ダイナソーのリバーシブル・レッスンバッグ

サイズ:縦30cm、横43cm、まち3cm

愛らしい恐竜柄で、入園入学グッズにぴったりのレッスンバッグです。作ってくれたのは、dendensiiiというブログで、身近な手作りをたくさん発表している佐藤晴代さん。恐竜のイラストが存分楽しめるようにリバーシブルで作ってくれました。

デザイン・製作:佐藤晴代(dendensiii)(http://dendensiii.blog.fc2.com)


使用した布:
(表布A):DINOSAUR LAND P24900-902 (A)
(表布B):DINOSAUR LAND P24900-901 (C)


材料:
□生地(表布A):45cm×33.5cmを2枚
(表布B):45cm×33.5cmを2枚
□アクリルテープ:幅2.5cmを60cm

cs30_dino

ダイナソーのレッスンバッグについて、佐藤さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
ポップでとてもかわいいイラストなので、部分使いではなく全体的に使うようにしました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
それぞれのイラストを楽しめるように、リバーシブルで使えるレッスンバッグにしました。柄の出方も考えながら裁断したので、とてもかわいいバッグができたと思います。イラストがカラフルですが、持ち手にイラスト内の1色を使用したので、良い具合に色のバランスがとれたと思います。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
直線縫いだけでできる簡単なバッグですが、縫い代をアイロンできちんと割るだけで、できあがりも違ってきますよ。またイラストの出方で違った雰囲気のバッグになるので、裁断の際に考えながら楽しんでみてくださいね。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
もちろん保育園や幼稚園のレッスンバッグ・通園バッグとして使用していただけます。また図書館へ本を借りに行く際に本を入れるバッグとしてもいいですし、おでかけの際のお子様の着替えやおやつなどを入れてもいいと思います。

KF:佐藤さん、どうもありがとうございました!レッスンバッグの作り方プロセスも佐藤さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

ダイナソーのリバーシブル・レッスンバッグの作り方

1.
dino1
表布2枚にそれぞれアクリルテープをつける。表布の表側上部中心から左右6㎝のところにアクリルテープを仮止めする。

2.
dino2
表布と内布を中表(表布と表布、内布と内布を合わせること)に合わせて上部を縫い、縫い代をアイロンで割る。これを2組作る。アクリルテープの部分を縫う際には、テープが斜めにならないように目打ちなどで押さえながら縫うとよい。

3.
dino3
2を中表に合わせ、返し口を残して周りをぐるりと縫い、縫い代をアイロンで割る。このとき、袋口の部分をきちんとあわせておく。

4.
dino4
表袋・内袋のマチをそれぞれ3㎝に縫い、縫い代を1㎝ほど残して角を切り落とす。

5.
dino5
返し口から表に返し、返し口をコの字で閉じる。袋口にアイロンをかけ、周りをぐるりと縫う。

裁ち方図と作り方はこちら
button_tt

コッカファブリックでは、引き続きこちらのCraft&Sewingのコーナーで作品を作ってくださる手作り作家さんを募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>