コーデ次第で秋も活躍!キャミソールワンピースの作り方

*作品写真の無断転載はご遠慮ください。

echinoの綿麻シーチング、「bublle」で作ったキャミソールワンピースです。夏はTシャツ、秋はニットにブーツなど、季節に合わせてインナーやボトムを変えていけば、1年を通して活躍する1枚になります!

デザイン・製作:あんりこ


使用した布:echino EKX-97040-41E


材料:
□生地:110cm幅×2.6m
□接着芯:4cm×4cm


サイズ:丈約110cm

キャミソールワンピースについて、あんりこさんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
ランダムドットのようですが、遠目に見ると大きなブロックが見えてくる模様…たっぷりフレアとサイド下がりのシルエットで目立たせてみました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
綿麻シーチングと、季節をあまり問わない生地でしたので、合わせるアイテム次第で季節の長いキャミワンピに。肩紐が長く、大きく開いた襟や袖ぐりは、中に着るものを合わせやすくもしています。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
バイアステープ始末がたくさんあるので、苦手でしたら表から片側をミシンで縫い、裏は手でかがったりしつけをしたりしてみてください。また、慣れていらっしゃる方は、センターを輪で裁ち、深Vを始末していただいてもOKです。

KF:コーディネートアドバイスをお願いします!
写真ではワイドのニットパンツを合わせていますが、レイヤードにしなくても、マキシスカートやレギンスと合わせていただいても可愛いと思います。秋になりましたら、中をニットに、タイツにブーツにと変えて着ていただけます。

KF:あんりこさん、どうもありがとうございました!キャミソールワンピースの作り方プロセスもあんりこさんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。


キャミソールワンピースの作り方

1.

こちらは脇から作り、後でセンターをつなげます。まずはバイアステープを7mmで折り、スリットの開き止まりに芯をはります。そして脇にロックミシンをかけたら、前後を縫い合わせ、スリットを作ります。

2.

アームホールの角度はそれほどきつくありませんので、脇下でゴロゴロしないためにも、前後つなげてバイアステープ始末をしています。

3.

肩紐で襟ぐりも一緒に始末していきます。ミシンで仕上げる場合、ここではこのようにまずは裏からがよろしいかと思います。この後、表から襟ぐりにステッチをかけながら、続けて肩紐部分も仕上げていきます。

4.

肩紐ができましたら、センターにロックミシンをかけ、縫い合わせます。この時、端と同時に、バイアステープと身頃の境目もしっかり合わせると綺麗に見えます。

5.

裾を三つ折りで縫ったら完成です。裾は大きなフレアは縫うのが難しいこともサイド下がりにした理由の一つなのですが、お好みで、フレア分だけ脇に向けてカーブをつけていただいてももちろんOKです。

◎裁ち方図とソーイングレシピ

◎PDFでもダウンロードできます
button_tt

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA