Irome(いろめ) 秋と冬

日本の伝統文化も取り入れて

先週に引き続き、Iromeが登場です。今週は、四季のうち、秋と冬をクローズアップ。春夏秋冬、すべての柄を使ったキルトやバッグも紹介します。
kokka-fabric.com/wp-kokka Irome
こちらはキルトのタペストリー。スターモチーフをすべての四季を使って表現しました。

kokka-fabric.com/wp-kokka Irome
オクタゴン(八角形)のモチーフをつないだバッグ。echinoの綿麻キャンバス、紫と青をベースに使い、Iromeの柄を引き立たせました。

 HFG-101 1c-6c
kokka-fabric.com/wp-kokka Irome

  • kokka-fabric.com/wp-kokka Irome
  • kokka-fabric.com/wp-kokka Irome
  • kokka-fabric.com/wp-kokka Irome

収穫の秋をイメージした柄です。深い色を醸し出す落ち葉や、赤く色づく葉。色のコントラストは、つややかな絵巻や十二単の重ね着のようにも見えます。

 HFG-101 1d-6d
kokka-fabric.com/wp-kokka Irome

  • kokka-fabric.com/wp-kokka Irome
  • kokka-fabric.com/wp-kokka Irome
  • kokka-fabric.com/wp-kokka Irome

雪景色。少しグレーを帯びて静寂な色。陶磁器の冷たい色を表現しました。江戸時代の粋な着物のイメージや、雪が凍りついた落ち葉の雰囲気も。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA