etocotoのブックカバー

サイズ:縦16cm、横29.5cm(広げた状態) 文庫本サイズ

イラストレーター、etoさんがデザインしたシリーズ、「etocoto」(エトコト)を使ったブックカバーです。作者は、9月に「おしゃれソーイングの丸底小物入れ」を制作してくれた、人気ブロガーのneige+さんこと、猪俣友紀さんです。花や小鳥をちりばめた小柄、「めでたばな」と、かんむり小鳥の大柄が印象的な「ひみつの花園」の2柄を使って、2パターン作ってくれました。

デザイン・製作:猪俣友紀(neige+)


使用した布:
ブルーのブックカバー etocoto ひみつの花園 JG36200-201 (B) 
茶色のブックカバー etocoto めでたばな JG36200-200 (D)


材料(1点分、指定以外は共通):
□生地 ブルーのブックカバー
   (表布A、裏布):50cm×20cm
   (表布B):30×20cm
   (表布C):30cm×10cm
    茶色のブックカバー
   (表布A、表布C):50cm×20cm
   (表布B、裏布):40cm×20cm
□接着芯:50cm×20cm
□テープ:幅2.1cmを20cm、幅0.5cmを30cm
□レース(ブルーのブックカバーのみ):幅0.5cmを40cm
□太穴ビーズ(ブルーのブックカバーのみ):直径1cmを1個
□レース(茶色のブックカバーのみ):幅1.5cmを20cm
□ボタン(茶色のブックカバーのみ)直径1.2cmを2個

boookcover1bookcover2

etocotoのブックカバーについて、猪俣さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
一目見たときにインパクトのある生地だったので、カバンの中に持ち歩きたい生地というイメージでした。自分が普段から本を持ち歩くのでブックカバーが一番と制作しました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
作り方をシンプルにすることで、短時間で仕上がるようにデザインしています。また、生地の柄を生かして、広げたときの印象もイメージしました。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
本を実際挟む部分は蛇腹に折りたたむ構造。ここがずれてしまうと全体のバランスが崩れてしまうので、“合印”(ノッチ)をいれて、正確に作ることが大切です。丁寧にしつけをしたり、待ち針で留めるなどして縫うことをおすすめします。

KF:実際に使うときのコーディネートアドバイスをお願いします。
お気に入りの本を常に入れて持ち歩くとそれだけで気分が上がります♪ インパクトのある生地で作ったブックカバーは、市販品とハンドメイドの見分けがつかないくらい上々な出来栄えになると思います。

KF:猪俣さん、どうもありがとうございました!etocotoのブックカバーの作り方プロセスも猪俣さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

ひみつの花園(ブルー)のブックカバー

hi_1
1. まず上下の生地をはぎあわせる。


hi_2
2. 中心に紐を取り付ける印をつけて仮縫いしておく。


hi_3
3. はぎあわせてからミシンステッチを入れる(2本入れることで強度が増す)。


hi_4
4. 本を挟む部分は合印に合わせて蛇腹折りし、クリップなどで留める。


hi_5
5. 内布に接着芯を貼り、本体に表あわせで合わせる。この時、しおりのテープや紐を一緒に縫いこまないように中心に寄せておく。角はこうして折りたたんでから、返し口となるジグザグミシン処理した場所から引っ張り出す。


hi_6
6.返し口となる部分からぐるりとミシンで縫い合わせる。


hi_7hi_7a
7. しおりの部分に補強の意味で色を変えてアクセントのミシンステッチを入れ完成!

作り方 めでたばな(茶色)のブックカバー
me_1
1. 図のようにはぎあわせ、レースを縫いつける。しおりになる部分、サイズ調節のテープを合印(ノッチ)に合わせて仮縫いしておく。

me_2
2. 蛇腹になる部分は合印(ノッチ)にあわせてアイロンで折り目をつけておく。


me_3
3. クリップなどを使って挟んでおく。待ち針でもOK。


me_4
4. 内布になる生地に接着芯を貼り、表あわせで3に合わせる。


me_5me_5_2
5. ちょうどロックorジグザグミシン(縁かがりミシン)をかけた返し口になる部分から縫い始め、ぐるりと端を縫い代で合わせる。


me_6
6. 角の部分はこうして折りたたんでから表に返すときれいに角が出る。


me_7
7.形を整え、しおりの部分に強度も含めてアクセントのミシンステッチを加えて完成。

製図はこちら
button_tt

コッカファブリックでは、引き続きこちらのCraft&Sewingのコーナーで作品を作ってくださる手作り作家さんを募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。


etocoto(エトコト)

