月別アーカイブ: 2016年10月

スクエアワンピース

サイズ:胸回り156cm、着丈83㎝ 

フランスの伝統的な柄を復刻した生地、Classic(クラシック)シリーズを使ったスクエアワンピース。ストンとしたフォルムに大柄のアンティーク風プリントが映えます。ボトムにデニムを合わせてカジュアルに着こなしても素敵ですね。

デザイン・製作:コッカファブリック


使用した布:
 P44100-100(A)


材料:
□表布:110㎝幅×200cm

cs181_squareOP

裁ち方図と作り方はこちら
button_tt

コッカファブリックでは、引き続きこちらのCraft&Sewingのコーナーで作品を作ってくださる手作り作家さんを募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。


Wemake「From Textile Project」ワークショップの報告です!

今年8月末にスタートした「FROM TEXTILE PROJECT」
このプロジェクトは、生地や素材を活用して新しいプロダクトを創っていく、一般参加型企画です。
from_textile_project

そのワークショップが10月6日に開催されました。
今回のテーマは、ズバリ、「日常の課題を”布”で解決する」!

参加者は、意欲にあふれるクリエイター&デザイナー10名。
tsj_ws_1
特別講師としてspoken words projectのデザイナー、飛田正浩さんもお招きしました。
tsj_ws_4

2つのグループに分かれてワークショップがスタート。
白熱した話し合いのなか、斬新なアイデアが次々と飛び出しました。
そのなかから2つをご紹介します!

アイデア1 野外フェスやイベントで使える即席シート
丸巻きにした布にレーダーカッターで切れ目を入れ、ロール状にして必要な分を使えるようにする!

アイデア2 東京マップを転写したタオル
2020年TOKYOオリンピックに合わせて、訪日外国人用に東京マップを転写したタオルを作る!
日本はwifiが普及していないため、マップの需要が多いというニーズから生まれました。

即席シートは、トイレットペーパーのような形状にして、実際に必要分ちぎって使用して実践も。

繊維業界からの視点ではわからないような気づきや、物事に対する考え方の違いを目の当たりにしたワークショップでした。

tsj_ws_2

デジタル工学という未知の分野とテキスタイルのコラボレーション。
さらなる可能性をひしひしと感じながら、次回へと続きます!

「FROM TEXTILE PROJECT」:https://www.wemake.jp/projects/9/


Classic(クラシック)

アンティークな雰囲気の生地が登場!

繊細な線書きで描かれた風景など、フランスの伝統的な柄やスタンプの模様を復刻した生地です。
色目もトーンを落としてよりアンティークな雰囲気に仕上げました。

letter P44100-100 モーリークロス 
kokka-fabric.com P44100-100_1kokka-fabric.com P44100-100_2

スタンプや古い手紙にかかれたアンティークな文字、エッチング調の単色で描かれた柄は、大人の女性に人気です。洋服やバッグなど、身に纏ったり持ち歩けるアイテムにどうぞ。

続きを読む


トラベルトート

サイズ:縦21cm 横(最大)31cm まち10cm

旅先に一緒に持って行きたくなるトラベルトートです。使った布は、旅先で見つけたステッカーをペタペタ貼ったスーツケースのような「I ♥TRAVEL」のSticker柄です。

デザイン・製作:中山佳苗


使用した布:P44200-200 (D)


材料:
□生地(側面表布B・外ポケット表布・内ポケット裏布・まち表布):90cm×40cm
   (側面裏布・まち裏布):90cm×40cm
   (側面表布A):40cm×30cm
   (外ポケット裏布):40cm×20cm
   (内ポケット表布):20cm×20cm
   (持ち手表布):20cm×40cm
   (持ち手裏布):20cm×40cm
□接着キルト芯:90cm×50cm
□接着芯:10cm×5cm
□マグネットホック(差し込みタイプ):直径1.8cmを1組

cs180_travel_tote1

トラベルトートについて、中山さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
世界各国を旅行した人のスーツケースみたい!」と思いました。
四角いトートだとつまらないし、柄が丸いトートのイメージでもないので
間をとってちょっと丸くてちょっと角ばってる「六角形のトート」を作りました。
cs180_travel_tote2

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
柄の中に使われている色の中から「赤と緑」を選んで、持ち手を二色使いにしました。
チラッと見える赤がアクセントになっています。
遊び心も加えたかったので、耳部分を内ポケットに使いました。
自由の女神が並んでいて可愛いです。
cs180_travel_tote3
KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
マチの部分を縫うとき、真ん中の底辺部分を先に縫い、入口の所で本体とマチの端を合わせ、
どこで方向変換するかを決め、マチに切り込みを入れておくと、
1回でピッタリ合わせることができます。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
ジーンズにはバッチリ合うと思います。
マチをたっぷりとっているし、外側のポケットも大きいので
お荷物が多い人でも大丈夫です。

KF:中山さん、どうもありがとうございました!トラベルトートの作り方プロセスも中山さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

続きを読む