月別アーカイブ: 2016年4月

Inspiration file110
kokkaファブリックマルシェ by パンドラハウス

先週末(4/9、4/10)、4月のイベント情報でもご案内した「ファブリックマルシェ」が、パンドラハウスさんで開催されました。コッカで人気のアーティストファブリックが一堂に会したイベントの様子をご報告します!

イベント会場は、巨大なショッピングモールとして話題のイオンモール幕張新都心。イベントが開催された休日は家族連れで大にぎわいです。そのメインモールとも言えるグランドモール2階、パンドラハウスさんのお店前に週末限定の「ファブリックマルシェ」が立ち上がりました。
in110_1_2

マルシェ会場は、まるでコッカの展示会ブースのよう。イベント前日の設営チームの努力も実り、素敵にディスプレイされました。
in110_3

こちらは、今年15周年を迎える伊藤尚美さんのnaniIROシリーズのコーナー。タペストリーのように壁一面に飾られているのがnaniIROの新柄です。1枚の布は一幅の絵画のよう。布いっぱいに広がる伊藤尚美さんの世界、その叙情的な美しさに心がときめきます。
in110_4

壁の反対側には、反物がズラリ。配色のバリエーションもそろい踏みです。
in110_5
お店の棚はスペースに限りがあるので、なかなかすべての布を並べておけないのが実情。こんなふうに全柄全配色を見比べながら選べるのもイベントならでは、ですよね!

縫製済みのクロスもありました。
in110_6

コッカファブリックのサイトでご紹介した洋服のサンプルも発見。サイトでご紹介したものと同じデザインですが柄取りが違いました。同じ柄でもこんなふうに柄取りの違いで印象が変わるのも、大柄布ならではの醍醐味です。
in110_7

そして。みんな大好き! echinoのコーナーです!
インテリアファブリックとしてファンも多いechino。コッカの展示会でも今まで数々のインテリアシーンを提案してきましたが、今回のイベントもソファカバーやクッションとしてお目見えです。壁に掛かっているマスタード色の柄が「den」。2016年1〜3月で販売ランキング1位を独走中の人気柄です。
in110_8

echinoの定番、綿麻キャンバス地はバッグ作りに最適。
さまざまなバッグのサンプルに足をとめてチェックされるお客様も多かったです。
in110_9

こちらは、第3回コッカプリントテキスタイル大賞を受賞した紙野夏紀さんの「Törten」第2弾。
in110_10

ドーンと壁にかかっているのは、KOMOREBI。木漏れ日のなかに鳥のさえずりが聴こえてくるようなとても爽やかな布です。その上に絵画のように飾られているのがCINEMA。様々な旅の記憶と重なって、ああ、なんか旅したくなっちゃいます。こんなふうにファブリックパネルにしてお部屋に飾ったら、いつもの空間もぐーんとおしゃれになりそうな予感……。

「Törten」で作ったバッグやポーチのサンプルも。壁にかかっているのは、WATASHI NO NIWA。10羽の鳥と裏庭にごろごろと広がる野菜を描いた柄だそう。
in110_11

そして、そして。
イベントの目玉、人気ブロガー&ハンドメイド作家の猪俣友紀さんのワークショップ!
echinoの布で作る「くったりショルダー」に使ったのは、10th Anniversary / 2015 echino fabric collectionのなかから「zon」。
ワークショップでは、すでにカット済みの布をミシンで縫っていくので、スムーズに仕上げることができました。事前にたくさんの布をカットしてくださった猪俣さん、ありがとうございます!
in110_12in110_13

ミシンはほぼ初めて……という男性のお客様も参加してくださいました。
in110_14in110_15

ワークショップでは、時間内に完成できるように、簡単で美しく仕上がる工夫が随所にちりばめられていました。切り落とさなくていいマチの作り方、縫い代にはさみで合印を入れる方法……などなど。やっぱり猪俣さんってすごい! とっても勉強になりました。

おかげで素敵なショルダーバッグが無事完成。
A4サイズの書類もバッチリ入るので、使い勝手抜群です!
in110_16

コッカの布で作るワークショップ、今後もたくさんできたらいいな〜。
パンドラハウスさん、猪俣さん、本当にありがとうございました!
またの機会を楽しみにしています!


file010
Sas and Yoshさん(アーティスト/イラストレーター)

