Inspiration file24
椅子の簡単リメイク 〜echinoのメガネ柄でカバーリング〜

in_24

10月最初の週末は、あいにくの雨模様で始まりました。
忙しさにかまけて、クロゼットの中は、まだ半袖ばかり・・・そんなうっかり屋さんも、さすがに重い腰をあげて、洋服の入れ替えをしないといけないくらい、肌寒くなりましたね。

衣替えの季節は、お部屋も秋の装いに模様替えしたくなりませんか?
涼しげなレースのカフェカーテンは、落ち着いたトーンのコットンやリネンに、
食卓には、あったかいスープが似合う、ランチョンマットを手作りしたり・・・。

インテリアのデコレーションにも、布の出番がいっぱいありそう・・・。
さーて、何から始めようかしら、とワクワク。

そんな折、「椅子をリメイクしましたよ〜」と、手作り作家のAnriさんからメールが届きました。craft&sewingのコーナーで、echinoの新柄を使ってメガネケースやランプシェードを作ってくれた作家さんです。写真は、Anriさんがリメイクしたバーチェア。使っているのは、そうです、メガネケースを作ってくれた、あのni-coのメガネ柄!

「このバーチェアは旦那さんが一人暮らししていた頃のもの。エナメル調の合皮の汚れが、拭いても取れないのが気になって、お蔵入りしていたのですが、壊れているわけではないので捨てるには忍びなく・・・。だったらカバーをつけ替えて、お気に入りにすればいい!という発想でした」(Anriさん)

Anriさんのブログによれば、その作り方は、
1 座面部分のネジをはずす。(座面をはずしたほうがカバーのつけ替えがラク)
2 座面の大きさより、ひとまわり大きく布をカット。
3 端を1.2㎝くらいで三つ折りして、ミシンでぐるりと縫い、紐通し口を作る。
4 紐通し口から紐を通し、座面にかぶせてから、ぎゅっとしぼる。
5 再び、座面をネジでとめて、できあがり。

ここまでで、作業時間はざっと2時間(Anriさんは、なんと2脚作ったそうなので、2脚で2時間!)だそう。
「ゴムだと伸びてズレるから、紐の方がピチ~っとフィットできると思う」とAnriさん。なるほど。

これなら、カバーの取り外しもラクなので、洗濯もできるし、季節に合わせて付け替えたりもできますね。

Anriさんのブログには、この椅子のリメイクが、写真&図解つきで解説されていますよ。

Anriさんの椅子の簡単リメイクのブログはこちら
http://ananrinrin.blog51.fc2.com/blog-entry-594.html


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>