浴衣巾着

サイズ:縦25cm 底の直径9cm

夏祭りに花火大会・・・まさに夏本番!今回の作品は盛夏の季節、浴衣でのお出かけにもぴったりな巾着です。使った布はK.A.E.。型染めという方法で布を作っているKanamorikaeさんとのコラボレーションで作ったシリーズです。

デザイン・製作:あんりこ


使用した布: EKA-1050-1AEKA-1050-2A


材料(1点分):
□生地(側面表布・底・ひも通し):80cm×30cm
(側面裏布):62cm×27cm
□厚紙またはPPシート:直径9cm
□ひも:直径0.2cmを1.2m

cs268_1
*作品写真の無断転載はご遠慮ください。

浴衣巾着について、あんりこさんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
和を思わせる色合いで、どことなく涼しげ…真っ先に浴衣に合わせたら素敵!と思いまして、最も需要があるであろう巾着にしてみました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
生地は何かと扱いやすい綿麻キャンバスですが、和風味を増そうと、和小物らしい構造を取り入れてます。紐をループに通すから出るプリーツや、底は茶入れの仕覆のようにしっかりさせ、ぽってりしたシルエットになるようにしています。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
紐のループはとても細く穴も小さいので少し手間かもしれませんが、ゆるいと紐がスルスルして締まりませんのでこうなっています。とはいえ、ループだと、袋はその分ただただ縫うだけです。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
浴衣は古典的な色柄がリバイバルしているとか…小物はこんな可愛らしい柄を取り入れたら素敵だと思います。また、ご旅行のお宿バッグにしていただくなど、巾着はちょっと欲しい袋物、作っておくと便利ですよ。

KF:あんりこさん、どうもありがとうございました!浴衣巾着の作り方プロセスもあんりこさんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

続きを読む


『自慢したくなる手作りワンピース』(ブティック社)にコッカの生地が掲載されました!

例年よりずいぶん早かった今年の梅雨明け。
連日の猛暑、酷暑のなか、今年はいっそう涼しげなワンピースの出番が多くなりそうですね。

『自慢したくなる手作りワンピース』(ブティック社)には、naniIRO、Trefle cucitoのダブルガーゼを使ったワンピースが紹介されています。ソーイングレシピもついていますので、ぜひご覧ください!
tezukuri_one_piece_1

「後ろリボンのキャミワンピース」は、nani IRO Textileの「CAMINO」、薄手リネン100%。JG-10721-1B
tezukuri_one_piece_2tezukuri_one_piece_3

「パフスリーブのワンピース」は、Tréfle cucito。綿100%のローンです。YK-51040-1C
tezukuri_one_piece_4


【RANKING】6月の販売ランキング

1位はechinoの新柄、6月に発表したSprout, 2位もechinoでこちらはTriangle。ともに綿55%麻45%のキャンバスです。3位は夏ならではの星座柄、Blue sky がランクインしました。こちらは綿100%のダブルガーゼです。

販売ランキングは、コッカファブリックを扱ってくださる全国のショップ様からの受注数に基づいています。


ボリューム袖のブラウス

サイズ:身長110cm用

ふんわりとした袖が愛らしいキッズ用のブラウスです。使った布は表も裏も両方楽しめるリバーシブルプリント。身頃と袖口は表、袖は裏を使ってツートーンのコンビネーションに仕上げました。ダブルガーゼ素材なのでゆったり。着心地の良さもうれしい一着です。

デザイン・製作:野原尚美(lepolepo)


使用した布:YK-56120-2A


材料:
□生地:108cm幅×1m
□ゴムテープ:幅0.5cmを50cm
□ボタン:直径1.1cmを1個

IMG_0076Processed with VSCO with f2 presetIMG_0073
*作品写真の無断転載はご遠慮ください。

ボリューム袖のブラウスについて、野原さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
グレンチェックがシックで大人っぽい印象ですが、ドット柄なので子ども服にも使いやすい柄だと思いました。
リバーシブルを活かして、身頃と袖の配色を変えた遊び心のあるデザインにしてみました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
長袖ですがダブルガーゼ素材でゆったりしていて、袖口もゴムでまくれるので秋に向かっていく季節にぴったりのお洋服だと思
います。袖をクシュっとまくると、ふんわりとなるのも可愛いです。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
今回は少しアクセントを付けるため、袖口別布を使い配色にしましたが、配色無しにする場合は袖丈に縫い代分(3.5cm)を足して裁断してください。

KF:どんなコーディネートがおすすめですか?
ワイドパンツや長めのスカートなどを合わせると、旬のお出かけスタイルになると思います。

KF:野原さん、どうもありがとうございました!ボリューム袖のブラウスの作り方プロセスも野原さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

続きを読む


口折れサコッシュ

サイズ:縦(口側を折った状態)20cm 横(底)27cm まち2cm

口を折るだけの簡単仕上げでつくるおしゃれなサコッシュです。サコッシュは、ポシェットより少し大きめのショルダーバッグで、もともと自転車のロードレーサーたちが使っていた、たすき掛けの袋なのだそう。使った布はアメリカ人デザイナー、エレン・ベイカーさんの新柄。ブラック&ゴールドのスタイリッシュな柄は大人バッグにぴったりです。

デザイン・製作:杉野未央子


使用した布: Ellen Baker EKXA-5200-2A


材料:
□生地(表布):70cm幅×30cm
(裏布):40cm幅×70cm
   (底布):40cm幅×20cm
□テープ:幅3cmを1.4m
□ナスカン、角カン:内径3cmを各2個
□コキカン:内径3cmを1個

cs266_1cs266_2
*作品写真の無断転載はご遠慮ください。

口折れサコッシュについて、杉野さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
メリハリのある黒とゴールドの柄がカッコいいので、クールなデザインにしようと思いました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
口を折るだけの、出し入れのしやすさと、体に沿う持ちやすさを考えました。 

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
布とテープが重なるところなどは、縫いにくいかもしれません。
 ゆっくりと手でプーリー(ミシンの手回し部分)を回しながら針を進めると安心です。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
無地のシャツなどのシンプルな服に合わせると映えると思います。
ショルダーを短めにして、背中の真ん中辺にくるように持つとカッコいいです!

KF:杉野さん、どうもありがとうございました!口折れサコッシュの作り方プロセスも杉野さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

続きを読む


2 / 15012345...Last »