フレンチブルドッグのリバーシブルエプロン

サイズ:丈約96cm(肩ひもを含む)

キュートなフレンチブルドッグのプリント柄で作ったリバーシブルエプロンです。フレブル柄を表にしたらにぎやかに、デニム地にしたらシックで落ち着いた印象に。気分次第でふた通りのコーデが楽しめます! ポケットのラインストーンも可愛いアクセントに。

デザイン・製作:矢間みき


使用した布:
 P43300-301 (B)


材料:
□生地(A):110cm×90cm
   (B):110cm×90cm
□テープ:幅4cmを1.6m
□アクリルテープ:幅2cmを2.2m
□ラインストーン(アイロン接着タイプ):直径0.3cmを約40個
□接着テープ(仮どめ用)

cs188_1cs188_2

リバーシブルエプロンについて、矢間さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
とてもしっかりした生地でした。フレンチブルドッグの間隔が広いので小物を作るよりも大きなもののほうが、フレンチブルドッグがたくさんみえて、フレンチブルドッグ好きな方にはアピールできると思いました。そのため大きなものがいいと思い、エプロンを思いつきました。また生地もしっかりしているので、長く使用できるのではないかと思いました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
普段使用しているエプロンの形を参考に型紙を起こしました。紐などの手間を省けるように、市販のテープを使って短時間で作成できるようにしました。
cs188_3

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
今回はリバーシブルだったので、全部のパーツを組み付けるところが一番のポイントでした。パーツをしっかりつけるために、紐部分はしつけ糸で仮止めして縫いました。
角などはアイロンをかけてから縫うと返す際にきれいに生地が返ります。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
だんだん冬になって寒くなってきましたので、リバーシブルにして暖かく着用できるようにしてみました。エプロンとしてだけでなく、部屋着としてスパッツとあわせても楽しめると思います。
おそろいのシュシュも作ってみましたので、ヘアにつけて全体のコーディネートが楽しめるようにしました。
cs188_6

KF:矢間さん、どうもありがとうございました!リバーシブルエプロンの作り方プロセスも矢間さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

リバーシブルエプロンの作り方

1.
cs188_p1
ポケットや紐などのパーツを全て切ります。
紐も時間を短縮するために、市販のコードを利用します。

2.
cs188_p2
ポケットを作った後に、アイロンテープで仮止めして、エプロン地に縫い付けます

3.
cs188_p3_1cs188_p3_2
次は、パーツの取り付けです。リバーシブルなので、生地は中表にします。片方の生地の上にパーツを置き、仮止めします。ここはずれないようにしつけ糸で留めました。
しつけの後、全てのパーツが内側になるように置き、その上にもう一方の生地を中表にのせ、
周りをアイロンのりテープで仮押さえして、裾の20cmほどを返し口にして、後は全てミシンで縫い付けます。

4.
cs188_p4_1cs188_p4_2
その後表側に返してでき上がりです。
デニムのポケットにはラインストーンを。
cs188_4

裁ち方図と作り方はこちら
button_tt

コッカファブリックでは、引き続きこちらのCraft&Sewingのコーナーで作品を作ってくださる手作り作家さんを募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>