#ショルダーバッグの作り方

ファスナーなし!口を折るだけ、サコッシュの作り方

サイズ:縦(口側を折った状態)20cm 横(底)27cm まち2cm

口を折るだけの簡単仕上げでつくるおしゃれなサコッシュです。サコッシュは、ポシェットより少し大きめのショルダーバッグで、もともと自転車のロードレーサーたちが使っていた、たすき掛けの袋なのだそう。使った布はアメリカ人デザイナー、エレン・ベイカーさんの新柄。ブラック&ゴールドのスタイリッシュな柄は大人バッグにぴったりです。

デザイン・製作:杉野未央子


使用した布: Ellen Baker EKXA-5200-2A


材料:
□生地(表布):70cm幅×30cm
(裏布):40cm幅×70cm
   (底布):40cm幅×20cm
□テープ:幅3cmを1.4m
□ナスカン、角カン:内径3cmを各2個
□コキカン:内径3cmを1個

cs266_1cs266_2
*作品写真の無断転載はご遠慮ください。

口折れサコッシュについて、杉野さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
メリハリのある黒とゴールドの柄がカッコいいので、クールなデザインにしようと思いました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
口を折るだけの、出し入れのしやすさと、体に沿う持ちやすさを考えました。 

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
布とテープが重なるところなどは、縫いにくいかもしれません。
 ゆっくりと手でプーリー(ミシンの手回し部分)を回しながら針を進めると安心です。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
無地のシャツなどのシンプルな服に合わせると映えると思います。
ショルダーを短めにして、背中の真ん中辺にくるように持つとカッコいいです!

KF:杉野さん、どうもありがとうございました!口折れサコッシュの作り方プロセスも杉野さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

続きを読む

ツイストポシェット

サイズ:縦27cm 横27cm まち5cm

まあるいフォルムとくしゅっとしたギャザーが可愛いポシェットです。使った布は、ヘルシンキ在住のテキスタイルデザイナー、島塚絵里さんがデザインした「PIKKU SAARI」の第2弾、柄は「湖」。色とりどりにちりばめられたふぞろいなピースは、ひだを寄せることでさらに豊かな表情に。持ち手は長くしたり、結んで短くしたりと、コーディネートもいろいろ楽しめます。

デザイン・製作:あんりこ


使用した布: (表布・飾り布・肩ひも)PIKKU SAARI EJX-4002-1A (裏布・ポケット)PIKKU SAARI EJX-4003-1A


材料:
□生地(表布・飾り布・肩ひも):100cm×70cm
(裏布・ポケット):90cm×40cm
□ファスナー:長さ30cmを1本

cs264_twist_pochette_1cs264_twist_pochette_2
*作品写真の無断転載はご遠慮ください。

ツイストポシェットについて、あんりこさんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
カモフラ柄のようなモチーフですが、一つ一つの色がとってもとっても綺麗です。ギャザーやプリーツが映えますね。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
丸バッグを布で作る場合、ビシっと真ん丸に作るのは実は難しいのです。それでも工夫で可愛くできないかと考えたのが、大きな装飾と、あえて芯を入れず柔らかく作ることです。少々歪んでも目立ちません。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
カーブは縫代が多いと裏で溜まり、表のシルエットにひびきますので、カーブのある箇所は最低限の7mmで作っています。縫い合わせる際、これ以上減らないように注意です。

KF:おすすめのコーディネートを教えてください。
これからの夏ファッションによく合うと思います。トップの接写の画像のように、リボンを二回作るなどして持ち手を短くしていただいても、コーデの幅が広がっていいですね。

KF:あんりこさん、どうもありがとうございました!ツイストポシェットの作り方プロセスもあんりこさんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

続きを読む

echinoで作るショルダートートバッグ

サイズ:縦37cm 横(底)44cm まち6cm

ブラック×シルバーのスタイリッシュなトートバッグです。使った布はechinoの新柄。内布のビビッドなライトグリーンの無地もechinoです。持ち手はTシャツヤーンを三つ編みしておしゃれに仕上げました。

デザイン・製作:あんりこ


使用した布: (表布)echino EKX-97000-700C
(裏布)echino JG95410-10J


材料:
□生地(表布):110cm幅×50cm
(裏布):110cm幅×50cm
□Tシャツヤーン:24m
□アクリルテープ:幅2.5cmを16cm
□脚つきボタン:直径1.5cmを2個
□マグネットホック(差し込みタイプ):直径1.8cmを1組

cs261_1cs261_2cs261_3
*作品写真の無断転載はご遠慮ください。

ショルダートートバッグについて、あんりこさんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
大きく大胆な柄ですが、黒地にシルバープリントと落ち着いた雰囲気でしたので、形も大人の女性が持ちやすい、可愛すぎないものを目指しました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
バッグ自体はお弁当袋のような巾着を大きくしただけの、とても作りやすいものですが、持ち手にひと手間でデザイン性をプラスしてみました。人気沸騰で手に入りやすいTシャツヤーンを三つ編みするだけ、手間と言っても小一時間です。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
特に難しい点はないのですが、サイドの縫い止まりはしっかりと返し縫いをしてください。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
この雰囲気ですから、お洋服とは合わせやすいかと思います。アレンジ案として、Tシャツヤーンはアクリルテープなどより市販されている色柄が大変豊富です、ショルダーに派手色を使ったり、色を混ぜたりと遊んでみるのも楽しいですね。

KF:あんりこさん、どうもありがとうございました!ショルダートートバッグの作り方プロセスもあんりこさんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

続きを読む

二重丸のバッグ

サイズ:縦(中央)20cm 横30cm

持ち手と本体が一体になったユニークなフォルムのデイリーバッグです。目の覚めるようなイエローとブルーのコンビがきれいな布は、イラストレーター、紙野夏紀さんによるテキスタイルブランド、Törten(テルテン)の新柄、PEAFOUL。美しい色目に合わせて、イエローのストライプ地とブルーのドット地を合わせました。

デザイン・製作:杉野未央子


使用した布:(表布)Törten JG49510-1A


材料:
□生地(表布):70cm×50cm
   (裏布):70cm×50cm
   (持ち手中央布):10cm×10cm
□ボタン:1.6cm角を1個

cs237_1
*作品写真の無断転載はご遠慮ください。

二重丸のバッグについて、杉野さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
 白地に水色と黄色の明るい柄に惹かれました。よく見るとクジャクのような大きな鳥が描かれていてオシャレ! 
柄から色をとって、水色地のランダムドットと黄色の太いストライプを合わせました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
まず、パーツが少ないことです。一枚型紙を作ったらどんどん量産できちゃうようなシンプルさを目指しました。
カーブも緩やかなので、苦手感のある方にも安心して作っていただけると思います。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
カーブ部分はゆっくり縫うことと、縫い代に切込みを入れることできれいに仕上がります。
仕上げはボタンホールになっていますが、ループをつけてボタン留めにしても良いですし、
リボンを挟み込んでおいて、ちょうちょ結びでも。
もちろん、留めないでもOK!
苦手な部分や手間を省いて、よりシンプルにハンドメイドを楽しんください。

KF:コーディネートアドバイスをお願いします!
小ぶりなので、お散歩バッグや、バッグインバッグに。
荷物の多いお出かけのとき、ICカードケースやスマホだけ入れて腕にかけておくと
改札や降車時にバタバタしなくて良いですよ♪
これから寒くなってファッションも暗い色になりがちです。
気持ちも明るくなるような色合いのこのバッグを差し色に、ファッションを楽しんでくださいね。

KF:杉野さん、どうもありがとうございました!二重丸のバッグの作り方プロセスも杉野さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

続きを読む

tayutouで作る結びハンドルのバッグ

サイズ:縦22.5cm 横25cm まち22cm

持ち手をキュッと結んで使うバッグです。tayutou(タユトウ)シリーズの第2弾の生地を使いました。作ってくれたのは、tayutouのテキスタイルデザイナー、戸田亜由美さんです。

デザイン・製作:戸田亜由美


使用した布:
 (表布)tayutou JG50900-900C
(裏布)tayutou JG50810-10H


材料:
□生地(表布):110cm幅×80cm
   (裏布・ポケット):110cm幅×80cm

tiedhandle
*作品写真の無断転載はご遠慮ください。

結びハンドルのバッグについて、戸田さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
使用しているのはハーフリネンキャンバスなのですが、この生地は内側に芯を張らずともほどよくしっかり、ほどよくふんわりと仕上がるので、それが生きるデザインで作りました。
柄は「turtle」という名のもので亀の甲羅がモチーフなのですが
亀のゆったりとした、優しい雰囲気をイメージしました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
袋部分から結ぶ持ち手へとやわらかにつながるようにデザインしました。
持ち手自体、幅があるので、結んだときに色無地が見えてきて差し色となり、デザインのアクセントに。
レシピでは内側にマグネットホックを付けていますが、バッグインバッグを使うなどでホックを無しにすればリバーシブルで使うこともできるかと思いますので、その場合はぜひ、内側の無地の色にもこだわって作ってみてください。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
ひたすら真っ直ぐ縫うだけなので難しい工程はありません。
持ち手パーツを表に返すときに先端の角をきれいに出るようにしてください。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
持ち手を結んで使うタイプなのですが、結ぶ位置によってショルダーにも手提げにも。さらに根元近くでギュッと結んで風呂敷風に使うこともできます。

KF:戸田さん、どうもありがとうございました!ぜひ、作り方シート(PDF)を見ながら作ってみてくださいね。

裁ち方図と作り方はこちら
button_tt

コッカファブリックでは、引き続きこちらのCraft&Sewingのコーナーで作品を作ってくださる手作り作家さんを募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。