#クッションカバーの作り方

クッションカバー

サイズ:45cm四方

布を使って手軽に模様替えができるものといえば、クッション。クールなジャパニーズモダン柄だったら、洋室にも和室にも似合います。薄手の合皮をアクセントにつけたらおしゃれ度もアップ!

デザイン・製作:田巻由衣


使用した布: P44500-500 (D)


材料:
□生地(前面a・後ろ面):90cm×50cm
   (前面b(11号帆布)):20cm×50cm
(フリル(薄手合成皮革)):70cm×10cm
□ファスナー:長さ40cmを1本

201612tamaki_kansei_800px

クッションカバーについて、田巻さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
大柄でくっきりとした色合いが、インテリアの模様替えにぴったりだと思いました。洋室にも和風にも合いそうです。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
一般的な45cmのクッションに合わせてあります。ファスナーが肌に当たりにくい仕様です。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
ファスナーは、しつけをしてから縫い付けるときれいに仕上がります。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
クッションカバーを替えるだけでお部屋の印象がガラリと変わるので、お正月に向けて新調してみてはいかがでしょうか。

KF:田巻さん、どうもありがとうございました!クッションカバーの作り方プロセスも田巻さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

続きを読む

ファスナーなし!簡単クッションカバーの作り方

サイズ:41cm×41cm(41cm×41cm のクッション⽤)

Iromeシリーズの作品、第2弾です。今回使ったのは「冬」の柄。雪景色をイメージした、優しいトーンです。制作してくれたのは、この布のテーマと同じ、neige+(=雪)の活動名で活躍する、ハンドメイド作家で人気ブロガーの猪俣友紀さん。ファスナーを使わない簡単なクッションカバーを考えてくれました! 革タグのワンポイントも猪俣さんならではのおしゃれなアレンジです。

デザイン・製作: 猪俣友紀(neige+)


使用した布:
 Irome HFG-101


材料:
□⽣地:(前⾯A)20cm×50cm
(前⾯B)10cm×50cm
(前⾯C・後ろ⾯右)50cm×50cm
(前⾯D)20cm×20cm
(前⾯E)20cm×20cm
(後ろ⾯左)30cm×50cm
□⾰タグ:約8cm×6cm を1枚

kokka-fabric.com/wp-kokka cushiocover
kokka-fabric.com/wp-kokka cushiocover

クッションカバーについて、猪俣さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
全体的に静かで優しげな色味だったので、そのままの素材を生かして、プラス革を使うことで布の雰囲気を壊さずに仕上げることを心がけました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
淡い色合いのものは、小物よりも大きなファブリックのほうが全体がまとまりやすいのかなと思いました。他のカラーと合わせても良かったのですが、できるだけこの6色を使ってまとめて見たくて、ステッチの入れ方、布のバランスで工夫してみました。

KF:実際に作るときは、どんなことに注意したらいいでしょう?
クッションカバーなど内側の縫い代が出てしまうものは、ジグザグミシンやロックミシンなどで裁ち目かがりをしておくことをおすすめします。そのあと2mm程度の場所にミシンステッチを入れると縫い代がきれいに収まります。

KF:インテリアのコーデポイントを教えてください!
リビングなど家族の集まる場所にいくつか色違いで作っておいてみると、いっそうリビングが華やかになって、おすすめです!

KF:猪俣さん、どうもありがとうございました!クッションカバーの作り方プロセスも猪俣さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

クッションカバーの作り方

1.
kokka-fabric.com/wp-kokka cushiocover
写真のように生地を配置します。

2.
kokka-fabric.com/wp-kokka cushiocover
それぞれをはぎ合わせて縫い代を写真の通りに片倒しにします。

3.
kokka-fabric.com/wp-kokka cushiocover
それぞれ分けてはぎ合わせたパーツ(右側左側)は、縫い代を花柄のほうへ片倒しにしてミシンステッチをかけます。

4.
kokka-fabric.com/wp-kokka cushiocover
色の白い生地の部分には、茶色の色糸でランダムなミシンステッチを加えてアクセントづけをします。

5.
kokka-fabric.com/wp-kokka cushiocover
革タグはやわらかい薄いものを選んで、英字スタンプなどを押してアクセントにミシンステッチで縫いとめます。

