サロペットスカート

サイズ:丈約125cm(肩ひもを含む)

textile storyでもご紹介した3min.の2017ssコレクションの柄、「スティック」を使ったサロペットスカートです。ファスナーやボタンを使わない簡単ソーイングなのにクールにカッコよく仕上がります!肩ひもでサイズ調節も自在、裾の短いチュニックにしてパンツとコーデしてもいいですね。

デザイン・製作:あんりこ


使用した布:
 3min. JGA20060-1D


材料:
□生地:110cm幅×2.1m
□両折バイアステープ:12.7mm幅×1.5m
□ゴムテープ:0.4cm幅×90cm

cs199_salopette_skirt
*作品写真の無断転載はご遠慮ください。

サロペットスカートについて、あんりこさんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
とても触り心地の良い生地です。素肌に着ても大丈夫なので、春から真夏まで楽しめるアイテムにしてみました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
ワンサイズですが、スッキリとしたシルエットで着ていただける工夫をしました。でも、ファスナーやボタンもなし、作りやすさに重点を置いています。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
着用しているのは158cm9ARです。サイズアップする場合は、シャーリングのゴムを少し長くしてみてください。サイズダウンする場合は度合いにもよりますが、ゴムを短くするより、全体的に幅を減らしてみてください。

KF:どんな着こなしがおすすめですか?
薄手なので、インナーは必須です。ロング丈で仕上げましたが、丈を少し短くして、パンツで合わせていただいても可愛いと思います。

KF:あんりこさん、どうもありがとうございました!サロペットスカートの作り方プロセスもあんりこさんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

サロペットスカートの作り方

1.
cs199_p1
身頃とスカートのそれぞれ脇を縫った所です。タックもギャザーもありません。この二つの筒を中表で縫い合わせたら、もう全体像が見えてきます。

2.
cs199_p2
肩ひもは細く繊細な生地なため、裏を縫って返すのではなく、アイロン+表からミシンで作ります。また、身長によって調節していただくために、製図は長めにしてあります。

3.
cs199_p3
伸び止めテープや見返しなどを使わず、簡単手間なしでできるかと、市販の両折バイアステープを使いました。まずは肩ひもの後側をはさみながら脇~後の始末をします。

4.
cs199_p4
下着に使うような細い平ゴムを使って、ゴムはゴムでも装飾的に、簡単シャーリングです。ゴムを伸ばしながら縫いつけますが、なるべく強さが均等になるよう、半分の地点くらいは目印をつけてみてください。

5.
cs199_p5
試着をしてみて、肩ひもの長さを決めたらひもの前側をはさみながら、前端をバイアステープで始末します。テープは長めに切り、このようにはさみ込むと簡単キレイです。

6.
cs199_p6
裾を三つ折りして、ミシンで縫ったら完成です。

裁ち方図と作り方はこちら
button_tt

コッカファブリックでは、引き続きこちらのCraft&Sewingのコーナーで作品を作ってくださる手作り作家さんを募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>