月別アーカイブ: 2016年6月

Inspiration file114
コッカ2016 6月展示会レポート 3

コッカ6月展示会、新柄レポート第3弾です!

今週のトップバッターは、コッカファブリックでおなじみのエレン・ベイカーさん。
新柄の「parallels」(パラレルズ)は、なんともキュートなアニマルがおめみえ。パンダやゾウなど、雑貨でも人気のモチーフが幾何学模様のなかに顔を出していますよ。
in114_1

そしてこちらは、「Fille de charm」(フィルドチャーム)。鮮やかな色合いの花柄です。トルソーやハンガーに着せたお洋服は、ふんわり&しっかりな質感が嬉しいダブルガーゼの両面起毛。総柄なので、柄取りに迷うことなく、ホームソーイングが楽しめそう。
in114_2

同じ花柄でもこちらはシックな雰囲気。「Lune et Flur」(ルネフルール)です。60ローンのトロリとした質感は、ブラウスなどにぴったり。
in114_3

なんとも可愛いいちご柄のスカートは「ベリーコットン」シリーズ。この生地はパッチワーク柄になっているので、1枚でこんなふうにボリューミィな雰囲気に。いちご、ドット、ストライプ……と、女の子が大好きなモチーフがぎゅっとつまっているので、洋服、バッグ、小物などいろんなアイテムを作りたくなりますね!
in114_4

いろんなバッグが勢揃いしたこちらのコーナーは「happy Line」(ハッピーライン)と「yurukia」(ユルキア)。
in114_5

いろんなポーズの猫ちゃんがずらり。よく見ると、キラッとグリッターが入っていますよ〜。
in114_6

さらにロマンチックな柄も発見。「Otome-Ribbon」(オトメリボン)です。ポンポンブレードやリボンと組み合せたら、とびきりキュートに仕上がりそう!
in114_7

ミニトートからリュックまで、ずらりと並んだバッグコーナー。どの柄もしっかりとした綿麻生地です。デイリーバッグにぴったりな大きめの花柄や豆柄は「シンプルノルディック」シリーズ。可愛すぎないグラフィカルなモチーフは、年齢や性別を問わず使えそう。右側の黒地に白い花の柄は、5月の販売ランキングで第1位になった柄です!
in114_8

お気に入りの柄が見つかりましたでしょうか?
新柄レポート第1弾第2弾もぜひご覧ください。

コッカファブリックでご紹介した柄は、全国の生地屋さん、手芸屋さん、オンラインショップさんなどで扱っていただいています。全国のショップリストはこちらですので、ぜひ、お近くのお店を覗いてみてくださいね!


【RANKING】5月の販売ランキング

  • 1位
    シンプルノルディック
    P41600-600(E) p41600_600e
  • 2位
    echino 2016
    JG96400-400(C) jg-96400 400c
  • 3位
    Brooklyn Style
    P41900-900(D) p41900_900d

1位は初登場、シンプルノルディックシリーズです。10番キャンバスなので、トートバッグなどデイリーに使えるアイテムにぴったり。2位はechino2016のなかからwandervogelがランクイン。大胆な構成にグラフィカルなモチーフ、はっきりとしたカラーリングでechinoの魅力も感じられる大柄です。3位はこちらも初おめみえのBrooklyn Style(ブルックリンスタイル)。爽やかなブルーがこれからの季節に大いに活躍しそうですね。

販売ランキングは、コッカファブリックを扱ってくださる全国のショップ様からの受注数に基づいています。


切り替えチュニックトップ

サイズ:M

大人も着られるダブルガーゼ、碧シリーズの「しずく」を使ったチュニックトップです。上身頃と下身頃をハイウエストで切り替え、可愛らしい雰囲気に仕上げました。

デザイン・製作:コッカファブリック


使用した布:
碧 H11300-300 (A)


材料:
□表布:110㎝幅×200cm

c&s

裁ち方図と作り方はこちら
button_tt

コッカファブリックでは、引き続きこちらのCraft&Sewingのコーナーで作品を作ってくださる手作り作家さんを募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。


碧(あお)

大人も着られるダブルガーゼ

インディゴや陶磁器のブルーをイメージしたシリーズです。
ブラシストロークやぼかしなどのテクニックを駆使して、テクスチャーを活かしたパターンに仕上げました。テーマの碧を中心に配色もシンプル。大人でも着られるシックなダブルガーゼです。

しずく H11300-300 ダブルガーゼ
H11300-300_1H11300-300_2

しずくの中に星を入れて、キラキラ輝いている感じを出しました。子ども服ならキュートに、大人服ならシックに。アイテム次第でいろいろな表情になります。

続きを読む


Inspiration file113
コッカ2016 6月展示会レポート 2

先週に引き続き、6月のコッカ展示会で発表された新柄をご紹介します!

まずトップバッターは、われらがechino。
echinoの人気柄がジャカード生地になって登場です!
in113_1
きらりとした光沢がラグジュアリーな気分を盛り上げてくれます。
バッグはもちろん、インテリア小物にしても抜群の存在は、さすがechino。

フィンランドの老舗ブランド、Finlayson(フィンレイソン)の新柄もおめみえ。
1960年代スタイルのカムバック、大きな円とビビッドカラーのコンビネーションは「KIHLA」(キーラ)。ワンピースに仕立てたらインパクト大! 
ハンガーにかかっているトップスは、フィンランドの夏の清々しさを表現した「NIITTYPOLKU」(ニッティポルク)。
おなじみのゾウさん柄「ELEFANTTI」(エレファンティ)は、シグナルカラーの赤・黄・青にブラックの配色で登場。
in113_2

新しいアーティストのシリーズにも心奪われました。
こちらは、フィンランドで活躍中のアーティスト、浦佐和子さんのテキスタイル、「kuiskaus」(クイスカウス)。フィンランド語で「ささやき」を意味する言葉だそう。まさにフィンランドの大自然のささやきが聞こえてきそうですね。
in113_3

そして、こちらは「tayutou」(タユトウ)。ハンドプリントの布作家、fabrica ukaの戸田亜由美さんのテキスタイルです。
in113_4
シルクスクリーンでハンドプリントを作り、そこにステッチや布のコラージュを加えてバッグやポーチ、ブローチなどを作る「fabrica uka」は、布のデザインから製品まですべて戸田さんが手がける一点もののクラフトワーク。
「tayutou」は、その世界観はそのままに、ホームソーイングとして楽しんでいただけるテキスタイルブランドとして誕生しました。自ら小物制作を手がける作家がデザインしたテキスタイルだけあって、使いやすくておしゃれな小柄がそろい踏み。
トーンを合わせた無地も6色展開。プリント柄とのコンビネーションが楽しめるのがうれしいですね。

ガラリと変わって、グラフィカルなこちらは「KESHIKI」(けしき)。テキスタイルデザイナー、吉本悠美さんのブランドです。「風景画を飾るように生活を彩る布」をコンセプトに、空、山、街など日常の風景を模様に落とし込んでいます。ぞんぶんに柄を見せるスカートやコートなど、洋服づくりにおすすめのシリーズです。
in113_5

今回、発表された新柄はまだまだたくさん。
来週は、子ども服にぴったりな可愛い柄も紹介しますので、お楽しみに!