フレンチブルドッグのリバーシブルエプロン

サイズ:丈約96cm(肩ひもを含む)

キュートなフレンチブルドッグのプリント柄で作ったリバーシブルエプロンです。フレブル柄を表にしたらにぎやかに、デニム地にしたらシックで落ち着いた印象に。気分次第でふた通りのコーデが楽しめます! ポケットのラインストーンも可愛いアクセントに。

デザイン・製作:矢間みき


使用した布: P43300-301 (B)


材料:
□生地(A):110cm×90cm
   (B):110cm×90cm
□テープ:幅4cmを1.6m
□アクリルテープ:幅2cmを2.2m
□ラインストーン(アイロン接着タイプ):直径0.3cmを約40個
□接着テープ(仮どめ用)

cs188_1cs188_2

リバーシブルエプロンについて、矢間さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
とてもしっかりした生地でした。フレンチブルドッグの間隔が広いので小物を作るよりも大きなもののほうが、フレンチブルドッグがたくさんみえて、フレンチブルドッグ好きな方にはアピールできると思いました。そのため大きなものがいいと思い、エプロンを思いつきました。また生地もしっかりしているので、長く使用できるのではないかと思いました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
普段使用しているエプロンの形を参考に型紙を起こしました。紐などの手間を省けるように、市販のテープを使って短時間で作成できるようにしました。
cs188_3

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
今回はリバーシブルだったので、全部のパーツを組み付けるところが一番のポイントでした。パーツをしっかりつけるために、紐部分はしつけ糸で仮止めして縫いました。
角などはアイロンをかけてから縫うと返す際にきれいに生地が返ります。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
だんだん冬になって寒くなってきましたので、リバーシブルにして暖かく着用できるようにしてみました。エプロンとしてだけでなく、部屋着としてスパッツとあわせても楽しめると思います。
おそろいのシュシュも作ってみましたので、ヘアにつけて全体のコーディネートが楽しめるようにしました。
cs188_6

KF:矢間さん、どうもありがとうございました!リバーシブルエプロンの作り方プロセスも矢間さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

続きを読む


入園入学グッズの作り方パンフレットができました!

来春の入園入学シーズンに向けて、初めてのハンドメイドに挑戦するママさんも多いのではないでしょうか? そんなハンドメイドビギナーさんに向けて、『入園入学グッズの作り方』を紹介するパンプレットができました! 手芸用品のクロバーさん、糸のフジックスさん、ミシンのブラザーさん、そして生地のコッカの4社が合同で企画したスペシャル版ですよ!
2016_nyuen_1

アイテムは、レッスンバッグ、上履き袋、お弁当袋、コップ袋の4点。
2016_nyuen_3

それぞれに使う布や糸、手芸副資材、必要なソーイング用品なども詳しく紹介しています。
2016_nyuen_22016_nyuen_4

ソーイングは初めてという方でもトライしやすいように、作り方手順もカラーで詳しく解説!
201612_nyuennyugaku_3201612_nyuennyugaku_2

手芸ショップなどで配布していますので、お近くのお店をのぞいてみてくださいね!


【Press】島塚絵里さん×ムーミン特集が『MOE』に掲載されました!

『MOE』12月号に、テキスタイルデザイナー、島塚絵里さんデザインの生地が紹介されました。

MOE1612_1

島塚さんのフィンランドの暮らしも紹介されています。

MOE1612_5

付録のダイアリーの表紙に島塚さんデザインのムーミン柄が使われています!

MOE1612_2

この生地は、今月から店頭に並んでいます。
ぜひ、お近くのショップでご覧くださいね。

島塚絵里さんのシリーズ PIKKU SAARIの生地情報はこちら
http://www.kokkafabric.com/portfolio/pikku-saari-2016sep/

島塚絵里さんのロングインタビュ―はこちら
http://kokka-fabric.com/visit-artist/file-008/


マトリョーシカの入れ子

サイズ:大 底の大きさ11cm四方 縦11cm
中 底の大きさ9cm四方 縦9cm
小 底の大きさ7cm四方 縦7cm

オリジナルアイテムを展開している雑貨メーカー、PUSH PINとのコラボレーションシリーズ、PUSH PIN* × KOKKAの新柄は、とっても可愛いマトリョーシカ。大きい人形の中から小さな人形が次々と出てくるマトリョーシカにちなんで、今回ご紹介するのは入れ子のボックス。散らかりがちな、こまごまとした小物の収納にぴったりです。

デザイン・製作:中山佳苗


使用した布: (表布) HG2308-1 (A)


材料:
□生地(表布):90cm×30cm
   (大裏布):60cm×20cm
(中裏布):50×20cm
   (小裏布):40×10cm
(大パイピング布):50×10cm
   (中パイピング布):40cm×10cm
   (小パイピング布):30cm×10cm
□接着キルト芯:60cm×30cm

cs187_1cs187_2cs187_3
マトリョーシカの入れ子について、中山さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
とにかくきれいな色なので、気分が上がるような明るい作品を作りたいと思いました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
マトリョーシカは、人形の中から少し小さな人形が出てくる、その中からまた少し小さな人形が出てくる…という入れ子構造になっています。なので、マトリョーシカの布でマトリョーシカと同じ様に「入れ子」になる小物入れを作ってみました。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
パイピングは全部ミシンで縫うこともできますが、ここはあえて手縫いでチクチク! 手縫いの方が失敗がなくきれいに仕上がりますし、音楽を聴きながらやおしゃべりしながらチクチク縫うのも楽しいです。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
使わない時はコンパクトに収納。
cs187_4
並べておくだけでもかわいいです。
cs187_5
KF:中山さん、どうもありがとうございました!マトリョーシカの入れ子の作り方プロセスも中山さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

続きを読む


5 / 122« First...34567...Last »