にぎやかな柄を生みだすパワフルデュオ

2016年3月のtextile storyのコーナーでご紹介したSas and Yosh Textile(サス アンド ヨシュ テキスタイル)。こちらのテキスタイルを手がけたのが、イギリス在住のアーティスト/イラストレーター、Sarah BellisarioさんとYoshie Allanさんのコラボレーションデュオです。
Sas and Yoshは、2014年から活動をスタート。現在、ファッションテキスタイルからインテリア雑貨、ステーショナリー、ウォールペーパーにいたるまで、毎日をカラフルに楽しくするアイテムを続々と発表しています。テキスタイル同様、エネルギッシュなお二人に、布ができるまでのプロダクトストーリーや日々の暮らしについてお話を伺いました。
SaY-photo-1-m

Kokka-fabric.com (コッカファブリックドットコム 以下、KF)お二人はご近所さんだったそうですが、どんなふうに出会ったのですか?

2011年にYoshが日本から、イギリス人の夫と長男と London に近いこの Hitchin の街に移住してきて、その後長女も誕生してからこちらを拠点にイラストレーター/アーティスト活動を本格的に再開したんです。Yoshの長男が小学校に通い始めてしばらくした頃、友人が彼女の子どもの通う小学校にもイラストレーターのママ (Sas) がいるから会ってみたら! と。二人はもちろん、紹介してくれた友人も、まさかそのすぐ後にSas and Yoshが生まれるとは想像もしていませんでした!

続きを読む


チュニックワンピース

サイズ:丈76.5cm(身長140cm用)

naniIRO textile 2016の新柄、KOMOREBI///(こもれび)のダブルガーゼで作ったチュニックワンピースです。選んだ色は淡いトーンの「カームジョイ」。身にまとっているだけでやさしい気持ちになれそうですね。作ってくれたのは米倉由賀さん。着心地が良くて、日常に寄り添う洋服を仕立てているFRANCESCA AMAM LABELのデザイナーです。

デザイン・製作:米倉由賀(FRANCESCA AMAM LABEL)


使用した布: naniIRO KOMOREBI/// JG10350 (D) カームジョイ


材料:
□生地:106cm幅×2m
□ゴムテープ:幅1.2cmを50cm

cs153_tunicOP_2cs153_tunicOP_1

チュニックワンピースについて、米倉さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
naniIROさんのWガーゼを使用したのは久々でした。
相変わらず美しく手に取るだけで幸せな気分になりました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
当初思っていたデザインではなく、着物柄みたいだなと感じたので
きものスリーブに似せた袖に変更し、やわらかい印象になるようにしました。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
Wガーゼですので、ヨリや摩擦で操作しにくい部分があります。
ですので、ピン打ちをして丁寧に縫ってあげるといいと思います。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
モデルは、145cmで型紙は140サイズです。
着用写真のように、サラリと一枚着てあげてショートパンツ合わせると
とても印象的なスタイルになると思います。
サンダルにアクセントを持ってきて、生地の色にあるような
ゴールドや朱色で合わせても素敵だと思います。

KF:米倉さん、どうもありがとうございました!チュニックワンピースの作り方プロセスも米倉さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

続きを読む


【RANKING】3月の販売ランキング

1位はechino2016コレクションの「den」。なんと3か月連続で1位を独走中です。キツネの丸い巣穴がモチーフの綿麻キャンバス地、チラチラとシルバーのカケラが降り注ぐ幻想的な柄です。
2位はnaniIRO textile 2016より「KOMOREBI///」がランクイン。素材はダブルガーゼ、色名はシェードダイス。3位もnaniIRO。こちらは「Lei nani(レイナニ)」。ダブルガーゼで色名はIZUMI(イズミ)です。

販売ランキングは、コッカファブリックを扱ってくださる全国のショップ様からの受注数に基づいています。


naniIRO textile 2016 vol.2

静かな幸せを伝える一枚、どこを切り取っても抽象絵画のような存在感

先週に引き続き、naniIRO スペシャル第2弾です。今週は、KOMOREBI///(こもれび)と、Five senses(ファイブセンス)の2柄をご紹介します。

KOMOREBI /// JG10350 ダブルガーゼ(綿100%)
kokka-fabric.com JG10350_1kokka-fabric.com JG10350_2kokka-fabric.com JG10350_3kokka-fabric.com JG10350_4

こもれびは虹色の風のよう、或いは薫りをのせた空気。懐かしいあの日を
思い出す心地よさをうんでいく。光がおどり、花々が嬉しそうに歌いだす。
そんな穏やかでどこか静かな幸せを伝える一枚です

続きを読む