肩タックブラウス

サイズ:後ろ丈62cm 身幅60cm

これからの季節にぴったりな涼しげなブラウスです。使った布は「surfing waffle」シリーズ、塩縮加工の綿ローン。甘くなりがちな花柄もネイビー一色の線画でシンプルで軽やかな印象に。大人っぽく着こなせます。

デザイン・製作:あんりこ


使用した布:
LO-41010-2B


材料:
□生地:90cm×1.5m
□両折りバイアステープ:幅2cmを1.7m

cs314_1cs314_2
*作品写真の無断転載はご遠慮ください。

肩タックブラウスについて、あんりこさんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
塩縮加工と相まって、刺繍風プリントが本当に刺繍生地のように見えます、おぉぉ…と声に出してしまいました。涼し気なお花柄の綿ローン、風通しの良い、夏に涼しいブラウスにしてみました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
肩のタックでシンプルながらもちょっと可愛く、でもギャザーは後ろのみで甘さは控えめにしています。また、緩いカーブのVネックでデコルデを綺麗に見せつつ、浅めの開きでデイリーの実用性を重視しました。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
塩縮加工の生地のバイアステープは少々扱いにくいので、別布のテープを使っています。苦手な方の多いバイアステープ始末を採用しましたが、襟ぐりも袖ぐりも、片側しか見えないようにしました。

KF:おすすめのコーディネートを教えてください!
今季多く出ている長め丈にしています。スキニーでスッキリ着ても、ワイドバンツやロングスカートでの重めコーデでも可愛いかと思います。身長やお好みで、裾を平行に短くしたりワンピース丈にしていただいてもOKです。

KF:あんりこさん、どうもありがとうございました!肩タックブラウスの作り方プロセスもあんりこさんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。


◎肩タックブラウスの作り方

1.
cs314_p1
肩のタックはふんわりとあるがままでも可愛いのですが、タックを目立たせる事と、お洗濯後の手間を考慮し、タックの谷のみをステッチで止めておきます。

2.
cs314_p2
私がギャザーにロックミシンをかける時に使う手なのですが、ギャザーがよれてロックから外れないよう、粗ミシンの糸を外した後、端から5mm程度の個所を直線ミシンでたたいてからロックをかけます。画像ではわかりませんでしょう?ロックに隠れてしまうため、厚みがある生地の時などにオススメです。

3.
cs314_p3
Vネックは、バイアステープ始末でも見返しでもなかなかに難しいのですが、ここでは、前襟のテープ部分は完全には縫い止めずに浮いた状態で完了にしています。着てしまうと意外とめくれてきたりせず、落ち着きます。

4.
cs314_p4
袖ぐりの縫代もバイアステープ始末をしたら、完成です。

◎裁ち方図とソーイングレシピ
CS314_shoulder_tuck_blouse_fnl

PDFでもダウンロードできます

button_tt


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA