布帛ビッグTシャツ

サイズ:後ろ丈65.5cm ゆき70cm

「ニットの温かさをもっと日常に」がコンセプトのブランド「TORICOTÉ(トリコテ)」に、グラフィカルでアート性のあるプリントラインの「トリコテミュール」シリーズが誕生しました。“ニットじゃなくて、布帛(ふはく)” 。そんなふうに素材とのマッチングを考えてデザインしたのが、この「布帛ビッグTシャツ」です。生地の素材感を存分に生かした美しいフォルムのTシャツは、カジュアルさを保ちながらおしゃれに着こなせる、とっておきの1枚になりそう。

デザイン・製作:あんりこ


使用した布:
 EDXA-2004-2D


材料:
□生地:108cm幅×2m

cs298_1cs298_2
*作品写真の無断転載はご遠慮ください。

布帛ビッグTシャツについて、あんりこさんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
素敵な色合いの幾何学模様、大人服にちょうどいい大きさでした。ダブルガーゼでしたし、春先から夏前の肌寒い日まで楽しめる、重ね着OKな長袖の布帛Tシャツにしてみました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
ダブルガーゼは、大きなものは特に縫いやすいとは言い難い生地です。裁断パーツを増やしても、手間が少なく、着ていて目につく失敗をしがちな箇所を、作りやすくすることを考えました。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
ビッグTシャツとはいえ、袖ぐりはそれ程太くありません。生地の特性上、水通し後の裁断をおすすめいたします。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
オーバーサイズがトレンドですが、大人が着た時、下手をするとだらしない印象に…そのため、袖はビッグにはせずスッキリさせています。腕まくりも可、家事をすることも考慮しました(笑)。 ぜひ、リラックスした休日や普段着に!パンツスタイルはもちろんですが、スカートと合わせても可愛いです!

KF:あんりこさん、どうもありがとうございました!布帛ビッグTシャツの作り方プロセスもあんりこさんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

布帛ビッグTシャツの作り方

1.
cs298_p1
衿がついた所です。縫代をステッチで押さえると、小さな襟が自然と立ち上がります。

2.
cs298_p2
袖を付けたら一気に前後をつなぎます。

3.
cs298_p3
裾布は省略したくなるパーツかもしれませんが、このスリットと前後の差が、地味に見た目のポイントとなります、試作実験済です!見た目は好みとしても、ダブルガーゼの長距離三つ折り始末はよれやすいため、縫製の難所回避の意味でもおすすめの始末です。

4.
cs298_p4
完成です!衿や裾布を別布になさっても。また裾を平行に切ったり延ばしたり、もっとショート丈に、チュニック丈、ワンピースに…お好みで着丈アレンジも簡単です。

裁ち方図と作り方はこちら
button_tt

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA