ロングチュニック

サイズ:後ろ丈110cm

街中のショーウインドウにはいち早く秋の新作が並ぶ時期。そんな気分を先取りして、晩夏から秋まで楽しめるロングチュニックです。使った布は、3min.の2017AWコレクションのdark woods。夜の森をイメージしたという柄は、たくさんカットした紙を並べてデザインしたもの。ざっくりとした織り生地、綿麻プリペラは、厚手ながらしなやかさがあるので、洋服はもちろん、おそろいでバッグなども作れます。

デザイン・製作:あんりこ


使用した布:
 3min. JGA20120-1D 綿麻プリペラ


材料:
□生地:110cm幅×2.5m
□接着芯:70cm×70cm

cs222_longtunic_1cs222_longtunic_2
*作品写真の無断転載はご遠慮ください。

ロングチュニックについて、あんりこさんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
プリペラという織りも含めて、服にもとても向いている生地でした。素敵な配色の大柄をめいっぱい使いたくて、ロング丈のシンプルなチュニックにしてみました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
思い切ったスリットを入れ、中に合わせたボトムとのコントラストで、シンプルはシンプルでも大柄がさらに引き立つことを狙っています。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
服作りという意味では特に難しい箇所はないのですが、織りの特性上、切り口がほつれやすいので、裁断後はお早めに仕上げるといいと思います。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
写真ではワイドパンツを合わせていますが、ロングスカートなどでも。トップスもインナーを着やすいようなアームホールの大きさにしたので、晩夏はノースリーブで、秋になったら袖のあるものと…これからの季節に楽しめるかと思います。

KF:あんりこさん、どうもありがとうございました!ロングチュニックの作り方プロセスもあんりこさんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

ロングチュニックの作り方

1.
cs222_p1
袖ぐり、襟ぐりは見返し始末にしています。バイアステープでもOKですが、カーブがきつめな事もあり、見返しが向いているかと思います。

2.
cs222_p2
襟ぐりの見返しをつけています。キチンとした印象にしたいようでしたら、ステッチが見えない、手まつりがよろしいかと思います。

3.
cs222_p3
スリットの端の始末をしたところです、5mmの三つ折りをしていますが、生地がほつれやすいことから、スリットより上は切り込みを入れたりせず、自然にならしています。

4.
cs222_p4
袖の見返しをつけ、裾を縫ったら、完成です。

裁ち方図と作り方はこちら
button_tt

コッカファブリックでは、引き続きこちらのCraft&Sewingのコーナーで作品を作ってくださる手作り作家さんを募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>