くろくんのレッスンバッグ

サイズ:縦35cm 横45cm

大ベストセラー絵本「くれよんのくろくん」の乗り物柄を使ったレッスンバッグです。作ってくれたのは、ハンドメイド作家の田巻由衣さん。1枚にいろいろなイラストが入っている柄を生かして、前、後ろ、内側、ポケットと、それぞれ違ったイラストが見えるように工夫してくれました!

デザイン・製作:田巻由衣


使用した布:
 くれよんのくろくん JG47000-1


材料:
□生地(側面A・ポケット):110cm×100cm
   (側面B):100cm×40cm
□テープ:3cm幅を80cm

tamaki201412-1copyright

「くろくんのレッスンバッグ」について、田巻さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
絵本を眺めているような楽しい柄なので、入園入学のお子様も喜びそうです。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
たくさんの柄を楽しめるように、前、後、内側、ポケット、と すべて違う絵の部分を使いました。持ち手の端も中に隠し、絵柄がめいっぱい見える作りです。
tamaki201412-2

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
直線なので簡単です。返し口をきれいにまつれば、リバーシブルで使えます。丈夫で長く使えるように、中に隠した持ち手の端も、表からしっかりステッチをかけておきましょう。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
幼稚園や学校の指定サイズは30×40cmのところもありますが、お道具箱が入らない場合もあるようですので、こちらの仕上がりサイズは少し大きめの35×45cmにしました。たくさん入って便利に使えると思います。
KF:田巻さん、どうもありがとうございました!「くろくんのレッスンバッグ」の作り方プロセスも田巻さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

「くろくんのレッスンバッグ」の作り方

1.
tamaki201412-3
材料をカットします。

2.
tamaki201412-4
半分に折ったポケットの布を、返し口を残し一周縫います。

3.
tamaki201412-5
表に返したポケット布をアイロンで整え、裏布に縫いつけます。

4.
tamaki201412-6
本体内側を作ります。裏布どうしを中表に合わせ、入れ口と返し口を残して縫い合わせます。

5.
tamaki201412-7
持ち手を仮止めします。3cm布からはみ出すようにして、中心から6cmの位置に持ち手を仮縫いします。

6.
tamaki201412-8
本体外側を作ります。表布どうしを中表に合わせ、入れ口以外の辺を縫い合わせます。

7.
tamaki201412-9
本体外側と内側を中表に合わせ、入れ口側を一周縫い合わせ、裏布の返し口から表に返します。返し口をコの字閉じし、形を整えます

8.
tamaki201412-10
写真のように持ち手部分の補強をしながら、一周ステッチして完成です。

裁ち方図と作り方はこちら
button_tt

コッカファブリックでは、引き続きこちらのCraft&Sewingのコーナーで作品を作ってくださる手作り作家さんを募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>