ジーンズリメイク風バケツバッグの作り方

*作品写真の無断転載はご遠慮ください。

まるで本物のジーンズのようにベルトをつけた大きめのバケツ型バッグです。結んで使える持ち手は長さ調節が自由にできます。ジーンズが重なったようなリアルなプリントはインクジェットシリーズ。お揃いでティッシュケースやポーチを作ってもいいですね。

デザイン・製作:田巻由衣


使用した布:LG-29100-4A


材料:
□生地(表布・持ち手・ベルト通し):110cm幅×90cm
   (裏布(11号帆布)):110cm幅×40cm
□ベルト:2cm幅を1本


サイズ:縦35cm 底の直径25cm

ジーンズリメイク風バケツバッグについて、田巻さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
ジーンズが重なった珍しいデザインで、プリントもとてもリアル。小物を作っても目立つこと間違いなし!と思いましたが、ジーンズプリントをおもいっきり楽しもうと思い、大きなバッグにしてみました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
ジーパンのイメージそのままに、筒形の本体に市販のベルトを合わせてみました。持ち手はデニムシャツを肩や腰に結んだようなイメージです。たっぷり荷物が入って、持ち手の長さ調節もできるので便利に使えると思います。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
丸底を縫い合わせるところは少し難しく感じるかもしれませんが、ソーイングクリップで細かく仮どめしたり、しつけをかけておくと綺麗に仕上がります。

KF:コーディネートアドバイスをお願いします!
今回は100円均一のベルトを使用しましたが、手持ちのベルトを気分によって付け替えたり、リボンやスカーフなどを通してみても。シンプルな服にかっこよく持てたらいいなと思います。

KF田巻さん、どうもありがとうございました!ジーンズリメイク風バケツバッグの作り方プロセスも田巻さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。


1.

側面(表裏各1枚)、底(表裏各1枚)、持ち手(表布2枚)、ベルト通し(表布6枚)を裁断します。

2.

持ち手布を縦長になるよう半分に折ります(中表)。長い辺を縫い代1cmで縫い、表に返します。

3.

持ち手の端、片側(側面に縫いつけない側)は、服の袖のように三つ折りにしてステッチをかけます。同様にもう1本作ります。

4.

ベルト通し用の布を折り、端ミシンをかけます。

5.

ベルト通しの上下を折っておきます。

6.

側面表布を中表に折って縫い、底をクリップなどで仮どめし、縫い合わせます(中表)。
裏袋も同様に作ります(裏袋の側面には返し口をあけておきます)。

7.

表袋に持ち手を合わせ、仮縫いします。

8.

表袋と裏袋を中表に合わせ、口側を一周縫い合わせます。
表に返し、返し口をとじます。

9.

ベルト通しを縫いつけます。

10.

市販のベルトを通し、持ち手を好みの場所で結びます。

◎裁ち方図とソーイングレシピ

◎PDFでもダウンロードできます
button_tt

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA