月別アーカイブ: 2017年5月

伊勢丹新宿店でspoken words project のポップアップストアが開催中です!

スタイリッシュなテキスタルブランド、「3min.」を手がけたspoken words project(スポークンワーズプロジェクト)の期間限定ポップアップストアが、5月30日まで伊勢丹・新宿店1階、TOKYO解放区で開催中です。

会場では、3min.の生地、型紙を販売。シリーズ第2弾の「サラダ」をテーマにした爽やかな生地がご覧いただけます。
L1120574a-439x600

そして、「ewohaku(絵を履く)」をテーマに3年目となる<PUMA(プーマ)>とのコラボレーションスニーカーをはじめ、プリントライダースジャケットの先行受注も。

spoken words projectのアートとファッションが堪能できる絶好の機会ですので、ぜひお見逃しなく!

開催情報
2017.5.15 mon – 5.30 tue
伊勢丹新宿店本館2階=センターパーク/TOKYO解放区
http://isetanparknet.com/news_event/170510-spoken-puma.html


【press】naniIROが書籍と雑誌に掲載されました!

伊藤尚美さんが手がけるnaniIROが、『「主婦」を楽しむもの選び 』(ワニブックス)と『ミセスのスタイルブック2017年初夏号』(文化出版局)に掲載されました。

『「主婦」を楽しむもの選び 』では、「かわいい布でベビーグッズを」というコラムで、著者が作ったというおむつブルマとスタイが紹介されています。
P1400442
P1400445
『ミセスのスタイルブック2017年初夏号』では、「プリントラバーズ大集合!」という特集で、Fuccra : rakuenの布を使ったワンピースが紹介されました。

P1400448
P1400451


巾着バッグ

サイズ:縦30cm 横(口側)24cm まち6cm

さわやかな季節の散策にぴったりの巾着バッグです。使った布は、line drawing。白地にシンプルな線画のイラストは可愛くなりすぎず、ほどよいカジュアル感に。共布でループをたくさん作れば、カンなどの金具が手元になくても仕上げることができます。

デザイン・製作:杉野未央子


使用した布: line drawing P45700-701A キャンバス


材料:
□生地(表布a・裏布):110cm幅×40cm
(表布b・ループ・ストッパー):90cm×30cm
□ロープ:直径1cmを2m

cs209_1
*作品写真の無断転載はご遠慮ください。

巾着バッグについて、杉野さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
ペンでキュッキュッと描いたような楽し気な建物のイラストが印象的です。
可愛いけれど甘すぎないデザインを活かして、大人が持てるバッグにしようと思いました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
柄色に合わせたネイビー無地でキリッとした印象に。
これからの季節にぴったりな、ロープハンドルの巾着型バッグに仕上げました。
金具類が手元に無くても作れるように、ループを多用したのがポイントです。

cs209_2cs209_3

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
ロープはすぐによりが取れてきてしまうので、カットしたところをきつくテープで巻いてから
ループに通すと作業しやすいです。
結んだところはボンドなどで固めておくと、ほどけてこなくて安心です。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
お子様ならば、そのままリュックとして背負うことができますし、大人なら、肩に2本ともかけて持ちます。シンプルなカジュアルファッションにピッタリのデザインです。

KF:杉野さん、どうもありがとうございました!巾着バッグの作り方プロセスも杉野さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

続きを読む


ティッシュボックスケース

サイズ:縦15cm 横(口側)37cm (底)24cm まち13cm

ナンバープレートやサインボードなどがランダムに並んだにぎやかなファブリック、Real Printeシリーズで作ったティッシュボックスケースです。ティッシュボックスのほか、CDケースとしても使えるので、散らかりがちなリビングの収納にも役立ちます!

デザイン・製作:中山佳苗


使用した布: (表布)Real Printe P46000-601A キャンバス


材料:
□生地(表布):110cm幅×30cm
(裏布):40cm×60cm
□スナップ:直径1cmを2組

cs208_tissueboxcase_1
*作品写真の無断転載はご遠慮ください。

ティッシュボックスケースについて、中山さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
いま流行りのDIYに活躍しそうなカッコイイプレート等が並んでいて、どの部分をどう使うか考えるのが楽しかったです。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
返し口がなく手縫いの必要もないので短時間で作ることができます。
入口部分の布は4枚重なった状態になっているので、芯を挟んでいなくてもきれいな形を保てます。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
ティッシュボックスケースではあるのですが、スナップを外せば小物入れにもなるようにしました。
cs208_tissueboxcase_2
CDの収納にも使えます。
cs208_tissueboxcase_3

KF:中山さん、どうもありがとうございました!ティッシュボックスケースの作り方プロセスも中山さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

続きを読む


2wayバケットバッグ

サイズ:縦27cm 底の直径18cm

お財布や携帯など外出時の必需品がきちんと入る、小ぶりサイズのバケツ型バッグです。主役の布は、ビビッドな蛍光色が目にまぶしい「african color」シリーズ。本体は厚手の6号帆布でシンプル&本格的に。スナップボタンを留める位置で持ち手の長さを調節できるようにひと工夫。チェーンなどをつないでショルダーバッグとして使うこともできます。

デザイン・製作:田巻由衣


使用した布: P46100-100A シーチング


材料:
□生地(ポケット・口布):70cm×50cm
(側面・底(6号帆布)):80cm×30cm
□PPバンド:幅2.5cmを50cm
□ワンサイドステッチレザーコード:直径0.8cmを14cm
□麻ひも:1.2m
□ワンタッチプラスナップボタン:直径1.4cmを2組

cs207_bucket_bag
*作品写真の無断転載はご遠慮ください。

2wayバケットバッグについて、田巻さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
蛍光色が目を引きました。色合わせや柄もとても好きで、
春から秋まで、たくさん持ち歩けるものを作りたいと思いました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
流行りのバケツ型を、持ったときにカワイイ大きさで。
お財布・携帯・タオルやペンケース、
良く使うものがきちんと入るようにしました。
中身を隠すこともできますし、取り出しやすい外ポケットも便利です。
スナップボタンを留める位置で持ち手の長さを調節でき、
別の持ち手(チェーンなど)をコードに繋ぐことも可能です。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
6号帆布は少し硬いですが、african colorにも雰囲気がぴったりで
本格的な仕上がりになります。丸い底を本体と縫い合わせるときは
ソーイングクリップでとめたり、しつけをするなど、丁寧に準備することで
きれいな丸底に仕上がると思います。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
シンプルな服に合わせたら、素敵なアクセントになりそうです。
毎日使いたいサイズ感も気に入っています!

KF:田巻さん、どうもありがとうございました!2wayバケットバッグの作り方プロセスも田巻さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

続きを読む