#お弁当袋・ランチバッグの作り方

バックルポーチ

サイズ:縦29cm 横(口側)20cm (底側)16cm まち4cm

リーズナブルできれいな色がたくさん揃うプラスチックのバックル。今回のポーチは、そんなバックルを持ち手にしたユニークなポーチです。使った布は「botanical」シリーズの花柄コットンリネン。単色使いのシックでおしゃれな生地に赤いバックルと英字のタグを合わせてカジュアルに仕上げました。タグの赤いスタンプもピリッとアクセントになっています♩

デザイン・製作:田巻由衣


使用した布:(表布)YK51130-1D


材料:
□生地(表布):22cm×64cm
   (裏布):22cm×64cm
□PPバンド:幅2cmを30cm
□バックル:通し穴の幅2cmを1組
□タグ:6cm×6cmを1枚

20180314tamaki_sakuhin120180314tamaki_sakuhin2
*作品写真の無断転載はご遠慮ください。

バックルポーチについて、田巻さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
花柄ですがすっきりしておしゃれな印象でしたので、
カジュアルに、赤いバックルと英字のタグを合わせてみました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
くるくると巻いて留めるタイプのポーチですが、巻いた部分が持ち手にもなるので
小さなバッグとしても使えるようなサイズ感にしました。
たくさん巻いたり、側面でバックルを留めるなど、
使い方次第でコンパクトにもなるので気に入っています。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
PPバンドを縫い付けるとき、バックルが当たって縫いにくい箇所がでてきますが
ファスナー押さえ(片押さえ)をつかったり、返し縫いで進むことで無理なく縫うことができます。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
ランチのおにぎりを入れても良さそうですし、
カメラや充電器などの収納にも良いかな、と思います。

KF:田巻さん、どうもありがとうございました!バックルポーチの作り方プロセスも田巻さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

続きを読む

ランチ3点セット

サイズ:ペットボトルカバー:タテ約20cm×ヨコ約14cm×マチ約7cm
ランチョンマット:タテ約30cm×ヨコ約40cm
お弁当袋:タテ約18cm×ヨコ約30cm×マチ約12cm 

通園通学に便利なランチ3点セットが登場! ペットボトルカバー、ランチョンマット、お弁当袋の3つが、なんと40㎝の布が2種類あれば作れちゃいます♩ メインに使った布はユニークな顔が並んだモノエコシリーズ。布合わせのコンビネーションを変えると違った雰囲気も楽しめます。

デザイン・製作:コッカファブリック


使用した布:
 表布A:P50000-501C 表布B: P49400-400E


材料:
表布A 110cm幅×40cm
表布B 110cm幅×40cm
接着芯(薄手) 90cm幅×40cm
丸ひも(中)×200cm
コードストッパー×1個

DSC_1343

裁ち方図と作り方はこちら
button_tt

コッカファブリックでは、引き続きこちらのCraft&Sewingのコーナーで作品を作ってくださる手作り作家さんを募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。

ぞうのミニトート

サイズ:縦20cm 横(口側)28cm まち10cm

エレン・ベイカーさんの新柄、parallelsのゾウ柄を使った小さなトートバッグです。ゾウの色と同じ爽やかなブルーを底布と持ち手に使い、ツートーンカラーで仕上げました。ドット柄のブルーのボタンもアクセントになっています。ちょっとそこまで…のお出かけやランチトートにもぴったりですね。

デザイン・製作:杉野未央子


使用した布: ellen baker JG42800-801 (A)


材料:
□生地(側面表布):70cm×20cm
  (底表布・持ち手表布(11号帆布)):40cm×50cm
   (持ち手裏布(11号帆布)):10cm×50cm
   (本体裏布):30cm×60cm
□接着芯:60cm×20cm
□ボタン:直径2cmを1個

cs170_1

ぞうのミニトートについて、杉野さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
可愛い象の柄に黄色×水色の明るい色合わせで、この生地はお子さん用のものにしたら楽しいとまず思いました。
でも、象といってもとてもデザインモチーフ化されていて、大人も使えるのでは?と思い、子どもから大人まで使える
小ぶりなトートにしました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
色柄のポップさを活かすように色合わせをしました。合わせる生地色を、メインの柄生地の中で少ない方の色にするとまとまりがありつつ、メリハリもある色合わせになります。
色柄ともに楽しくにぎやかなので、デザインはシンプルにしましたが、ハンドルの縁から見える白や、大き目のボタンなど小さなこだわりを感じられるようにしました。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
そんなに難しいところはないのですが、意外と失敗が多いのは「マチ」のところ。
まっすぐのつもりでも、仕上がってみたら歪んでいたりすることがあります。
マチを畳むとき、底中央とワキ線がしっかり合わせること、縫ったらすぐに余分を切り取らず、
1度表に返して確認してみると安心です。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
お子さんが遊びに出かける時のバッグにしても良いし、大人の方がお弁当を入れてランチトートとして使っていただいても。
真っ白なシャツとデニムのようなシンプルなファッションで持っていただけたら、楽しいポイントになると思います。

