bookmark_borderキャンディポシェット

サイズ:縦15cm、横(全体)40cm、(袋部分)21cm

女の子の大好きをつめ込んだドリーミーな生地、「ぷらんぷちぃくす」の天使柄〜Tabris〜で作った、キャンディ型のポシェットです。制作してくれたのは、こちらのコーナーでおなじみの斉藤真澄さん。ピンク、白、水色と、パステルカラーの3配色をぜんぶ使い、グリーンと黄色のポンポンブレードをあしらって、ポップに仕上げてくれました。

デザイン・製作:斉藤真澄(sinafuku*)


使用した布:
 plump cheeks H3048-2 (A), (B), (C)


材料:
□生地
(表布A):110cm×20cm
(表布B、タブ):110cm×20cm
(表布C、肩ひも,タブ):110cm×30cm
(裏布): 30×50㎝
□キルト芯:50cm×40cm
□ファスナー:長さ23cmを1本
□ポンポンブレード:直径1.5cmのポンポンつきを2色各40cm
□角カン:内径2.5cmを2個
□移動カン:内径2.5cmを1個

candy_pochette

キャンディポシェットについて、斉藤さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
パステルカラーの可愛い柄をみた瞬間「外国のキャンディの包み紙みたい〜」と思ったので、イメージ通りキャンディの形にしてみました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
中央のキャンディ部分をふっくらさせたい、でも包み紙のキュッと絞った感じも出したい・・・。そこで、中央部分だけにキルト芯を挟み込んでみました。内袋をつけることで、見た目の可愛さだけじゃなく、きちんとバッグとして機能できるようにもしました。肩ひもも移動カンをつけることで長さを調節できるようにしました。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
ファスナーつけはちょっと難しい・・と感じる方は、本体と内袋を縫い合わせる際にリボンなどを挟み込んでもいいかもしれませんね!包み紙の絞り部分は、糸で絞ったままの状態になっていますが、こちらはお好みでリボンなどをつけてもらえればと思います。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
女の子の特権ともいえるほどキュートな形と配色のポシェットなので、レースのついたスカートなどガーリーファッションと合わせてもらえたらいいかなと思います。

KF:斉藤さん、どうもありがとうございました! キャンディポシェットの作り方プロセスも斉藤さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

キャンディポシェットの作り方

材料を用意する
cp1

角カン用のタブを作る
1.
cp10_1cp10_2
5cm幅の中央に向かって両端を折り、2枚を外表で重ね、端から2mm内側を縫う。

2.
cp10_3
角カンをタブに通した状態。

内袋を作る
3.
cp11_1
中表になるようにファスナーをつける。

4.
cp11_2
縦方向に半分に折り両端を縫う。

本体を作る
5.
cp2_2
表布を3色つなぎ合わせて1枚布にする。

6.
cp3_1cp3_2
表布裏の中央にキルト芯を乗せ、両端から2mm内側を縫う。

7.
cp4
ポンポンブレードをつける。

8.
cp5
2で作ったタブに角カンを通し、表布(表)端から2cmのところに仮どめする。

9.
cp6
表に返した状態。

10.
cp7_1cp7_2cp7_3
縫い残してある口部分から内袋を外表に入れ、ファスナーつけ位置をまつる。

11.
cp8_1cp8_2
内袋よりも外側をざっくりとぐし縫いし、糸を引き絞り、縮めた場所を2〜3回、糸で巻き、縫いとめる。

肩紐を作る
12.
cp12
10cm幅の中央に向かって両端を折り、さらに半分に折り両端を2mmで縫う。角カン、移動カンをつける。

裁ち方図と作り方はこちら
button_tt

コッカファブリックでは、引き続きこちらのCraft&Sewingのコーナーで作品を作ってくださる手作り作家さんを募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。

bookmark_borderぷらんぷちぃくす (Plump Cheeks)

楽しさがふくらむ! 知的でカワイイシリーズ

「ぷらんぷちぃくす」はハンドメイド作家のneonジューンさんが中心となって、さまざまな人達とカワイイ生地を提案しているブランドです。Plump Cheeksとは、ふくらんだほっぺという意味。知識がふくらむ! 想像力がふくらむ! 楽しさがふくらむ! をコンセプトにした知的でカワイイシリーズ。今回、ご紹介するのは、原宿ファッション日本代表の「カワイイ大使」にも任命された、タレントの木村優さんがデザインした生地です。

チョコレート柄〜Chocolate in Paris again〜 H3048-1 シーチング
pc1_1

  • pc1_2
  • pc1_3
  • pc1_4

エッフェル塔にチョコレートシロップがかかった、スイートなのに気品のあるロマンティックなデザインです。トートバッグやワンピースなどのカジュアルな使い方から、ロリータ服やリボンカチューシャなどの凝ったアイテムまで幅広く楽しめます。

