#エコバッグの作り方

大きなワンハンドルバッグ

サイズ:縦28cm 横(口側)41cm (底)31cm まち10cm

ぱっと目を引く朱色が印象的なワンハンドルバッグです。使った生地は、echinoの人気モチーフ、シカが刺繡されたシリーズ。プリントとはひと味違った立体感が楽しめます。たっぷり入る大きめバッグ、カジュアルになりすぎないよう、ゴールドのリングをハンドルにつけて大人っぽさをプラスしました。

デザイン・製作:田巻由衣


使用した布:
(表布)echino samber JG96170-70D


材料:
□生地
 (表布):90cm×80cm
 (裏布):90cm×80cm
□接着芯:40cm×10cm
□タグ(革):3cm×5cm
□リング:直径10cmを1個

20170921tamaki-kansei120170921tamaki-kansei3-_800px
*作品写真の無断転載はご遠慮ください。

大きなワンハンドルバッグについて、田巻由衣さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
ちりばめられた刺繍は、プリントよりも雰囲気があり素敵です。
刺繍の部分をたくさん使いたかったので、大きなバッグに。
また、質感をのこして、かっちりしていないラフなバッグを作りたいと思いました。
余った布にもまだまだ刺繍がありますので、ポーチなどの小物もお揃いにできそうです。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
たっぷり入ってラフに使える、ワンハンドルバッグです。
ゴールドのリングで大人っぽさを出しながら、荷物の飛び出し防止にしました。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
縫う順番を間違えなければ、簡単に仕上がります!
本体を縫うときに、持ち手を一緒に縫わないように気を付けてください。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
大きなバッグで目立つ色なので、シンプル・カジュアルな服に合わせて
気軽にもちたいと思います。

KF:田巻さん、どうもありがとうございました!大きなワンハンドルバッグの作り方プロセスも田巻さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

続きを読む

簡単!エコバッグにもなる、あずま袋の作り方

14

ナチュラルなリネン地にカラーパールプリント加工を施した光沢のある生地で作ったあずま袋をご紹介します。作ってくれたのは、人気ブロガーのハンドメイド作家、猪俣友紀さんです。

デザイン・製作:猪俣友紀


使用した布:TSUMIKI PG101-1(A)(D)


材料:
□⽣地
(表布A):80cm×40cm
(表布B):80cm×40cm
□⾰(飾り):10cm×10cm
□両⾯カシメ:直径0.7cm を1組


サイズ:
(広げた状態):縦約51cm × 横約51cm

あずま袋について、猪俣友紀さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
生地を見た第一印象は、デザインをいかした、パリッとしたフォルムの作品。でも、手に触ったその瞬間作品のイメージが変わりました。リネン100%の、このくったりとした風合いをそのまま生かした作品にと思いついたのはあずま袋。リネンは洗うほどに風合いが増していくので、お洗濯を繰り返しながら、長い間使い続けるほどに愛着がわいてくる、この作品がピッタリでした♪

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
あずま袋は一枚の手ぬぐいから手縫いでもできるシンプルなエコバッグにもなるデザイン。これをちょっと布のデザインを生かした作品にと、2枚のモノトーンで合わせてみました。
2枚仕立てでリバーシブルにする方法もありますが、リネンだからこそ1枚で仕上げて
畳んでコンパクトにカバンに忍ばせておくのにも便利でお洒落です。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
今回は白と黒と布を合わせる方法を紹介しましたが、もちろん1枚の布で作ることも可能です。縫い代も綺麗に始末できる方法を紹介しています。どんな生地でも、縦横の比率を1:3にすればできるので底の幅をもう少し狭くしたり、もう少し広げたりすることも可能です。制作時間も一時間ほどなので、是非作ってみてくださいね

KF:猪俣さん、どうもありがとうございました!あずま袋の作り方プロセスも猪俣さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

続きを読む

レジ袋型。コンパクトにたためるエコバッグの作り方

22
23

みなさんはお買い物するときの袋、どうしていますか? 最近はスーパーでもレジ袋が有料のところがふえてきましたよね。シンプルなエコバッグは、布選びや布合わせで個性が発揮できるので、ソーイング・ラバーさんたちの腕のみせどころ♩ 今回は、大好きな布をいろいろ使える工夫がいっぱいのエコバッグをご紹介。作ってくれたのは人気ブロガーのneige+こと猪俣友紀さんです!

デザイン・製作:猪俣友紀(neige+)


使用した布:
Lighthearted HFG-105


材料:
□⽣地:
 (側⾯)2種各40cm×60cm
 (まち)2種各30cm×60cm
 (ポケット)20cm×60cm
 (バイアス布)50cm×50cm


サイズ:
縦38cm × 横30cm × まち13cm

エコバッグについて、猪俣さんにいろいろとお尋ねしました。

KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
可愛いイラスト柄と、インパクトのあるビビッドなピンク。この柄を大きな面積で使って生かしてみたいと思いました。
その横に合わせる生地もそれぞれ見えた時に可愛い柄を合わせています。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
自宅にあるレジ袋が今回のパターンの原型です。二枚の生地でも作れるところ、せっかくなのでいろんな柄を合わせたくて4つのパーツに分けてみました。
パイピングの多い作品なので、少しでも減らせるように側面の持ち手の部分は同じ生地でカーブを合わせたことで、裏面にしても同じ生地が見えるようになりました。
また、縫い合わせの縫い代を5mmの袋とじで隠れるようにしたのも工夫点です。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
あまり厚みのある生地で作ると厚みが増して縫い代の処理がやりにくくなります。薄すぎず、普通地で作ることをおすすめします。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
折りたたんでポケットに収まるので、バッグにもかさばらない工夫がされています。レジバッグも有料の昨今、バッグに一つ入れておくといろんな用途に使えて便利です。

KF:猪俣さん、どうもありがとうございました! エコバッグの作り方プロセスも猪俣さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

続きを読む