クッションカバー

サイズ:41cm×41cm(41cm×41cm のクッション⽤)

Iromeシリーズの作品、第2弾です。今回使ったのは「冬」の柄。雪景色をイメージした、優しいトーンです。制作してくれたのは、この布のテーマと同じ、neige+(=雪)の活動名で活躍する、ハンドメイド作家で人気ブロガーの猪俣友紀さん。ファスナーを使わない簡単なクッションカバーを考えてくれました! 革タグのワンポイントも猪俣さんならではのおしゃれなアレンジです。

デザイン・製作: 猪俣友紀(neige+)


使用した布:
 Irome HFG-101


材料:
□⽣地:(前⾯A)20cm×50cm
(前⾯B)10cm×50cm
(前⾯C・後ろ⾯右)50cm×50cm
(前⾯D)20cm×20cm
(前⾯E)20cm×20cm
(後ろ⾯左)30cm×50cm
□⾰タグ:約8cm×6cm を1枚

kokka-fabric.com cushiocover
kokka-fabric.com cushiocover

クッションカバーについて、猪俣さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
全体的に静かで優しげな色味だったので、そのままの素材を生かして、プラス革を使うことで布の雰囲気を壊さずに仕上げることを心がけました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
淡い色合いのものは、小物よりも大きなファブリックのほうが全体がまとまりやすいのかなと思いました。他のカラーと合わせても良かったのですが、できるだけこの6色を使ってまとめて見たくて、ステッチの入れ方、布のバランスで工夫してみました。

KF:実際に作るときは、どんなことに注意したらいいでしょう?
クッションカバーなど内側の縫い代が出てしまうものは、ジグザグミシンやロックミシンなどで裁ち目かがりをしておくことをおすすめします。そのあと2mm程度の場所にミシンステッチを入れると縫い代がきれいに収まります。

KF:インテリアのコーデポイントを教えてください!
リビングなど家族の集まる場所にいくつか色違いで作っておいてみると、いっそうリビングが華やかになって、おすすめです!

KF:猪俣さん、どうもありがとうございました!クッションカバーの作り方プロセスも猪俣さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

クッションカバーの作り方

1.
kokka-fabric.com cushiocover
写真のように生地を配置します。

2.
kokka-fabric.com cushiocover
それぞれをはぎ合わせて縫い代を写真の通りに片倒しにします。

3.
kokka-fabric.com cushiocover
それぞれ分けてはぎ合わせたパーツ(右側左側)は、縫い代を花柄のほうへ片倒しにしてミシンステッチをかけます。

4.
kokka-fabric.com cushiocover
色の白い生地の部分には、茶色の色糸でランダムなミシンステッチを加えてアクセントづけをします。

5.
kokka-fabric.com cushiocover
革タグはやわらかい薄いものを選んで、英字スタンプなどを押してアクセントにミシンステッチで縫いとめます。

6.
kokka-fabric.com cushiocover
表布の完成。

7.
kokka-fabric.com cushiocover
裏布を準備します。

8.
kokka-fabric.com cushiocover
片側の縫い代をそれぞれ三つ折にして

9.
kokka-fabric.com cushiocover
ミシンステッチをかけます。

10.
kokka-fabric.com cushiocover
縫い終わったところで、画像の順番で表布に重ねていきます。

11.
kokka-fabric.com cushiocover
3枚が重なるところに注意してまち針でしっかりととめます。

12.
kokka-fabric.com cushiocover
周囲をぐるりと縫います。

13.
kokka-fabric.com cushiocover
角をこのように折りたたんでから表に返しアイロンで形を整えて完成です。

裁ち方図と作り方はこちら
button_tt

コッカファブリックでは、引き続きこちらのCraft&Sewingのコーナーで作品を作ってくださる手作り作家さんを募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>