【EVENT】4月、5月のイベント情報

4/26-7/6
五感で喜ぶnani IRO textile with 蓼科ハーバルノート

場所:atellier to naniIRO
内容:nani IROと長野、蓼科ハーバルノートがコラボレーションするスペシャルイベント
http://atelierto.naniiro.jp/calendar/eventherbalnote

5/1~12
textile gift marche for mom

場所:伊勢丹新宿店本館5階=ザ・ステージ#5
内容:代官山のファブリックブランドショップcoccaが、期間限定で伊勢丹本館5階にオープンします!coccaで展開されている生地や製品がまるごとおめみえします。母の日の贈り物にぴったりの洋服やショール、エプロンをはじめ、インテリア小物も充実。昔懐かしい昭和の復刻柄や、ディズニー、ムーミンといったおなじみのキャラクターをcocca流におしゃれにアレンジしたファブリックも登場します。

5/15-5/21
スタジオクーカ展

場所:阪急うめだ本店10F 南街区
内容:知的・精神にハンディキャップを持つ人達をサポートする福祉施設、スタジオクーカとコッカとのコラボレーションイベント。創造力豊かなスタジオクーカのメンバーがデザインした生地を初展開!会場では、生地と合わせて、メンバーが描いた絵や、バッグやステーショナリーなどの製品も販売します。
http://studiocooca.com/


スタンドカラーシャツ

サイズ:身幅33cm、前着丈39cm、後ろ着丈45cm(KIDS)

クラシックな車が整列したかわいいプリント柄は、子どものシャツにピッタリ。やわらかいガーゼ生地なので着心地もバツグン。ギャザーを寄せたゆったり袖は動きやすいので、今年の夏のヘビロテアイテムになりそう。

材料
□ダブルガーゼ:108cm幅×85cm


使用した布:Coudre de dimanche(クードゥル デ ディマンシュ)H4830-30C

stand_p

続きを読む


file 001 
メロディ・ミラーさん

1960年代、1970年代のヴィンテージが好き

アメリカ、ジョージア州・アトランタにお住まいのメロディ・ミラーさん。2010年に「Ruby Star Rising」のファースト・コレクションを発表して以来、レトロでおしゃれなテキスタイルが話題を呼んでいます。

Melody Miller

melody-miller-07

Q. テキスタイルデザインを手がけるようになったきっかけは何だったのでしょう?

数年前、デザイナーとしてこれからどんなことをしていこうか模索していました。そのときに、自分にはベビーベッドまわりのデザインが向いているのかもしれないと思い、ベビーベッド用のファブリックのデザインをしようと決めたんです。それから数ヵ月後、私が好きなファブリックメーカー、KOKKAに作品を見てもらおうと思い立ち、ポートフォリオ(作品ファイル)を持って、ヒューストンで開催されるインターナショナル・キルトマーケットに行きました。それから2週間後、コッカから連絡があって、布のデザインをやってみないかと言われたんです。本当にうれしかったですね。

1
4

booth

続きを読む


結び目持ち手のキルトBAG

サイズ:幅42cm、高さ33cm、持ち手の長さ39cm

パステルカラーとモチーフが女の子らしいかわいい生地。結び目をつけてキュートに仕上げました。マチとの間にパイピンクテープをはさんでひと工夫。結び目を変えれば持ち手の長さが調節できるので、大人も子どもも使える便利なバッグです。

材料
□キルト生地(105cm幅)×80cm
□シーチング(110cm幅)×65cm
□バイアスパイピングテープ(幅10mm)×5.7m
□ふちどりバイアステープ(ダブル折りタイプ11mm幅)×2.8cm


使用したキルト生地:Pastel bonbon H4880-81C

quilt_p

続きを読む


Inspiration file 01
「自分だけ」の印をつくる愉しみ

inspiration01

サイトのオープンを記念して、kokka-fabric.comのURLをプリントしたリボンテープを作りました。
ネットの世界から飛び出して、こんなふうに「サイトの一部」をカタチにすることって、なんだかワクワクします。
K-F.ドットコムの子ども第一号って感じです。

ロゴを考えたり、トレードマークを描いてみたり……。
作品づくりも楽しいけれど、自分ブランドをあれこれ考えるのも心ときめく作業です。
これからこのブランドはどんなふうに育っていくのかしら。
多くの人に見てもらいたいなあ。
大きな夢と小さな願いをぎゅっとつめ込みます。

できあがった作品に、自分だけのオリジナルマークをポン。
すると、作品がずっとずっと立派に、誇らしげに見えてくるから不思議です。
ハンドメイドの手作り小物が、タグやリボンをつけた瞬間、「製品」の顔に早変わり。

写真のリボンテープ。張り切ってたくさん作りました。
はぎれを販売するときに、くるっと巻こうかな。
それともリボン結びにして、紙袋にパチンととめようかしら。

ブランドのオリジナルといえば、シャネルのリボンテープがヤフオクに出品されていました。
「新品未使用非売品」、リボンの幅 約1.5cm、長さ約105cm。
開始価格550円で、550円で落札されたもよう。

今回作ったK-F.ドットコムのリボンテープ、
いつかヤフオクに出品されて、プレミアムがついたりして…。

ああ、とらぬ狸の皮算用―。

でも夢は大きく。
kokka-fabric.com、すくすく育っていきますように。


124 / 124« First...120121122123124