Inspiration file 07
染め花のあじさい

in_07

梅雨の季節になりました。

多くの花は、日だまりのなかで輝きを放ちますが、あじさいだけは、しっとりとした雨のほうがその美しさが際立ちます。夏までの少しの間、花びらの色を巧みに変えながら、私たちの目を楽しませてくれる、ありがたい花。うっとおしい季節に、神様がひとつだけ愉しみを残してくれたような、そんな気さえします。

染め花作家のアトリエdecoさんは、その美しいグラデーションを染め花で表現しています。花を作るときは、花の表情を思い浮かべ、花びら一枚一枚を自然の光の中で染めていくそうですが、この季節になると、色々なあじさいを作りたくなるそう。

最初はうすいグリーンから、だんだんうすい紫、最後は濃い紫のあじさいに…と、紫色のあじさいの移ろいを表現しています。写真のあじさいは、これからどんどん濃くなっていく、そのちょっと前の初々しい瞬間でしょうか。

生花の姿に近づけながらも、ときにそれは染める人の希望や期待が加えられ、実物以上にその花の姿をとらえます。いつかは枯れてしまう、花のはかなさをとどめておきたいという気持ちと一緒に。

実物の花とはひと味違った美しさに魅了されてしまうのは、そんな想いがこめられているからでしょうか。

アトリエdecoさんのサイトはこちら
http://www.geocities.jp/atelier_deco_flower/top.html


【EVENT】6月のイベント情報

6/12(水)-18(火)
エチノ展

場所:阪急うめだ本店 10F 中央街区イベントスペース
内容:テキスタイルブランドechinoのテキスタイルから さまざまなライフスタイルに寄り添うプロダクトが生まれました。日々の生活を楽しくする雑貨アイテムや、アクセントとして取り入れるだけでお部屋の雰囲気が変わるインテリア&キッチングッズを販売をします。この季節にぜひ使いたいエチノカラーの傘も登場します!


1mで作れるショルダーバッグ

アメコミ調で描かれたシンデレラストーリー、そのポップで楽しい雰囲気を生かしたショルダーバッグです。生地の裁ち方によってストーリの場面の見え方が変わるので、同じパターンで作っても違った印象が楽しめます。型崩れしないしっかりとしたバッグになるよう、クラフト用の厚めの芯を貼って張りを出しました。堅い芯なので、表に返す時に少し大変かもしれませんが、焦らず丁寧に裏返してください。夏のおでかけにぴったりのカジュアルなバッグに仕上がりますよ。

材料
□ 生地:110cm幅×75cm
□ 接着芯(クラフト芯地)極厚50cm幅×75cm
□ マグネットボタン(手縫い用)1.5cm幅を1セット


使用した布:nunokara シンデレラ F100-1 (B)

cs8_shoulderbag

裁ち方図と作り方はこちら
button_tt

nunokara(ヌノカラ)
シンデレラ

アメコミ調のポップなシンデレラ

今回の布は、5月6日のテキスタイルストーリーでご紹介したnunokara(ヌノカラ)、おとぎ話シリーズの第二弾、シンデレラです。シンデレラは、誰もが知っている「お姫さま」。女の子が憧れるシンデレラストーリーは、乙女チックになりがちですが、それをあえてポップなアメコミ調で表現しました。

カジュアルなデイリーバッグや元気いっぱいの子ども服にもぴったりです。

アメコミ調 F100-1

cin_ame1

  • cin_ame2
  • cin_ame3
  • cin_ame4

シンデレラストーリーの代表的なシーン、舞踏会、カボチャの馬車、ガラスの靴を描きました。セリフも入れてアメリカンコミック調に。お気に入りのシーンを切り取ってアップリケにしたり、バッグのポケットにしてもいいですね。

続きを読む


Inspiration file 06
ソーイングが楽しくなる ボビン収納ケース

in_06_bobbin_case

ミシン糸の数だけたまっていくボビンケース。みなさんはどんなふうに収納していますか? 
作家さんのアトリエを訪ねると、色別に小さなガラスのキャニスターに入れて、棚に飾っていたり、有孔ボードに整然と並べていたり……。リボンやボタンと同じように、可愛く飾っている風景をよく見かけます。

「作る時間をもっと楽しく」―。
雑貨や帽子を制作しているデザイナー、Coco&Ami さんは、そんな想いで、遊び心たっぷりのボビン収納ケースを発案しました。
鳥のおなかと羽にボビンをしまうという遊び心にあふれたデザイン。ボビンはもちろん、指ぬきなどもまとめて収納できます。
ちょこんとのった帽子もじつは針山。帽子の底にはマグネットがついていて、散らばりやすい針をキャッチできます。さらに壁掛けにもできるよう、後ろには画鋲穴があいています。
まさに可愛さと実用を兼ねたスグレモノなのです。

せっかくだから、ソーイングの‘アトリエ’も、可愛く、楽しげにデコレーション。
クリエイター気分で盛りあがったら、アイデアもどんどん生まれてきそうです。

Coco&Amiさんのサイトはこちら。
http://cocoxami.com