Candy Party

ソーイング好きのママさんが欲しいものを形に!

キュートな布でおなじみのキャンディパーティの新柄が登場! ソーイング好きが集まって「ソーイングをもっと楽しく!」というテーマで企画した楽しい生地です。「ソーイングのポイントは、柄と柄との組み合わせから生まれる新しい柄を楽しむことです」(キャンディパーティ)

tuzuki2 H-3049-1 シーチング
candy party  www.kokka-fabric.com

  • candy party  www.kokka-fabric.com
  • candy party  www.kokka-fabric.com
  • candy party  www.kokka-fabric.com

80年代の雰囲気を取り入れた柄は、1枚の生地の中に4つの柄が入って、いつもの手作りが4倍楽しめそう。「違う生地と組み合わせたり、そのまま使ったり…。この生地から生まれる”続き”を、手にとってくださった方に作っていただけるとうれしいです。生地の素材や色、柄、ノーションやボタンなど、オリジナルの組み合わせも楽しんでくださいね」(キャンディパーティ)

ポップンランド H-3049-2 シーチング
candy party  www.kokka-fabric.com

  • candy party  www.kokka-fabric.com
  • candy party  www.kokka-fabric.com
  • candy party  www.kokka-fabric.com

リボンや生地、レースをコラージュしました。ポニーはストライプとレースモチーフを取り入れてファンシーなデザインに。使いやすいシーチングなので、ワンピースにも、小物にも幅広く使えます。裏地やキルトを使用すれば、リュックなどのカバン類にも。写真のリュックのようにフリフリリボンでアレンジしたら、ゴージャスな可愛さを演出できます!

CANDY PARTY! H-3050-1 オックス
candy party  www.kokka-fabric.com

  • candy party  www.kokka-fabric.com
  • candy party  www.kokka-fabric.com
  • candy party  www.kokka-fabric.com

柄の名前は「CANDY PARTY!」。ユニット名と同じ名前です。「パーティの雰囲気をそのまま生地に出したかったので、デザインはすべて頭の中で想像したモチーフを手描きで紙に書き込みました。白ベースとピンクベース、そしてグレーベースはちょっと裏地のような不思議な配色に仕上がっています」(キャンディパーティ)
お友達同士で集まるパーティのテーブルクロスや、パーテーションにしたり。そのままディスプレイしてももちろんOK。また、パーツごとの柄を生かして、小さいキノコの部分はくるみボタンでボタンを作ったり、クレヨンの部分はお子さんのハーモニカケースやお稽古バッグにしてもカラフルで可愛いです。お子さんのスカートにもおすすめですよ。

rosette-chan H-3050-2 オックス
candy party  www.kokka-fabric.com

  • H3050_2_2
  • candy party  www.kokka-fabric.com
  • candy party  www.kokka-fabric.com

実際にキャンディパーティのメンバーが作ったロゼットを、そのまま生地のデザインにした柄です。ドットのベースに、隙間なく散りばめたので、どこを使っても可愛く作品が仕上がります。「ドットにちょこっとピンクが混ざっているのも遊び心です。ロゼットは細部までこだわって作っていますので、皆さんにじっくり見てもらいたいです!」(キャンディパーティ)
色展開はブラックとホワイトの2色で、色によって雰囲気がガラッと変わります。「無地×rosette-chanも可愛いですが、rosette-chan同士を組み合わせて作品を作っても個性的で可愛い仕上がりになりますよ! 柄自体の色使いは同じなので、不思議とまとまります」(キャンディパーティ)
素材のオックスは、初心者さんにも縫いやすい生地。バッグやポーチなどは、しっかりした仕上がりに。柄が大きめなので、インテリアにも向いています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>