6.
kokka-fabric.com/wp-kokka cushiocover
表布の完成。

7.
kokka-fabric.com/wp-kokka cushiocover
裏布を準備します。

8.
kokka-fabric.com/wp-kokka cushiocover
片側の縫い代をそれぞれ三つ折にして

9.
kokka-fabric.com/wp-kokka cushiocover
ミシンステッチをかけます。

10.
kokka-fabric.com/wp-kokka cushiocover
縫い終わったところで、画像の順番で表布に重ねていきます。

11.
kokka-fabric.com/wp-kokka cushiocover
3枚が重なるところに注意してまち針でしっかりととめます。

12.
kokka-fabric.com/wp-kokka cushiocover
周囲をぐるりと縫います。

13.
kokka-fabric.com/wp-kokka cushiocover
角をこのように折りたたんでから表に返しアイロンで形を整えて完成です。

裁ち方図と作り方はこちら
button_tt

コッカファブリックでは、引き続きこちらのCraft&Sewingのコーナーで作品を作ってくださる手作り作家さんを募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。

クッションカバー

サイズ:45cm×45cm(50cm×50cm のクッション⽤)

「Geometory of the Nordic」のドットボーダー柄を使ったクッション、色違いで3種類作りました。シンプルな北欧テイストのインテリアのアクセントにぴったりです。

デザイン・製作::佐藤いづみ


使用した布:
 Geometric of the Nordic P28100-101(B)


材料:
□⽣地:100cm×50cm
□接着芯:10×50cm
□コンシールファスナー:⻑さ56cm を1本

cs53_cushion_cover

クッションカバーについて、佐藤さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
サテン地なので、程よく光沢があり滑らかで、柔らかく肌触りのいい生地なので、洋服やインテリア雑貨のほかにも、布団カバー、ピローケースなどの寝具にも向いていると思います。大きさの違うドットの組み合わさったポップで大胆な柄なので、なにかアクセントになるものを作ろうと思いました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
とてもインパクトのある生地なので、インテリアのアクセントになるクッションカバーにして、ちょっとしたお部屋の模様替えのアイテムにしました。クッション(50cm×50cm)より少し小さめのカバー(45cm×45cm)を作って、プックリとしたクッションになるようにしました。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
コンシールファスナーを付ける縫い代に芯を貼ると、伸び止めにもなるし、補強にもなるので安心です。コンシールファスナーを縫うときに、コンシールファスナー押さえを使うと簡単につけられます。布をひっくり返すときに、縫い代をアイロンでしっかり折っておくと、返した時に角がきれいに出ます。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
ソファーや木の椅子などに無造作に置くと可愛いです。一つ置いても部屋のアクセントにもなるし、何個か置いたりすると色がバラバラでもまとまった感じになります。

KF:佐藤さん、どうもありがとうございました!クッションカバーの作り方プロセスも佐藤さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

クッションカバーの作り方

1.
process_01
布を裁断します。大きさの違うドット柄なので、使う柄の部分を変えると裏と表で違った印象のクッションカバーができます。

2.
process_02
ファスナーをつけるところに伸び止めの芯を貼ります。ファスナー付け部分の縫い代は1.2cmです。端から3cmずつ縫います。ファスナー止まりにところはしっかり返し縫いしてください。

3.
process_03
縫い代をアイロンで割ります。縫っていないところは1.2cmで折ってください。縫い代を割ったら、ファスナーの裏面を上にして待ち針でとめます。コンシールファスナーの端と縫い代の端を合わせてください。

4.
process_04
コンシールファスナーの端から3mmくらいのところを縫って、縫い代とファスナーを縫い合わせます。

5.
process_05
押さえ金をコンシールファスナー押さえに変えて、コンシールファスナーを縫いつけます。

6.
process_06
縫うときに下げていたファスナーの持ち手の金具を上げます。裏側から持ち手の金具を手で持つと、少し固いですが上がります。

7.

process_07
ファスナーについている留め金具をファスナー止まり位置に動かしてペンチなどで金具をつぶして動かないように固定してください。固定したら、余っているファスナーをカットしてください。

8.
process_08
周りをぐるっと縫います。縫う前に必ずファスナーが開いた状態になっていることを確認してください。ファスナーが開いていないと後で、布をひっくり返せないためです。周りをぐるっと縫ったら、縫い代にロックミシン又はジグザグミシンをかけます。

9.
process_09
布をひっくり返します。アイロンで縫い代を折ってからひっくり返すとクッションカバーの角がキレイに出ます。布をひっくり返し、仕上げアイロンをかけたら出来上がりです。

裁ち方図と作り方はこちら
button_tt

コッカファブリックでは、引き続きこちらのCraft&Sewingのコーナーで作品を作ってくださる手作り作家さんを募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。