暮らしをハッピーにする、小さなストーリー

今回、ご紹介するのは、イラストレーター、eto(エト)さんがデザインしたシリーズ、「etocoto」(エトコト)です。柄は全部で5柄。動物や植物モチーフがちりばめられた布は、柄やテーマに合わせてシーチングや綿麻キャンバスなど、素材もいろいろ。バラエティに富んでいます。
「女性の毎日の暮らしをちょっぴりハッピーに!がテーマです。明るく美しい配色、甘すぎない可愛らしさ、ちいさなひとたちの物語、の3つが感じられるように
こころがけています。それぞれの柄や布を触ってみて、何を作ろうか、ひらめいてくだされば嬉しいです」(etoさん)。

スイーツボーダー JG 36000-1 シーチング
eto_1_1

  • eto_1_2
  • eto_1_3
  • eto_1_4

まさに、ケーキの層を大きめのボーダーに見立てた柄です。いろんなケーキをイメージして配色。ショコラ×フランボワーズ、カスタード×苺、ピスタチオ×ショコラ、カフェオレ×ベリー…。美味しそうですよね!よく見ると、ちいさいひと、ドアやカギなども隠れています。写真のように、女の子のワンピースが絶対可愛い!

続きを読む


Inspiration file25
ハロウィンのミニチュアドールハウス

in_25_2

10月半ば。もうすぐハロウィンがやってきます。
お菓子屋さんも、お花屋さんも、店頭ディスプレイはハロウィン一色です。
オレンジや黒のモールが飾られ、キャンディやチョコレートも、またたく間にハロウィンパッケージに早変わり。あちこちに鎮座したお化けカボチャも、目が合うとイヒヒと笑って、こちらを見つめています。

ハンドメイドの世界でも、ハロウィンはクリスマスと並んだ一大イベント。
写真は、ドールハウス作家の丹羽明代さんのミニチュアドールハウス「Halloween Witch」です。
「ドールハウスをキットのかたちにして、多くの人たちに楽しんでもらいたいー」。そんな思いで制作を続ける丹羽さんは、季節に合わせたキットをデザインし、ワークショップを続けています。

「『Halloween Witch』は、ハロウィンの魔女の仮装をすることを心待ちにしている女の子の部屋をイメージしました。可愛い魔女に憧れて、お化粧をしたり、ハロウィンのお菓子を楽しんだりしている様子を表現しています」(丹羽さん)

壁にかかったストライプのジャケットと水玉模様のパンツの衣装は、デザインも制作も丹羽さんオリジナル。黒いステッチが入ったオレンジの布がアクセントです。
「独身の頃の私の趣味は洋裁でした。母が幼い頃から私の服を作ってくれて、それを見て洋裁を覚えました。中学、高校、大学、OL時代、自分の服はほとんど手作りしていました。そんな経験がミニチュアドールハウスで役立っています。ただ、小さすぎるので、ミシンではなく、ボンドで作っていますけど(笑)」(丹羽さん)

アイデアの思いつくままに、デザイン違いの衣装を作ったら、プチ仮装パーティーの始まり、始まり〜!小さな衣装にキャンディをいっぱいつめて、「trick or treat」の子どもたちへ、ハイ、どうぞ。

ドールハウス作家の丹羽明代さんのサイトはこちら。
http://www.chikusa-rooms.com/spica/


file 003 
森香菜さん(cocca クリエイティブディレクター)

coccaが求めているもの、つながりたい世界とは?

東京・代官山にあるcocca(コッカ)は、ファブリックメーカーであるコッカ(KOKKA)が、プロデュースしているショップです。今回、お話を伺った森香菜さんは、coccaのクリエイティブディレクター。2006年にショップをオープンした当時から、ずっとcoccaを率いてきました。第3回 コッカプリントテキスタイル賞『inspiration』では、審査員もつとめています。

cocca1

(コッカファブリックドットコム 以下、KF)森さんがcoccaに携わるきっかけは何だったのでしょうか?

高校を卒業して、しばらくフランスに滞在していました。その後、日本に戻り、雑誌の編集やライターの仕事をしていたんです。もっとモノに関わる仕事がしたいなあと思い始めていた頃に、ちょうどcoccaがオープンすることを知り、こちらで働くことになったんです。今までの経験から、最初はプレスのような仕事をしていました。

続きを読む


カルトナージュのレターホルダーボード・ペルメル

サイズ:縦32cm、横45cm、厚さ1.5cm

フジヨシブラザーズのビビッドな生地を使った、レターホルダーボードを紹介。カルトナージュの世界では「ペルメル」と呼ばれる人気のアイテムです。作ってくれたのは、8月に「ベア柄のドロワー型カルトナージュボックス」を作ってくれた、happiness boxの杉山みほこさんです。

