チラみせ☆キティのファーマフラー

サイズ:幅15cm、長さ136cm

今回は、キティがちらっと見える、キュートなファーのマフラーです。作ってくれたのは、手作りが大好きなmarimariさん。これからの季節、見た目もあったかそうなファーを使ったマフラーは大活躍しそう。

デザイン・製作: marimari


使用した布(裏面):
 キティ花束柄シーチング G50183-1


材料:
□生地(表面(ファー)):70cm×40cm
   (裏面A):60cm×40cm
 (裏面B・C):20cm×20cm
   (裏面D・E):20cm×20cm
□キルト芯:70cm×40cm
□リボン:幅3.5cmを40cm
□ポンポンテープ:直径1.5cmのポンポンつきを40cm
□好みのラインストーン:約20個

photo0
kitty_2013 _236px

チラみせ☆キティのファーマフラーについて、marimariさんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
このシリーズの中でも赤と白のシンプルカラーをチョイス。ファーと合わせれば、オトナかわいいキティマフラーになるかと。あえて裏地に使用して、チラッと見えた時や表地のファーとのギャップを遊ぶのも楽しいと思って。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
キルト芯をはさむことで、更にあたたかい仕様に。キティ布だけでは、少し単調な感じになるかと思い、別布をパッチワークしました。思ったより大柄だったので、それを利用してキティのリボン部分にラインストーンをつけ、チラみせのアクセントにしました。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
ファーを重ねて縫う時は、毛足を布の内側にはさみ込みながら縫うと縫いやすく、ひっくり返してファーの毛足を整える際にスムーズです。最終的にファー、キルト芯、キティ布(別布を剥いだもの)を重ねて縫うので、先にキルト芯とキティ布を重ねて縫ってからファーを重ねて縫うと、ずれずに縫いやすいかもしれません。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
クリスマスやニューイヤーパーティーなど、冬のイベントにもピッタリです!洋服の色味を抑えて、マフラーを主役のコーディネートに♪チラみせはもちろん、気分に合わせて表裏使い分けてみてください。

KF:marimariさん、どうもありがとうございました!チラみせ☆キティのファーマフラーの作り方プロセスもmarimariさんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

チラみせ☆キティのファーマフラーの作り方

1.
photo1photo2
型紙を置いて、布とキルト芯を裁ちます。ファーを裁つときは、ファーの裏地のみを切るようにすると切りやすいです。

2.
photo3
ポンポンブレード、リボン、ラインストーンを用意します。

3.
photo4
裏布a (17cm×8cm)と裏布b (17cm×12cm)、裏布a (17cm×12cm)と裏布b (17cm×8cm)をそれぞれ中表に重ね、ミシンをかけてはぎ合わせます。

4.
photo5photo6
キティ布とはいだ3の布をそれぞれ中表に重ね、ミシンをかけます。このとき、キティ柄の向きに注意。キティ柄の上下を確認して、下側にはぎ合わせること。下の写真は、3種類の布を、はいだ状態。

5.
photo7photo8photo9
キルト芯→キティ布(表を上に)→キティ布(裏を上に)→キルト芯の順に4枚重ねてまち針をうち、ミシンをかけてはぎ合わせます。下の写真は、4枚はぎ合わせた状態。

6.
photo10photo11
リボンの上にポンポンブレードを重ね、赤のミシン糸に替えてミシンをかけます。

7.
photo12photo13
ファーの端から10cmのところに、7のリボンの下辺がくるようにそれぞれ置き、リボンの上下の辺にミシンをかけます。ファーの裏地に印をつけてからまち針をうつと、やりやすい。

8.
photo14
ファー2枚を中表に重ね、ミシンをかけてはぎ合わせます。

9.
photo15
8のファーと5の布のはぎ合わせた箇所同士をまち針でしっかり止めてから、両端を合わせて全体にまち針をうちます。

10.
photo16
返し口だけを残して、グルリとミシンをかけます。

11.
photo17
返し口から表に ひっくり返して、はさみなど先のとがったもので角を整えます。

12.
photo18photo19
返し口をまつり縫いして閉じ、目打ちでファーの毛足を引き出して整えます。

13.
photo20
表地のリボンの上に、ラインストーンをグルーガンやボンドでつけます。

14.
photo21
裏地のキティのリボン部分にも、グルーガンやボンドでラインストーンをバランスよくつけたら、できあがり!!首に巻いた時に見えるように、下の方の絵柄にストーンをつけるのがポイント。

裁ち方図と作り方はこちら
button_tt

コッカファブリックでは、引き続きこちらのCraft&Sewingのコーナーで作品を作ってくださる手作り作家さんを募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>