ワンハンドルラウンドバッグ

サイズ:縦20cm 底の直径15cm

なんとも可愛らしい丸底のワンハンドルバッグです。使った布はTOY FABRICSシリーズ。表は動物たちの群れ、裏は足跡など動物たちが移動した後が描かれたリバーシブル生地です。ちょっとそこまでのお出かけにぴったりの小ぶりのバッグ。きれいな色合いは収納アイテムとしてお部屋に置いても素敵です。

デザイン・製作:杉野未央子


使用した布:
 EVX71000-3B


材料:
□生地 110cm幅×50cm

cs248_onehandlebag
*作品写真の無断転載はご遠慮ください。

ワンハンドルラウンドバッグについて、杉野さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
可愛さとオシャレさを併せ持った、動物のイラストがまず魅力的です。
柄の線がオレンジの側と、地色がオレンジの側とのリバーシブルになっているので、合わせやすくて使いやすいと思いました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
布がしっかりしているので、芯を使わなくても、きっちり自立します。
バッグとして使っても良いし、小物を入れてお部屋に飾る収納をしても素敵だと思います。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
丸い形は苦手に思う方も多いのですが、実際に縫ってみると、四角で角を作るよりも円の方が楽だったりします。ちょっと面倒でも、しつけをしてから縫うと安心ですよ。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
口辺にホックをつけたり、巾着をを付けるのもおすすめです。
カジュアルなので、スポーティな装いの時に持っていただきたいです。

KF:杉野さん、どうもありがとうございました!ワンハンドルラウンドバッグの作り方プロセスも杉野さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

ワンハンドルラウンドバッグの作り方

材料
cs248_p0JPG
生地をカットする。

1.
cs248_p1
外布(上)と(下)をはぎ合わせて縫い代を割り、アイロンをかける。

2.
cs248_p2
外布を中表で半分に折り、縦の辺を縫う(内布も同様に)。

3.
cs248_p3
外布と底布(外)を中表で合わせて縫う。均等に4か所、印をつけて合わせるとやりやすい。内布・底布(内)も同様に。

4.
cs248_p4
縫い代に切り込みを入れる。

5.
cs248_p5
外・内袋の口辺の縫い代1cmを折る。

6.
cs248_p6
ハンドル布を四つ折りにして両端を縫う。

7.
cs248_p7
外袋・内袋を外表で重ね合わせてハンドルを前中心、後ろ中心にはさみ、ぐるりと縫う。

裁ち方図と作り方はこちら
button_tt

コッカファブリックでは、引き続きこちらのCraft&Sewingのコーナーで作品を作ってくださる手作り作家さんを募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>