Inspiration file 08
初夏に作ってみたい レースのパッチワークカーテン

in_08

梅雨開けはまだ先ですが、だんだんと汗ばむ季節になってきました。
夏本番になる前に、涼を呼ぶアイテムを作っておかなくちゃ。だとしたら、今がまさにそのときです。

夏になると決まって使いたくなる素材は、やっぱりレース。
Angelica Leafデザイナーの鈴木みきさんは、さまざまなレースをパッチワークしたカーテンをデザインしています。

海外に仕入れの旅に出かけると、必ずといっていいほどアンティークレースにくぎづけになってしまうという鈴木さん。
「高度な技術を持つ職人によって作られた昔のレースは、ひとつとして同じものがありません。モチーフも花だったり、雪の結晶だったり、星だったり、じつにさまざまです」
繊細な柄や優美なデザインに魅了された鈴木さんは、いつしかアンティークレースをコレクションするようになったそう。

写真のレースのカーテンは、アンティークの風合いを再現した現代レースをセレクトしたもの。ボーダーレースやスカラップ、ドット…。パッチワークされたレースはモチーフもひとつひとつ異なり、眺めていてもあきません。

ソーイングをたしなむ人だったら、パッチワークのカーテンはおなじみのアイテム。
でも、たくさんのレースを一枚ずつ買ってパッチワークするのは大変そう……。
もし、昨夏、着回したレースのカットソーやブラウスがクロゼットに眠っていたら、それをリメイクして作ってみるのもいいですね。

Angelica Leafさんのサイトはこちら
http://angelicaleaf.ocnk.net/


スヌーピー柄で作る 子ども用マキシワンピース 

吸水性に優れた肌触りのいい楊柳生地で作った、子ども用のマキシワンピースです。さらりとした着心地が、これからの季節にぴったり。シャーリングゴムを使って胸元にギャザーを入れたり、肩ひもで結ぶデザインにして、可愛らしく仕上げました。ある程度、縮むことも考慮して、生地を裁つ前に水通しをしておきましょう。

材料
□ 生地:110cm幅×120cm
□ シャーリングゴム 適量


使用した布:PEANUTS 楊柳生地 G3621-1 (B)

cs9_maxiOP

    PEANUTS_copyright

この生地の製品化販売は禁じられております。

裁ち方図と作り方はこちら
button_tt

PEANUTS 楊柳生地

大人にも人気のスヌーピー柄

コッカでは、年間を通じて人気のキャラクターの生地もたくさん作っているのですが、今回、ご紹介するのは大人にもファンが多いスヌーピーの生地です。先日東京で行われたスヌーピーのジャパネスク展でも各層たくさんの人でにぎわったそうです。これからどんどん暑くなる夏のシーズンに向けて「涼」をテーマに、素材や柄を選びました。生地に使っているのは「楊柳(ヨウリュウ)」。細かい経シワ(シボ)の入った織物で、肌に触れる面積が少なくいので、べとつきません。さらっとした肌触りで、吸汗性、速乾性にもすぐれた生地です。

スヌーピー G3621-1

peanuts_1

  • peanuts_2
  • peanuts_3
  • peanuts_4
    PEANUTS_copyright

涼やかな楊柳生地にデザインしたのは、エスニック調のボーダー柄。シルエットだけのキャラモチーフも取り入れて、大人っぽく仕上げました。子ども用の洋服はもちろん、パパやママのルームウェアをおそろいで作っても楽しいですね。


file 002 
CANDY PARTY さん

ハンドメイド好きなママ5人が集まったデザインユニット

CANDY PARTYは、ママ雑誌をきっかけに集まった5人のママさんのデザインチーム。「こんな布あったらいいな」という想いで手がけたファブリックは、どれも布好きママのストライクゾーン。今回は、そんなユニットのなかから、マリンコさんとユミさんのお二人にお話を伺いました。

CANDY PARTY

cp1

(コッカファブリックドットコム 以下、KF)テキスタイルデザインを手がけるようになったきっかけは何だったのでしょう?

(マリンコさん・ユミさん)ママ雑誌で「オリジナル生地を作ろう」という企画があって、そこに集まったのが今の5人。「こんな生地欲しいね」から始まって、アイデアや製作過程を毎号、雑誌で紹介していったんです。好きな資料を持ち寄って情報交換したり…。

続きを読む


Inspiration file 07
染め花のあじさい

in_07

梅雨の季節になりました。

多くの花は、日だまりのなかで輝きを放ちますが、あじさいだけは、しっとりとした雨のほうがその美しさが際立ちます。夏までの少しの間、花びらの色を巧みに変えながら、私たちの目を楽しませてくれる、ありがたい花。うっとおしい季節に、神様がひとつだけ愉しみを残してくれたような、そんな気さえします。

染め花作家のアトリエdecoさんは、その美しいグラデーションを染め花で表現しています。花を作るときは、花の表情を思い浮かべ、花びら一枚一枚を自然の光の中で染めていくそうですが、この季節になると、色々なあじさいを作りたくなるそう。

最初はうすいグリーンから、だんだんうすい紫、最後は濃い紫のあじさいに…と、紫色のあじさいの移ろいを表現しています。写真のあじさいは、これからどんどん濃くなっていく、そのちょっと前の初々しい瞬間でしょうか。

生花の姿に近づけながらも、ときにそれは染める人の希望や期待が加えられ、実物以上にその花の姿をとらえます。いつかは枯れてしまう、花のはかなさをとどめておきたいという気持ちと一緒に。

実物の花とはひと味違った美しさに魅了されてしまうのは、そんな想いがこめられているからでしょうか。

アトリエdecoさんのサイトはこちら
http://www.geocities.jp/atelier_deco_flower/top.html