ファスナーなし!口を折るだけ、サコッシュの作り方

cs266_1cs266_2
*作品写真の無断転載はご遠慮ください。

口を折るだけの簡単仕上げでつくるおしゃれなサコッシュです。サコッシュは、ポシェットより少し大きめのななめ掛けショルダーバッグで、もともと自転車のロードレーサーたちが使っていた、たすき掛けの袋なのだそう。使った布はアメリカ人デザイナー、エレン・ベイカーさんの新柄。ブラック&ゴールドのスタイリッシュな柄は大人バッグにぴったりです。

デザイン・製作:杉野未央子


使用した布:
Ellen Baker EKXA-5200-2A


材料:
□生地(表布):70cm幅×30cm
(裏布):40cm幅×70cm
   (底布):40cm幅×20cm
□テープ:幅3cmを1.4m
□ナスカン、角カン:内径3cmを各2個
□コキカン:内径3cmを1個


サイズ:
縦(口側を折った状態)20cm × 横(底)27cm × まち2cm

口折れサコッシュについて、杉野さんにいろいろとお尋ねしました。

KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
メリハリのある黒とゴールドの柄がカッコいいので、クールなデザインにしようと思いました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
口を折るだけの、出し入れのしやすさと、体に沿う持ちやすさを考えました。 

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
布とテープが重なるところなどは、縫いにくいかもしれません。
ゆっくりと手でプーリー(ミシンの手回し部分)を回しながら針を進めると安心です。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
無地のシャツなどのシンプルな服に合わせると映えると思います。
ショルダーを短めにして、背中の真ん中辺にくるように持つとカッコいいです!

KF:杉野さん、どうもありがとうございました!口折れサコッシュの作り方プロセスも杉野さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

口折れサコッシュの作り方

1.
cs266_p1
材料を揃え、寸法どおりカットする。

2.
cs266_p2
表布と底布を縫い合わせる。底布の反対辺ともう1枚の表布もはぎ合わせる。縫い代は割っておく。

3.
cs266_p3
ループを作る。テープに角カンを通して半分に折り、ジグザグミシンをかける。2個作る。

4.
cs266_p4
表布を中表で半分に折り、端から11cmの位置にループをはさんで、両脇を縫う。

5.
cs266_p5
裏布はループははさまずに同様に縫う。

6.
cs266_p6
表袋、裏袋ともにマチを2cmとって縫う。

7.
cs266_p7_1cs266_p7_2
表袋、裏袋の口辺の縫い代を折り、外表で重ね合わせて口辺をぐるりと縫う。

8.
cs266_p8
テーブにナスカン、コキカンを通して縫いとめる。

9.
cs266_p9
角カンにナスカンをつけて完成!

裁ち方図と作り方はこちら
button_tt

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA