ファスナー付き。たためるサブバッグの作り方

cs305_1_0092
*作品写真の無断転載はご遠慮ください。

サイズ:縦約33cm 底の長径30cm 短径20cm

お財布やスマホだけ持ってお出かけしたいときや、荷物が増えそうなときに便利なのがファスナーつきのこぶりのバッグ。使った布はechinoの刺繍布。軽くてやわらかなコットンリネンのシーリングは、サブバッグとしてたたんで持ち歩けるので便利です。持ち手に使ったグレーの無地もechino。刺繍と同色の糸でステッチを入れました。

デザイン・製作:くぼでらようこ


使用した布:
(表布)echino ~flag~(EKX-91010-10c)
(裏布・持ち手・内ポケット・ファスナー端布)echino(JG-95410-10K)


材料:
□生地(表布):97cm幅×70cm
   (裏布・持ち手・内ポケット・ファスナー端布):105cm×90cm
□中厚手接着芯:95cm×60cm
□フラットニットファスナー:長さ32cmを1本
□丸カン:直径1cmを1個
□グログランリボン:幅0.7cmを45cm

cs305_2_0080cs305_3_0083
*作品写真の無断転載はご遠慮ください。

ファスナーサブバッグについて、くぼでらさんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
鳥がフラッグを運んでいるような柄の生地で、お洋服にも使える軽やかさがあります。生地の印象を変えないように接着芯は中厚地を使用しました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
たためるサブバッグとして使えるようにフラットニットファスナーを使い、軽いバッグにしました。荷物をたくさん入れても手が痛くならないように持ち手を太めにデザインしました。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
柄に向きがあります。一方向断ちをお勧めします。ファスナーの両端につけた布は、返し口から表に返したときに目打ちで整えると綺麗に仕上がります。
持ち手の長さはお好みで、肩にかけられるようにショルダーにしたい方は少し長めに裁断されることをお勧めします。

KF:実際に使うときのアドバイスをお願いします!
主役のバッグというよりは重宝する脇役のバッグとしておすすめ。電車の棚に乗せても袋口がファスナーなので安心です。一つあると便利なバッグです。ぜひ作ってみてください。

KF:くぼでらさん、どうもありがとうございました!ファスナーサブバッグの作り方プロセスもくぼでらさんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。


◎ファスナーサブバッグの作り方

1.
cs305_p1_0024
表布、内布、接着芯を裁断し、ファスナーを32cmに調整する。

2.
cs305_p2_0026
ファスナーの両端に端布を縫いつける。

3.
cs305_p3_0031
表布、内布のタックをたたみ仮止めする。

4.
cs305_p4_0032
持ち手を縫いつける。

5.
cs305_p5_0033
口布と側面を縫い合わせる。

6.
cs305_p6_0034
側面側に縫い代を倒しステッチを入れる。

7.
cs305_p7_0038
内ポケットを作る。

8.
cs305_p8_0039
内ポケットを口布に仮止めする。

9.
cs305_p9_0040
内布の口布と側面を縫い合わせる。

10.
cs305_p10__0041
ファスナーを表布に仮止めする。

11.
cs305_p11_0042
内布を中表に合わせ、ファスナー口を縫う。

12.
cs305_p12_0047
ファスナーがつきました。

13.
cs305_p13_0055
脇を縫う(返し口あり)。

14.
cs305_p14_0056
表布、内布とも底を縫う。

15.
cs305_p15_0094
底がつきました。ファスナーの引き手にグログランリボンを飾り付け完成。

◎裁ち方図とソーイングレシピ
CS305_fastenersubbag_fnl1_1754px_rightCS305_fastenersubbag_fnl2_1754px_right

PDFでもダウンロードできます

button_tt

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA