Inspiration file100
プレゼントを探しにーtenowaさんのクリスマス

スキー場の人工雪も溶けてしまうほど、暖かな12月。
とはいえ、クリスマスはいつもの年と同じようにやってきます。

「今年はどんなプレゼントをあげようかしら・・・?」
ハンドメイドのクリスマスギフトを探しに、12月9日から12日まで開催された「tenowaさんのクリスマス2015」に行ってきました。

会場は、東京・浅草橋の「編ム庫」のギャラリー。サンタクロースの衣装を着た女の子が、このイベントのキャラクタ―、tenowaさん。イラストレーターの深澤ユリコさんの作品です。

in100_1

tenowaは、東京在住の作家さん数名で立ち上げたグループ展。「創り手と使い手を、人と人とをつなぎ、人の輪、想像・創造の輪を広げよう!」をコンセプトに2013年から活動をスタートしたそう。
今年のクリスマスイベントには、5名の作家が参加。

こちらは2014年11月のInspiration file73でご紹介したfabrica uka(ファブリカ・ウカ)の戸田亜由美さんの作品です。
in100_2

プリント柄は、すべて戸田さんがデザインし、シルクスクリーン印刷で一点一点ハンドプリントしたもの。こちらの3柄が新作だそう。
in100_3

インスピレーションの源になったのは、いずれも戸田さんが出会った日常の風景。左はサンドイッチを真上から見た様子。真ん中の柄はハシゴ。そして右は、なんとケヅメリクガメ。映画『ガメラ』の新作でモデルになったカメです。
「東京農業大学に『食と農』の博物館があるのですが、そこでケヅメリクガメに出会いました。カサカサしていて幾何学模様の甲羅がモチーフ。ケヅメリクガメへのオマージュ、といったところでしょうか」(戸田さん)

オリジナルプリントはそのまま使うときもありますが、写真のようにところどころにステッチを施しているのも戸田さんの作品の特徴です。
「ステッチはたいてい作品に仕立てる前に行ないます。『この色のプリントにはこの色の刺繍糸』のようにだいたい決まっています。作品に使う布はリネン地、しかも寒色系が多いので、刺繡糸はコーラルレッドなどの明るい色をポイントとして使うことが多いですね」(戸田さん)

作品はバッグのほか、がまぐちも人気の定番アイテム。
in100_4
fabrica ukaの世界観を凝縮したようなアクセサリーは、プレゼントにぴったり。
in100_5

おやつの時間に使いたい、小さなプレイスマットも。
in100_6

こちらは、イラストレーターのDOLOCY’Sさんがデザインしたぽち袋。ヒツジの胸元にぽちっとラインストーンがついているのがポイントです。
in100_7

さすがイラストレーター、多彩なタッチで子ども向けのクリスマスカードも。下段のTシャツもDOLOCY’Sさんのデザインです。
in100_8

こちらは、小枝と古布を組み合わせた作品を手がける、こまきやさんのコーナー。
in100_9

そして器作家のnicoricoさん。「日常ににっこり笑顔を」をコンセプトに、ドットやボーダー、花紋などをモチーフに、普段使いの器や雑貨を作っています。
in100_10

大好きなあの人に、お世話になったあの方に、この方に……、そして自分へのごほうびにも。
クリスマスまであと少し。ハンドメイドの素敵な贈り物を探しにいきませんか?

tenowaの今後の活動日程はこちらのサイトでチェックしてくださいね。
http://tenowa.info


Inspiration file100
プレゼントを探しにーtenowaさんのクリスマス
」への2件のフィードバック

  1. 鈴木治子

    こんにちは〜kokkaさんの生地が大好きです
    イベント情報などもたくさん配信してください
    馳せ参じます 笑

    返信
    1. kokkap2 投稿作成者

      コメント、ありがとうございます! 素敵な作家さんのイベント情報はこれからもどんどんご紹介していきたいと思います。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>