#トートバッグの作り方

くしゅくしゅ持ち手のトートバッグ

サイズ:縦23㎝、横(入れ口)39cm、(底)25㎝ まち14㎝

ヘルシンキ在住のERI SHIMATSUKAさんのテキスタイル、「PIKKU SAARI」で作ったトートバッグです。シンプルなバッグに、くしゅくしゅとした持ち手がアクセント。作ってくれたのは「花々楽しい日」のブログが人気の中山佳苗さんです。

デザイン・製作:中山佳苗


使用した布: PIKKU SAARI JG50410-1 (A)


材料:
□生地(本体表布・ポケット表布):100cm×40cm
   (本体裏布):90cm×40cm
   (持ち手表布・ポケット裏布):40cm×50cm
   (持ち手裏布):20cm×50cm
□接着キルト芯:90cm×40cm
□刺し子糸

cs127_1

くしゅくしゅ持ち手のトートバッグについて、中山さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
展示会で一目惚れしました。北欧らしさ満開の楽しいデザインなので、布の切り替えなどをせずに、この布をたくさん見てもらえるような作品にしようと思いました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
バッグ自体はシンプルなトートバッグにして、持ち手で遊びました。
濃いピンク色と裏側からチラチラ見える黄緑色は、メインの布と(色が)リンクしています。
内ポケットにもメインの布の上から内側の濃いピンク色がチラッと見えるようにしてみました。
cs127_3

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
シンプルなので作りやすいと思います。
持ち手の縫い縮めは根気がいるかもしれませんがとても簡単です。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
マチが14cmもあるので物がたくさん入ります。
持ち手はギリギリ肩にもかけられる長さになっています。
ちょっと大きなアクセサリー感覚で持つといいかもしれません。

KF:中山さん、どうもありがとうございました!作り方プロセスも中山さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

続きを読む

A4対応、外ポケット付き。フクロウバッグ

cs115_fukuroubag1cs115_fukuroubag2

サイズ::縦35.5cm 横(⼝側)30cm まち12cm

デンマークのデザイナー、リサ・グルーさんのテキスタイル、「スカンジナビアンダイアリー」のOwls(フクロウ)柄を使ったバッグです。北欧テイストあふれる個性的な柄を生かしてスタイリッシュなバッグを作ってくれたのは、ハンドメイド作家で人気ブロガーの中山佳苗さん。バッグの前と後ろでフクロウの柄を変えて、両方楽しめるように柄取りしてくれました。

デザイン・製作:中山佳苗


使用した布: Lisa Grue JG50300-301(D)


材料:
□⽣地(側⾯・まち):80cm×130cm
(ポケット・持ち⼿):110cm 幅×40cm
□接着キルト芯:60cm×80cm
□バッグ⽤底板:35×15cm
□スナップ:直径1cm を2組

フクロウバッグについて、中山さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
「これぞ北欧!」とも思える個性的な絵柄に心が躍りました。
どの部分をどのように見せるか? と考えたとき、「両面ともインパクトがあるバッグにしよう!」と思いました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
物がたくさん入るようにマチをたっぷり取りました。そして、入口部分につけたスナップを留めることでバッグが台形になり、とてもスタイリッシュな形になるようなデザインにしました。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
脇マチの底の部分だけを先に縫うことによって、両サイドバランスよくきれいにマチが縫いつけられると思います。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
絵柄の部分は両サイドともポケットになっています。しかもとても深いので中のものが落ちる心配も少ないです。A4サイズのものも余裕で入りますので、書類を入れると折れなくていいです。PTA関係やお仕事の時にいかがでしょうか?
cs115_fukurobag3

KF:中山さん、どうもありがとうございました! フクロウバッグの作り方プロセスも中山さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

続きを読む

かご柄×いちご柄の巾着ピクニックバッグの作り方

コッカファブリック かご柄のバッグ

リアルなかご柄を使ったピクニックバッグです。一瞬、本物のかごバッグに見えませんか? より ”かご”っぽく見えるように、持ち手にカシメをつけてみました。巾着タイプのふたは、荷物をたくさん入れてもふたができるのでとっても便利。

内側にはイチゴ柄を使って、かごの中にイチゴがあふれている感じを表現しました。さらに、巾着のひもにもイチゴ柄を切リ抜いて作ったイチゴをつけて、ピクニックの楽しさも演出。イチゴモチーフをバッグの外ポケットにこっそり忍ばせると、ほんとにかごからイチゴが出てきたみたいで、思わずにんまり。

今回使ったキャンバスは、硬すぎず、やわらかすぎず、縫いやすい厚さの生地ですが、2枚重なると少し厚みが出るので、底ダーツは内側バッグと外側バッグで倒す方向を変えましょう。本物のかごバッグとは違い、洗えるから安心。小さなお子さまのいる方にはマザーバッグとしても重宝しそう。ふたつきだから、中身が見えにくいのもうれしいですね。

材料
□ 生地:
 【表布】キャンバス 110cm幅×70cm
 【裏布】綿麻キャンバス110cm幅×110cm
□ 巾着用ひも(太) 100cm×2本
□ カシメ(8mm幅)8個
□ わた(イチゴ用)少量


使用した布:
【表布】Candy Party キャラメルクランチ トリックバスケット H3020 (1A)
【裏布】ueda college collection×KOKKA ICHIGO TO ARI H1620-20 (A)

裁ち方図と作り方はこちら
button_tt