月別アーカイブ: 2017年4月

クシュクシュバッグ

サイズ:袋部分縦22cm 横30cm

「織る」「編む」をコンセプトにした「Olü Amu」(オルアム)シリーズから、天竺ニット・オパール加工の生地「水たまり」を使ったバッグです。筒状に縫ったハンドルを持ち手につけて、ふわっとしたやわらかな生地の表情が楽しめるようなデザインに仕立てました。

デザイン・製作:杉野未央子


使用した布: H11060-1B オパールニット


材料:
□生地(表布):70cm×50cm
(裏布・留め布):90cm×50cm

cs203_bag
*作品写真の無断転載はご遠慮ください。

クシュクシュバッグについて、杉野さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
何しろ柔らかくて心地よい布です!この柔らかさが伝わるのはどんな形かしらと
いろいろ考えた結果、自然とギャザーが寄るようなハンドルになりました。
透け感のある模様が綺麗に見えるように、内側に明るい白を入れました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
ギャザーをきれいに寄せるために、筒状に縫った白いリネンをハンドルに通しました。
この筒を上下に移動させることで、雰囲気を少し変えられます。
荷物の量によって移動させても良いですね。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
生地が柔らかいので、ずれないように少し多めにまち針を使うと縫いやすいです。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
ハンドルの筒の部分だけ、インパクトのある色を使ってポイントにしても可愛いです。
カジュアルスタイルに合わせて持っていただくと良いと思います。

KF:杉野さん、どうもありがとうございました!クシュクシュバッグの作り方プロセスも杉野さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

続きを読む


【RANKING】3月の販売ランキング

1位は、2月に引き続き、echinoの新柄、hill。2位と3位は、ネコモチーフの柄が独占!2位はコミカルなモノトーンのMONOECO(モノエコ)、3位は表情豊かでちょっぴりリアルなanimal worldです。

販売ランキングは、コッカファブリックを扱ってくださる全国のショップ様からの受注数に基づいています。


mina chape(ミナ・チャペ)

物語を感じるファンタジックなテキスタイル

イラストレーター・造形作家のmina chapeさんがデザインしたシリーズです。物語が紡ぎ出されてくるような、情緒あふれるテキスタイルは、全部で3種類。ほどよい柄の大きさが、洋服やバッグをはじめ、さまざまなソーイングに使いやすそうです。

LAND WITH ANGELS JGA70010-D/#10B 綿麻キャンバス
JGA70010-D_#10B

18世紀にフランスで生まれたプリント、「トワルドジュイ」をイメージしたテキスタイル。中世の教会の周りに、羊の群れや天使や月などが繊細な線画で描かれたファンタジックな柄です。

続きを読む


ストールつきVネックブラウス

サイズ:後ろ中心の丈55cm

春から夏にかけて活躍しそうなチュニック丈のブラウスです。共布で作るストールもダブルガーゼなので、ふんわり。巻き方次第で雰囲気が変わるので、コーデに合わせていろいろ楽しめます。使った布はTSUMIKIシリーズのFall。ダブルガーゼの表面一枚だけにパンチング加工を施した軽やかな生地です。

デザイン・製作:KaOrico 


使用した布: TSUMIKI PG110-2C ダブルガーゼ


材料:
□生地:108cm幅×2m

202_1
*作品写真の無断転載はご遠慮ください。

ストールつきVネックブラウスについて、KaOricoさんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
印象は涼し気な感じ。ガーゼ素材なので春から夏に着用できるようなデザインにしました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
ストールに合わせて襟をVネックに、どんなアイテムにも合わせられるようシンプルなデザインにしました。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
ガーゼでパンチングしてある素材なのでバイアステープを作るときなどほつれてくることがあるので、手際よくするのがコツです。

KF:おすすめのコーデを教えてください!
ストールの巻き方次第で感じが変わると思います。春はまだ肌寒いのでカーディガンを羽織って、夏はストールなしで、または日差しから肌を守るためにストールを巻いてといろいろと楽しんでいただけそうです。
202_2202_3202_4

KF:KaOricoさん、どうもありがとうございました!ストールつきVネックブラウスの作り方プロセスもKaOricoさんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

続きを読む


テキスタイルデザイナー、島塚絵里さんの個展が開催中です!

PIKKU SAARI(ピックサーリ)を手がけたフィンランド在住のテキスタイルデザイナー、島塚絵里さんが、Mökki(コテージ)をテーマにした個展を開催中です。

eri_shimatsuka

「春になると、フィンランド人の多くがMökkiに思いを馳せます。Mökkiは忙しない日常から切り離された、自然に包まれたシンプルな空間。東京の山手通りに佇むケースギャラリーと美しい山々に囲まれた富山で、自身の手がけるPikku saariの新作、そしてMOOMINとのコラボレーション作品を展示します。ヘルシンキのギャラリー、LOKALからセレクトされた美しいクラフト作品と共にMökkiを演出します。また、各会期中にトークイベント&ワークショップを開催します」(島塚さん)

島塚絵里「Mökki」展
会期/4月1日~16日
会場/ケースギャラリー
東京都渋谷区元代々木町55-6
tel.03-5452-3171
営業時間/11:00~18:00
月曜定休
http://casedepon.tumblr.com/

会期/4月20日~5月7日
会場/チリングスタイル
富山市大手町6-14 富山市民プラザ1F
tel.076-493-4280
営業時間/10:00~19:00
火曜定休
http://www.chillingstyle.jp/