ボストンバッグ

サイズ:横(口側)65cm (底)51cm まち14cm

小旅行やジム通いにぴったりなボストンバッグです。使った布は「In the FOREST」シリーズのユニコーン柄。シックな黒にイエローがアクセントになった柄に合わせて、持ち手をゴールドにして大人カッコいい仕上がりに。軽くてたためるオックス生地なので、使わないときにはたためるのも便利です。

デザイン・製作:あんりこ


使用した布:
 (表布・ポケット)LG16060-1D


材料:
□生地(表布・ポケット):110cm幅×1m
(裏布):67cm×1m
□両開きファスナー:60cmを1本
□両折りバイアステープ:幅2㎝を1.5m
□テープ:幅2.5cmを2m66cm
□アクリルテープ:幅2.5cmを24cm
□丸カン:内径2.5cmを2個
□ナスカン:内径2.5cmを2個

CS269_botonbag_2CS269_botonbag_1
*作品写真の無断転載はご遠慮ください。

ボストンバッグについて、あんりこさんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
ユニコーンの他に、いろんな動物が楽しそうに!個人的にも動物モチーフは大好きでして、どの動物たちも余さず使える大きなボストンバッグにしてみました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
オックスなので大きさを出すとふにゃふにゃなのですが、それは大きくても軽い・潰れるという利点があり、中身が詰まっていなくても様になる工夫をしています。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
面積が広いだけでそれほど難しい工程はないのですが、持ち手やタブといったテープの個所は厚みがあります、必ず太い針を使ってください。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
黒×ゴールドで大人ポップな雰囲気を目指しました。お盆休みのご旅行に、デイリーにジムバッグとして、、活躍の場面は多いかと思います。この持ち手でも肩に掛けられる長さはありますが、ナスカンを外した丸カンに付け替え、ショルダーベルトをつける事も可能です。

KF:あんりこさん、どうもありがとうございました!ボストンバッグの作り方プロセスもあんりこさんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

ボストンバッグの作り方

1.
CS269_botonbag_p1
内ポケットはパッチポケットですが、表は挟める所は挟んでしまう、綺麗に手間なしな作り方をしています。底のマチに物が潜り込まないように、途中にステッチを忘れずに入れてください。

2.
CS269_botonbag_p2
大型のバッグでファスナーの距離も長いため、ここでは表地・内布・ファスナーを一気に縫ってしまう方法をとっています。内布にサテンを使っており、万が一ファスナーが噛むとやっかいなのでステッチを入れましたが、お好みでかまいません。

3.
CS269_botonbag_p3
脇を縫ってパイピングした後は、ナスカンを通したタブを挟みながらマチを縫います。ゆっくりミシンを動かし、ミシンの馬力によっては手回しで、針を折らないように気を付けてください。

4.
CS269_botonbag_p4
脇と同様、マチもパイピングで始末します。パイピングをすると強度も上がりますがハリも出て、ご面倒でも特に大きなバッグには有効ですよ!

5.
CS269_botonbag_p5
ファスナーの横にもタブでカンをつけ、ナスカンに引っかけたら完成です。ここでは丸カンを使っていますが、Dカンでもかまいません。

裁ち方図と作り方はこちら
button_tt

コッカファブリックでは、引き続きこちらのCraft&Sewingのコーナーで作品を作ってくださる手作り作家さんを募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>