#ワンハンドルバッグの作り方

丸底リュック

サイズ:縦40cm 底の直径18cm

大人女子の普段着コーデに合わせたい、おしゃれなリュックができました。使った布は「jimon」シリーズ。バッグづくりに最適な中厚地の10番オックスです。英文字柄に星柄のポケットがアクセント。ワンハンドルのトートとしても使える、細めの肩紐もポイントです!

デザイン・製作:あんりこ


使用した布:(表布・口布・肩ひも・タブ)LO-41070-2B
(ポケット)LO-41070-1B


材料:
□生地(表布・口布・肩ひも・タブ):80cm(みみを含む)×90cm
(ポケット):40cm×30cm
   (裏布):90cm×50cm
□角カン:4cmを1個

cs309_1cs309_2
*作品写真の無断転載はご遠慮ください。

丸底リュックについて、あんりこさんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
しっかりめのオックス、バッグを作るにはとってもいい素材感に加えて、アメリカンヴィンテージ風のプリント!大人女子は躊躇う方も多いリュックにしてみました。このハードな雰囲気を活かせば、かっこいい演出をしてくれます。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
リュックは難易度高めになりがちですので、これはシンプルな構造な中に、使い勝手と防犯を留意した形を考えてみました。入れ口は、肩紐がカンを通ることで閉じる仕組みです。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
生地自体も中厚地なため、針は厚地用を使って折れないように気を付けてください。できましたら、糸も太いものを使うと見た目が格好よくなります。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
女性が使う想定で、肩紐を細く華奢にしています。スカートコーデでも可愛いですよ。また、中身がたくさん詰まったときには、ワンハンドルのトートバッグのように使うこともできます。

KF:あんりこさん、どうもありがとうございました!丸底リュックの作り方プロセスもあんりこさんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

続きを読む

ワンハンドルラウンドバッグ

サイズ:縦20cm 底の直径15cm

なんとも可愛らしい丸底のワンハンドルバッグです。使った布はTOY FABRICSシリーズ。表は動物たちの群れ、裏は足跡など動物たちが移動した後が描かれたリバーシブル生地です。ちょっとそこまでのお出かけにぴったりの小ぶりのバッグ。きれいな色合いは収納アイテムとしてお部屋に置いても素敵です。

デザイン・製作:杉野未央子


使用した布: EVX71000-3B


材料:
□生地 110cm幅×50cm

cs248_onehandlebag
*作品写真の無断転載はご遠慮ください。

ワンハンドルラウンドバッグについて、杉野さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
可愛さとオシャレさを併せ持った、動物のイラストがまず魅力的です。
柄の線がオレンジの側と、地色がオレンジの側とのリバーシブルになっているので、合わせやすくて使いやすいと思いました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
布がしっかりしているので、芯を使わなくても、きっちり自立します。
バッグとして使っても良いし、小物を入れてお部屋に飾る収納をしても素敵だと思います。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
丸い形は苦手に思う方も多いのですが、実際に縫ってみると、四角で角を作るよりも円の方が楽だったりします。ちょっと面倒でも、しつけをしてから縫うと安心ですよ。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
口辺にホックをつけたり、巾着をを付けるのもおすすめです。
カジュアルなので、スポーティな装いの時に持っていただきたいです。

KF:杉野さん、どうもありがとうございました!ワンハンドルラウンドバッグの作り方プロセスも杉野さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

続きを読む

大きなワンハンドルバッグ

サイズ:縦28cm 横(口側)41cm (底)31cm まち10cm

ぱっと目を引く朱色が印象的なワンハンドルバッグです。使った生地は、echinoの人気モチーフ、シカが刺繡されたシリーズ。プリントとはひと味違った立体感が楽しめます。たっぷり入る大きめバッグ、カジュアルになりすぎないよう、ゴールドのリングをハンドルにつけて大人っぽさをプラスしました。

デザイン・製作:田巻由衣


使用した布:
(表布)echino samber JG96170-70D


材料:
□生地
 (表布):90cm×80cm
 (裏布):90cm×80cm
□接着芯:40cm×10cm
□タグ(革):3cm×5cm
□リング:直径10cmを1個