『ぷらんぷちぃくす (Plump Cheeks)』の続きを読む

bookmark_borderInspiration file30
かぎ針編みのプチケーキ 

in_30

直径2cm足らずの小さなケーキは、編み物作家、with ink.のイトウスミさんの作品です。

「日常をちょっと幸せにするかわいいもの」。
そんなコンセプトで作品を生み出しているイトウさん。かわいさがぎゅっとつまった小さな世界を、糸一本でここまで表現できるなんて素敵ですね。

写真のいちごとブルーベリーのケーキは、土台部分は同じ編み図。20番のレース糸をかぎ針0号で編んでいます。
金具をつけてストラップにしたり、バッグチャームにしたり、使い方はいろいろです。長いチェーンをつけたら、ネックレスのペンダントヘッドにもなります。携帯ストラップをつけられないスマホ利用者の間では、イヤホンジャックのアクセサリーとして楽しんでいる人もいるようですよ。

「11月中旬にフランスの手芸雑誌「marie claire idees』が主催する手芸見本市、サボワール・フェールに参加しました。友人のブースに少しだけ作品を展示させていただきました」(イトウさん)

パリで開催された見本市は、一般のお客様も作品を購入したり、ワークショップに参加できたりする、楽しい手芸の祭典です。フランス中から手芸好きが集まる会場は、熱気ムンムン。たくさんの手芸品が並ぶ会場で、日本人ならではの繊細さで可愛く仕立てたイトウさんのニット小物に、パリのマダムもびっくり。あれこれと質問が飛び交う場面もあったそう。

海を越えて、パリのマダムたちにも、小さな幸せをおすそわけ–。
イトウさんのブログには、そのときの様子が詳しく綴られています。

イトウスミさんのブログ「手作り大好き ひとりごと」はこちら
http://plaza.rakuten.co.jp/withink/

bookmark_borderミッキーのあずま袋

サイズ:縦20cm、横40cm 

もともとは風呂敷を縫い合わせて袋状にしたことから始まったあずま(あづま)袋。長方形の布を直線で縫うだけのかんたんバッグです。ちょぴり懐かしい形が、ビンテージのミッキーにマッチしていますね。作ってくれたのは、ソーイング大好きママの林恭子さんです。

デザイン・製作:林恭子


使用した布: G7008-1 (A)、(B)


材料:
□生地(表布A、裏布A):60cm×30cm
   (表布B、裏布B):60cm×60cm

azumabukuro
disney._h25jpg
ミッキーのあずま袋について、林さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
薄手のシーチングなので初心者でも扱いやすく、作業がスムーズでした。薄手なので表地と裏地を同じ生地で作っても厚くならずに縫いやすく軽く仕上がります。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
昔から使われている普遍的なデザインをカジュアルに使いこなせるよう、可愛い柄生地を選びました。一枚で作ると端処理など面倒な部分を裏地付きにすることで省きました。縫い代の重なりを最小限に押さえるよう縫い方や縫い代の倒し方向を考えました。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
生地をバイアスに使うので思った通りに柄が出ないことがあります。縫う前にカットした布を出来上がりにピンで留めてみると形になった時の柄の出かたが見えるので失敗しないと思います。その縫い合わせる場所をマスキングテープやシールなどでマークすると間違いが減りますよ。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
基本は正方形なのでサイズを変えればお弁当袋にもなるし、大きくすればショッピングバッグにもなります。また表と裏の柄を変えてリバーシブルのデザインにもなるので、いろいろなアレンジで自分好みの袋を作ってください!

KF:林さん、どうもありがとうございました! 作り方プロセスも林さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

ミッキーのあずま袋の作り方

1.

DSCN0264
型紙を置いて、布を裁ちます。使いたい柄の場所に型紙を置いてみると間違いがないですよ。

2.
DSCN0265
裁断の後、縫う箇所を予めマステやシールなのでマークしておくと間違いが起きにくいです。

3.
DSCN0267DSCN0268
▲(AとB)を縫う。Aの端を1cm縫わない。端を縫わないよう、折り線を付けたりペンで書くといいです。

4.
DSCN0269
縫い代を外側へ倒す。
表から見て外側へアイロンを滑 らせるように掛けるとキレイに倒れます。BとBをはいだ所(画面右下)は最終的に底側に倒します。

5.
DSCN0271
表袋と裏袋を中表に合わせたところ。BとBをはいだ所(画面左側)は最終的に底側に倒します。

6.
DSCN0274DSCN0275
返し口を6cm残し、周囲を1cmで縫う。縫った後、返し口を爪でしごくとひっくり返した後返し口がキレイで縫いやすい。

7.
DSCN0276DSCN0278DSCN0279
V字部分に切り込みを入れる。縫い代がたくさん重なっていますが、表地と裏地の一枚ずつを切るようにする。

8.
DSCN0272DSCN0273
返し口から表へひっくり返す。返すときに縫い代を折って重ねてから返すと角がキレイに出る。

8.
DSCN0280
できあがりです!

裁ち方図と作り方はこちら
button_tt

コッカファブリックでは、引き続きこちらのCraft&Sewingのコーナーで作品を作ってくださる手作り作家さんを募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。