デザイン・製作:杉山みほこ(happiness box


使用した布:
Fujiyoshi Brother’s TEXTILE film JG35000-3 (C)


材料:
□生地(A表布):50cm×40cm
   (B表布):50cm×70cm
□厚紙(A土台):A2サイズ、厚さ1mmを1枚
   (B土台):A1サイズ、厚さ1.5mmを1枚
□キルト芯:50cm×90cm
□リボン:幅1cmを2.7m
□割りピン:直径0.8cmを5本、直径0.5cmを2本
□三角吊金具:2個

cs26_pele-mele

ペルメルについて、杉山さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
まぶしいくらいに色鮮やかだと思いました。普段あまり使ったことのない色だったので、どんな風に仕上がるのか生地を見た時点では正直、想像できませんでした。でも、その色とかわいい柄をそのまま生かしたいと思いました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
カルトナージュでは、よく作られるペルメルという作品です。リボンの部分にメモや郵便物を挟んで実用的に使ったり、写真などのディスプレイとしても使うものです。今回は、生地の鮮やかさに負けない鮮やかな色を合わせました。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
キルト綿(芯)を生地で包むように作るのですが、その時の生地の張り具合に気をつけていただきたいです。ゆるいと生地がたるんでしまいますし、きついと綿が潰れふんわり感がなくなってしまいます。

KF:実際に使うときのコーディネートアドバイスをお願いします。
壁掛けするように金具を付けていますが、棚などの上に置いて立て掛けて使うのもいいと思います。実用としてたくさん紙ものを挟むこともこともできますが、せっかくの生地の柄が見えなくなってしまうので、柄も生かしながら、実用できるインテリアとして楽しんでいただけたらと思います。

KF:杉山さん、どうもありがとうございました!作り方プロセスも、杉山さんに撮影していただきましたので、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

準備するもの
02
必要な布と材料を用意する。

準備

01
厚紙の角を切る。1㎜の厚紙は、角からそれぞれ50㎜、1.5㎜の厚紙2枚は、角から52㎜

作り方 キルト芯の準備
05
1. 1㎜の厚紙の裏に、完成時のリボンの取付け位置を書いておく。

06
2. その表に両面テープを貼る。キルト芯を軽く固定するためのものなので、適当に2か所くらい。

07
3. 3枚重ねたキルト芯を貼る。

08
4. 厚紙からはみ出したキルト芯を切り落とす。

09
5. キルト芯の下に生地を重ねる

のりしろをつける
10
1. 厚紙にボンドを塗る。この時、キルト芯や厚紙の切り口にボンドをつけないように注意。

1112
2.長い辺から順番に一辺ずつ貼って、四辺を貼る。

1314
残りの角の短い辺を貼る前に、布の重なり部分を切り落とす。

1516
4のりしろを貼る。4つの角で同じことを繰り返し、全てののりしろを貼る。

リボンをつける
17
1. 表にリボンを渡し、裏側をボンドで貼る。

18
2. 貼り付けたリボンを水張りテープで補強しておく。

リボンを割ピンで留める
19
1. リボンがクロスした所に目打ちで穴を開ける。

2019
2. 開けた穴に、割ピンを差し込む。

2122
3. 裏で割ピンの足を割る。表のキルト芯が潰れて、周りがふっくらした状態でOK。

23
4.  割ピンの割った足の上に水貼りテープを貼る。

24
5.ここまでの裏側の状態。

25
6. 表の部分はこれで、完成。

土台を作る
26
1. 1.5㎜の厚紙にボンドを塗り、無地の生地を貼る。

27
2. 角ののりしろを15mmほどに切り落とし、角の部分の生地の重なりを切り落とす。

2829
3. 一辺ずつのりしろを貼っていき、全てののりしろを貼る。1.5㎜の厚紙2枚とも同じようにする。

吊り下げ金具を取りつける
30
1. 「土台を作る」の厚紙1.5㎜の内、1枚を裏側用にする。金具をつける位置に穴を開ける。上下、左右80㎜の位置

31
2.  開けた穴に、金具を置き、割ピンを指す。

32
3. 裏で割ピンの足を割る。

33
4. 割ったピンの足の上に水張りテープを貼る。

34
5. 1.5㎜の厚紙を裏同士を貼り合わせる。

土台と本体と貼り合わせる

35
本体裏にボンドを塗り、土台の金具のついていない方に、貼りつけて完成。

製図はこちら
button_tt

コッカファブリックでは、引き続きこちらのCraft&Sewingのコーナーで作品を作ってくださる手作り作家さんを募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。