20170921tamaki-kansei120170921tamaki-kansei3-_800px
*作品写真の無断転載はご遠慮ください。

大きなワンハンドルバッグについて、田巻由衣さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
ちりばめられた刺繍は、プリントよりも雰囲気があり素敵です。
刺繍の部分をたくさん使いたかったので、大きなバッグに。
また、質感をのこして、かっちりしていないラフなバッグを作りたいと思いました。
余った布にもまだまだ刺繍がありますので、ポーチなどの小物もお揃いにできそうです。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
たっぷり入ってラフに使える、ワンハンドルバッグです。
ゴールドのリングで大人っぽさを出しながら、荷物の飛び出し防止にしました。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
縫う順番を間違えなければ、簡単に仕上がります!
本体を縫うときに、持ち手を一緒に縫わないように気を付けてください。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
大きなバッグで目立つ色なので、シンプル・カジュアルな服に合わせて
気軽にもちたいと思います。

KF:田巻さん、どうもありがとうございました!大きなワンハンドルバッグの作り方プロセスも田巻さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

続きを読む

くったりショルダーバッグ

サイズ::縦30cm 横(⼝側)45cm まち10cm

echinoのジャガード生地を使ったショルダーバッグが登場。作ってくれたのは、ハンドメイド作家で人気ブロガーの猪俣友紀さんです。クラシック調の「damask」柄のなかにもechinoらしい「鳥」が描かれたスペシャルな布を、あえて色違いで組み合わせ、個性豊かな作品に仕立ててくれました。

デザイン・製作:猪俣友紀


使用した布: echino damask JG96150-51 (A), (C)


材料:
□⽣地(側⾯A・B、持ち⼿):80cm×60cm
(側⾯C・D):50cm×40cm
(裏布):50cm×80cm
□マグネットボタン(切り込みタイプ):直径1.8cm を1組
□当て布または接着芯:10cm×10cm

2930

くったりショルダーについて、猪俣さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
すごく上品な質感の生地で、どうやったら生地を生かした作品ができるかものすごく悩みました。リビングのクッションカバーやカーテンなど、ファブリック系に使用するとより生地の特性を生かせる気がしますが、今回はあえて、柄を大きく生かしたバッグに仕上げてみました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
ジャガードニット、そして厚みのある生地だったので普段は片倒しにする縫い代の処理の方法を変えてみました。また、くたっとした質感を上品な生地と融合させるのにどんな作品にしたら一番映えるかものすごく悩みました。色の違う同じ柄を合わせることでシンプルでもインパクトのある作品に仕上げることができたかと思います。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
伸びやすいニットは通常レジロンというニット専用の糸を使用しますが、今回は普通地用のミシン糸で仕上げています。縫い目の幅を3mmほどにすると縫いやすくなります。

仕上げで持ち手をつけるときは、思いっきり目立つように色の違うミシン糸でステッチ感覚で縫い合わせると遊びもでて楽しいです。

今回は布耳を使用していますが、普段は切り落として捨ててしまう部分も作品の中に加えてみると、遊び心があって楽しいです。是非チャレンジしてみてくださいね。

レシピでは布耳を使用していますが、後ろ面の処理と同じように、縫い代で割る縫い方でも代用可能です。
布耳で作る場合は、縫い代の取り方にコツがいるので、最初に後ろ面を作ってから、当てながら幅を決めるのも間違いがなくいいかと思います。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
肩ショルダーを長めにしているので、お好みの長さにあわせると、もう少し脇の下でキュッとするようなワンハンドルができたり、逆に長くするとポシェットにもできるので、用途に合わせて調整していただけたらと思います。

現在は腰骨の当たりで収まるサイズ。荷物が増えても入れやすく、肩にも負担がかかりにくいデザインに仕上げています。

KF:猪俣さん、どうもありがとうございました! くったりショルダーの作り方プロセスも猪俣さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

続きを読む