ふんわりポケットバッグ

サイズ:縦25cm 底(長径)24cm (短径)14cm

外側にぐるりとポケットをつけたユニークなデザインのバッグです。バッグ本体とフラップ、持ち手は、綿麻キャンバスのしっかりした生地、echino「Solid」シリーズの無地。ポケットにだけダブルガーゼの「SWEET BOTANICAL」シリーズを使い、ふんわりとやわらかな印象に仕上げました。

デザイン・製作:杉野未央子


使用した布:
(ポケット)YKA-61090-1B
(側面裏布・底・フラップ・持ち手)JG-95410-10D
(側面表布)JG-95410-10J


材料:
□生地(ポケット):100cm×50cm
(側面裏布・底・フラップ・持ち手):110cm×50cm
   (側面表布):70cm×30cm
□接着芯:10cm×15cm
□ゴムテープ:幅0.7cmを68cm
□マグネットホック(縫いつけタイプ):直径1.8cmを1組

cs311_1cs311_2
*作品写真の無断転載はご遠慮ください。

ふんわりポケットバッグについて、杉野さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
やわらかく、軽やかな雰囲気で、心地よい気分になれる色柄です!ダブルガーゼのふわっと柔らかなところを活かしたバッグにしたいと思いました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
バッグ本体はしっかりした生地を使用し、外側の大きなポケットにダブルガーゼを使いました。ものをたっぷり入れられる強さと、ふんわりとしたやさしさを併せ持つバッグに仕上げました。ポケット口のところにゴムでギャザーを寄せて、底にはタックをいれたことで、ガーゼのもつやわらかさを活かせたと思います。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
ポケット口のゴムのギャザーは、ゴムを生地幅に合うように伸ばして、針の向こう側とこちら側を引っ張りながら縫っていきます。底のタック部分は、やわらかな生地を畳んでオーバル底に合わせて縫うのが少し難しいと感じるかもしれませんが、ふわふわしたガーゼが多少のことは包み込んでくれますから、あまり気にしないで思い切って縫っていきましょう!
cs311_3

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
白シャツにロングスカートや、スッキリしたワンピースなどが似合いそうです。容量たっぷりなので、季節の変わり目にカーディガンなど持ち歩くのにも便利です。

KF:杉野さん、どうもありがとうございました!ふんわりポケットバッグの作り方プロセスも杉野さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。


◎ふんわりポケットバッグの作り方

1.
cs311_p1
寸法どおり布をカットする。

2.
cs311_p2
ポケット布を半分に折り、折り山に沿ってゴムテープを挟む。横幅50cmになるようにゴムテープを引っ張り、均等に仮どめする。

3.
cs311_p3
ゴムテープの入った部分に針を落とし、前後を引っ張りながらゴムテープの上を縫い進める。

4.
cs311_p4
側面表布にポケットを下辺を揃えて重ね、中央と両脇を縫う。下辺はたるんでいてOK。

5.
cs311_p5
ポケットの底を側面表布の幅に合うようにタックを入れて縫う。タック幅は3cmほど、たたみ分は1cm幅くらい。ポケット中央から左右対称にタックをたたむ。2組作る。

6.
cs311_p6
2枚を中表で合わせて脇を縫う。

7.
cs311_p7
縫い代を割り、底布と縫い合わせる。

8.
cs311_p8
裏布も同様に中表に合わせて脇を縫い、底布と縫い合わせる。

9.
cs311_p9
フラップ布1枚に芯を貼り、もう1枚と中表で合わせ、U字に縫う。カーブ部分の縫い代は0.5〜0.7cmにカットし、切り込みを入れてから表に返す。

10.
cs311_p10
持ち手布を2.5cm幅四つ折りにして両辺を縫う。

11.
cs311_p11
表袋、裏袋の口側の縫い代を折り、表袋のみ表に返して重ねる。

12.
cs311_p12
フラップは後ろ側中央に、持ち手は間を12cmあけた位置に2cm分挟んでぐるりと縫う。

13.
cs311_p13
フラップと本体にマグネットホックを縫いつける。

◎裁ち方図とソーイングレシピ

CS311_funwari_bag_fnl

PDFでもダウンロードできます

button_tt


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>