echino(エチノ)
fabric collection 2013

ビビッドな色に誘われて

第一回目にご紹介するのはechino(エチノ)。テキスタイルデザイナー・古家悦子さんが手がけたシリーズです。echinoが誕生したのは2003年。発売以来、毎年新作コレクションを発表しています。echinoの魅力はなんといってもその配色。“echinoカラー”と呼ばれるビビッドカラーの多色使いです。鮮やかで印象的なファブリックは、洋服やバッグはもちろん、カーテンやクッションといったインテリアアイテムにもぴったり。日本はもちろん、世界中で愛されている人気のブランドです。

2013年のコレクションのテーマは「capture the color」(色を捕まえて)。「色が目に飛び込んでくるようなイメージで描きました。今回は“色”からアプローチした見せ方をしたいと考え、モチーフの昆虫や鳥、動物などは“色”を捕まえるもの達として、隠れた描き方をしています」(古家さん)。

テキスタイルを考えるときは、おもしろい見え方、ちょっとした楽しい不自然さ、不思議さがある配色を常に意識しているという古家さん。今回はトーンで見せる色合いではなく、モチーフ1つ1つに色とりどりのカラーリングを使ったそう。同じ柄でも配色によって違うイメージに見えるようなカラーバリエーションは、まさしくechinoならでは。テキスタイルの奥行きの深さを感じさせます。

acacia(アカシア)JG95800-800

IMG_0960

  • IMG_0901
  • IMG_0851
  • IMG_0857

“echinoカラー”に染まった「acacia」の木に動物たちが“色”に誘われて集まってきている1シーンです。カラフルなacaciaの木を主役にして、動物たちが面白そうに見え隠れするようなイメージです。
好きな場面を切り取って、ファブリックパネルにして壁に飾ったり、動物たちを切り抜いてミニピローにしてもおしゃれです。

piece(ピース)JG95800-801

IMG_0945

  • IMG_0954
  • IMG_0903
  • IMG_0863

柄名の通り、「piece」=1つのかけらだったり、作品だったりがつながって柄になっています。それぞれのピースには、葉っぱや花、しずくなど、自然からイメージしたモチーフがパターン化して描かれています。1ピースごとにストーリーがあるような、どこを切り抜いても楽しめるデザインです。
そのままパネル柄として使ったり、ピースごとに裁って、好きな色やモチーフでまとめたり…。布遊びの楽しさが味わえます。

cherry(チェリー)JG95800-802

IMG_1031

  • IMG_0876
  • IMG_1019
  • IMG_1027

「cherry」という可愛い実の木に戯れる鳥たち。色とりどりの鳥も“echinoカラー”を身にまとっています。実と鳥、というシンプルなシーンですが、配色によってイメージが大きく変わって見える柄です。
春はグリーン、夏はブルーなど、季節に合わせて模様替えするような気分で、カーテンなどに仕立てても素敵です。ビビッドなチェリーのピンクがいっそう引き立つブラックは、バッグやポーチにするとぐっと大人っぽい印象に。


wild flower(ワイルドフラワー)JG95800-803

IMG_0971

  • IMG_1046
  • IMG_1008
  • IMG_1060

満開の大きな花をそれぞれ“色”で見せたくてシルエットのようにデザイン化して描いた柄です。
生地の幅いっぱいに描かれた柄は、タペストリーやカーテンなど、大きな面で楽しめるアイテムにするといっそう引き立ちます。チュニックやワンピースに仕立てると、裾のところにちょうど大きな花が躍って、とっても可愛い印象に。色違いで「大人買い」ならぬ「大人縫い」したくなります。

insect(インセクト)JG95800-804

IMG_0933

  • IMG_0893
  • IMG_0882
  • IMG_0938

今回のコレクションテーマの「capture the color」から、一番初めに生まれた柄です。“色”を捕まえるというイメージから、収集したカラフルな蝶や蜂、花や実などを標本のように並べたデザインになっています。小さなモチーフが同じピッチで続く連続模様なので、がまぐちやポーチといった小物づくりにも向いています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>