットのラインになりました。
極力切らず、折りたたむ形でポケットにしたのもポイントです。
ハトメを多めに使って、結び目も見せるデザインのロープハンドルにしました。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
ハトメをつけるのは、難しそうに思われるかもしれません。私自身、以前はハードルが高かったです。
でも、一度やってみるとバッグの雰囲気が一気に変わるので、楽しいと思います。
穴を開ける位置を間違わないように、しっかり測って印をつけてくださいね。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
シンプルなワンピースや、白シャツにデニム、といったクール目のファッションに合わせたら
大人っぽくてカッコ良いと思います。
リバーシブルでも使えるデザインなので、内側は全然違うタイプの色柄を選ぶと
また違った雰囲気を楽しんでいただけます。

KF:杉野さん、どうもありがとうございました!ロープハンドルのトートバッグの作り方プロセスも杉野さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

続きを読む


naniIRO textile 2016 vol.3

日本の色や生地の素朴な美しさを思い描きながら

naniIROスペシャル第3弾です。今週は、ori-some(織り・染め)、Bed-Grass—— Cozy(ベッドグラス コジー)、Beautiful life(ビューティフルライフ)の3柄をご紹介します。

ori-some JG-10330 ダブルガーゼ(綿100%) JG-10331 リネン厚番手(麻:リネン100%)
naniIRO_ori-some_JG10330_331_1naniIRO_ori-some_JG10331_2

織る。染めるそんな昔からずっと続いている日本の色や生地の素朴な美しさを
思い描きながら、ガーゼや麻にのせた時の気持ちよさを想像して一色づつ、
色を見つけて刷りかさねていきました。
ベースにもうっすらと水彩を描いたぼかしが入っています

続きを読む