月別アーカイブ: 2016年12月

cocca 10周年アニバーサリーイベント レポート

2006年にオープンした東京・代官山のcocca(コッカ)。
12月初旬より10周年を記念し、2階のギャラリースペースにてイベントが始まっていましたが、19日、アニバーサリーパーティーが開催されました。

5時から始まったパーティーには、イベントに出品されたアーティストさんたちをはじめ、たっくさんの方々が集まり、賑わいをみせていました。
cocca_10th_1

2階のギャラリーへ続く階段にもアニバーサリーのポスターが貼られていて・・・。
なんと心憎い演出。ぐっときます。
cocca_10th_2

参加したアーティストさんの作品が展示販売されている2階のギャラリーの様子もご紹介します! 
壁一面を飾っているのは、今までcoccaで扱ってきたファブリックの数々。懐かしい柄もちらほらと。10年の歴史を感じます。
cocca_10th_3

こちらは、ハンドメイドのバッグブランドを展開するOre(オー)さん×coccaのスペシャルパッチワーク。coccaのアーカイブテキスタイルをふんだんに使った、壮大なキルト作品、圧倒的な存在感です。
cocca_10th_4

キュートなくまちゃんは、cikolata(チコラータ)デザイナーの大石さんの作品。
後ろに写っているキューブタワーは、Riceさんの作品。新商品のNunoppinの特注サイズだそう。
cocca_10th_5

そして、こちらは3min.(スリーミニッツ)のデザインも手がけたspoken words projectデザイナー飛田正浩さんの作品。coccaの10周年を記念して作られたハンドプリント。スペシャルテキスタイルで作られたお洋服も。
cocca_10th_6

ほかにもたくさん、たくさん、10周年の感謝の気持がぎゅっとつまった作品がありました。アニバーサリーイベントは12月25日まで。
coccaは、年内28日まで営業しているそうですので、クリスマスプレゼントはもちろん、年始のご挨拶にぴったりなお品物まで、素敵なものがいっぱいありますので、ぜひ足を運んでみてくださいね!

cocca
〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-31-13
TEl: 03-3463-7681
営業時間: 11:00 – 19:00
http://www.cocca.ne.jp

クッションカバー

サイズ:45cm四方

布を使って手軽に模様替えができるものといえば、クッション。クールなジャパニーズモダン柄だったら、洋室にも和室にも似合います。薄手の合皮をアクセントにつけたらおしゃれ度もアップ!

デザイン・製作:田巻由衣


使用した布: P44500-500 (D)


材料:
□生地(前面a・後ろ面):90cm×50cm
   (前面b(11号帆布)):20cm×50cm
(フリル(薄手合成皮革)):70cm×10cm
□ファスナー:長さ40cmを1本

201612tamaki_kansei_800px

クッションカバーについて、田巻さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
大柄でくっきりとした色合いが、インテリアの模様替えにぴったりだと思いました。洋室にも和風にも合いそうです。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
一般的な45cmのクッションに合わせてあります。ファスナーが肌に当たりにくい仕様です。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
ファスナーは、しつけをしてから縫い付けるときれいに仕上がります。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
クッションカバーを替えるだけでお部屋の印象がガラリと変わるので、お正月に向けて新調してみてはいかがでしょうか。

KF:田巻さん、どうもありがとうございました!クッションカバーの作り方プロセスも田巻さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

続きを読む

フレンチブルドッグのリバーシブルエプロン

サイズ:丈約96cm(肩ひもを含む)

キュートなフレンチブルドッグのプリント柄で作ったリバーシブルエプロンです。フレブル柄を表にしたらにぎやかに、デニム地にしたらシックで落ち着いた印象に。気分次第でふた通りのコーデが楽しめます! ポケットのラインストーンも可愛いアクセントに。

デザイン・製作:矢間みき


使用した布: P43300-301 (B)


材料:
□生地(A):110cm×90cm
   (B):110cm×90cm
□テープ:幅4cmを1.6m
□アクリルテープ:幅2cmを2.2m
□ラインストーン(アイロン接着タイプ):直径0.3cmを約40個
□接着テープ(仮どめ用)

cs188_1cs188_2

リバーシブルエプロンについて、矢間さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
とてもしっかりした生地でした。フレンチブルドッグの間隔が広いので小物を作るよりも大きなもののほうが、フレンチブルドッグがたくさんみえて、フレンチブルドッグ好きな方にはアピールできると思いました。そのため大きなものがいいと思い、エプロンを思いつきました。また生地もしっかりしているので、長く使用できるのではないかと思いました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
普段使用しているエプロンの形を参考に型紙を起こしました。紐などの手間を省けるように、市販のテープを使って短時間で作成できるようにしました。
cs188_3

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
今回はリバーシブルだったので、全部のパーツを組み付けるところが一番のポイントでした。パーツをしっかりつけるために、紐部分はしつけ糸で仮止めして縫いました。
角などはアイロンをかけてから縫うと返す際にきれいに生地が返ります。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
だんだん冬になって寒くなってきましたので、リバーシブルにして暖かく着用できるようにしてみました。エプロンとしてだけでなく、部屋着としてスパッツとあわせても楽しめると思います。
おそろいのシュシュも作ってみましたので、ヘアにつけて全体のコーディネートが楽しめるようにしました。
cs188_6

KF:矢間さん、どうもありがとうございました!リバーシブルエプロンの作り方プロセスも矢間さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

続きを読む

入園入学グッズの作り方パンフレットができました!

来春の入園入学シーズンに向けて、初めてのハンドメイドに挑戦するママさんも多いのではないでしょうか? そんなハンドメイドビギナーさんに向けて、『入園入学グッズの作り方』を紹介するパンプレットができました! 手芸用品のクロバーさん、糸のフジックスさん、ミシンのブラザーさん、そして生地のコッカの4社が合同で企画したスペシャル版ですよ!
2016_nyuen_1

アイテムは、レッスンバッグ、上履き袋、お弁当袋、コップ袋の4点。
2016_nyuen_3

それぞれに使う布や糸、手芸副資材、必要なソーイング用品なども詳しく紹介しています。
2016_nyuen_22016_nyuen_4

ソーイングは初めてという方でもトライしやすいように、作り方手順もカラーで詳しく解説!
201612_nyuennyugaku_3201612_nyuennyugaku_2

手芸ショップなどで配布していますので、お近くのお店をのぞいてみてくださいね!