KF:杉野さん、どうもありがとうございました!ぞうのミニトートの作り方プロセスも杉野さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

続きを読む

ふろしきトートの作り方

tote01

サイズ:縦19cm 横20cm まち15cm 

tayutouのあじさい柄、hydrangeaと無地のコンビで作ったトートバッグをご紹介します。両端を結んで持ち手にする、ふろしきのような作りがユニーク。デザイン・製作は、tayutouのデザイナー、戸田亜由美さんです。

デザイン・製作:戸田亜由美(fabrica uka)


使用した布:
 (持ち手表布)tayutou hydrangea JG50800-801A
(持ち手裏布)tayutou JG50810-10E
(本体表布)tayutou JG50810-10B
(本体裏布・ポケット)tayutou JG50810-10E


材料:
□生地
(持ち手表布):30cm×130cm
(持ち手裏布):30cm×130cm
(本体表布):40cm×60cm
(本体裏布・ポケット):60cm×60cm
□接着キルト芯:40cm×60cm
□マグネットホック(割り足タイプ):直径1.5cmを1組

tote02tote03

裁ち方図と作り方はこちら
button_tt

コッカファブリックでは、引き続きこちらのCraft&Sewingのコーナーで作品を作ってくださる手作り作家さんを募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。

お弁当箱をぎゅっと包みこむランチバッグ

サイズ::縦15cm 横(入れ口)33cm (底)20cm まち13cm

お花見シーズン到来! 今回ご紹介するのは、そんなウキウキしたお出かけにぴったりのランチバッグです。バッグに入れたお弁当箱を三角布でぎゅっと包み込む……。お弁当を包むナプキンとバッグが合体したようなユニークな作り。使った布は、Sas and Yoshのプリントコレクションのなかから、この季節にぴったりのSpring explorers。小さなチョウたちがノスタルジックな草花の野原に遊ぶなんとも愛らしい小柄プリントです。
「ダブルガーゼの柔らかな雰囲気を壊さないよう、内布だけに接着芯を貼り、表布にはキルト芯を重ねています」と作者の田巻由衣さん。春先のピクニックに、もちろんふだんのお弁当バッグとしても大活躍してくれそうですね。

デザイン・製作:田巻由衣


使用した布: JG50910-1 (A)(本体表布)


材料:
□生地:(本体表布)40cm×50cm
    (側面裏布・底裏布・持ち手・三角布)110cm×60cm
□厚手接着芯:60cm×40cm
□キルト芯:40cm×50cm
□両面カシメ:直径0.9cmを12組
□革ひも:幅0.2cmを30〜40cm
□ウッドビーズ:直径0.6〜1cmを6個

20160323lunchbag完320160323lunchbag完2

ランチバッグについて、田巻さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
柔らかな質感と優しく明るい色合いが、春のお出かけにぴったりだと思いました。
絵具で染めたような個性的な柄が、ナチュラルな葉っぱ柄と合わさって
とっても素敵だと思います。
柔らかな雰囲気を壊さないよう、内布だけに接着芯を貼り、
表布にはキルト芯を重ねて使用しています。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
ピクニックには必需品のお弁当箱入れですが、
今回は、お弁当を包むナプキンが合体したような作りです♪
バッグに入れたお弁当箱を、三角布でぎゅっとホールドできます!
ありそうで無い便利なランチバッグに仕上がりますので、
ぜひ作ってみていただきたいです。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
三角布はロックミシンで端処理していますが、色を変えると可愛い飾りに。
縫い代を多めにとり、三つ折りで処理しても大丈夫です。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
春のお花見、ピクニックにぜひ♪
普段のお弁当Bagとしても、活躍してくれると思います。

KF:田巻さん、どうもありがとうございました!ランチバッグの作り方プロセスも田巻さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

続きを読む