bookmark_border2022/06 designers catalog

6月発表のの新しい商品になります。

アパレルメーカー”marble SUD”とのコラボテキスタイルや
KESHIKIの復刻柄、yuiの新柄
人気の定番ブランド、echinoやNaomi Ito textile naniIroの新柄など
盛りだくさんなdesigners catalogになります
ぜひチェックお願いします。

webカタログはこちら
button_ttp

bookmark_borderほっそり見えるAラインシルエット♪ ロングフレアスカートの作り方

Aラインシルエットが美しいロングフレアスカートです。モノトーンの花柄スカートは、トップスにシンプルな白を合わせても、ビビッドな色を合わせても大丈夫。幅広いコーデが楽しめます。使った布は「Let’s make a Skirt」シリーズ。コットン85%、リネン15%のコットンリネンブレンドシーチングです。

デザイン・製作:コッカファブリック


使用した布:YKA-96040-2A


材料:
□表地:110㎝幅×350㎝
□接着芯(薄芯):タテ約20㎝×ヨコ約50㎝
□3㎝幅ゴムテープ:32㎝×1本


サイズ:M

◎裁ち方図とソーイングレシピ

◎PDFでもダウンロードできます
button_tt

bookmark_border金具や紐がなくても作れる♪ ショルダー巾着バッグの作り方

*作品写真の無断転載はご遠慮ください。

巾着なのに肩からかけられる便利なバッグです。使った布は「KESHIKI(ケシキ)」シリーズの[MOUNTAIN]。建物が並ぶ街と山々の風景をモチーフにした柄です。隙間なくモチーフが並んだデザインは、柄合わせや布どりを気にすることなく作れます。柔らかくしなやかな綿麻ビエラ生地は、ワンピースやスカートなどの洋服づくりにもおすすめです。

デザイン・製作:杉野未央子


使用した布:EWX-4020-1B
*こちらの布はオンラインショップで販売中です。(2022.06現在) 
 布の品番をクリックするとオンラインショップページがご覧頂けます。


材料:
□生地(側面表布):52cm×21㎝
   (底表布・肩ひも・ひも・裏布):70㎝×70㎝


サイズ:縦25㎝ 横(口側)25㎝ (底)19㎝ まち幅6㎝

ショルダー巾着バッグについて、杉野さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
爽やかで、見ていて心地よい景色が一面に描かれたような布。小物にも大きなものにも使いやすい柄です。綿麻ビエラの柔らかく滑らかな印象を活かしたくて、巾着タイプのバッグにしました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
景色を切り取った写真のように、上下に白を配して美しい色柄が活きるようにしました。金具や紐など副資材が手元になくても完成できるデザインですので、作ろう!と思ったときすぐに取り掛かれますよ。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
返し口であり、巾着ひもの通し口でもある部分をロの字に縫い押さえるときは、筒状になった本体布の内側面が表にくるようにして、ロの字部分まで押え金を滑り込ませます。筒の上側をくしゃっとまとめてロの字部分が見えるようにして縫っていってくださいね。

KF:コーディネートアドバイスをお願いします!
口を引き絞ったあとの紐部分は、口回りにくるっと回してひっかけてとめます。
1回転でひもを長く垂らしておいてもおしゃれですし、2回転させてコンパクトにまとめてもスッキリします。シンプルな無地の服のときなどに、きれいな色柄が良いポイントになると思います。

KF:杉野さん、どうもありがとうございました!ショルダー巾着バッグの作り方プロセスも杉野さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

『金具や紐がなくても作れる♪ ショルダー巾着バッグの作り方』の続きを読む

bookmark_border新企画スタート!「コッカファブリックのオリジナル生地を作ろうプロジェクト」

「コッカファブリックのオリジナル生地を作ろう!」という新たなプロジェクトがスタートしました!

プロジェクトメンバーは、コッカファブリックの人気コーナー、「craft & sewing」でコッカの布で作品を作ってくれているクリエイターの4名。杉野未央子さん、猪俣友紀さん、田巻由衣さん、武井聡美さんです。


▲右から、杉野さん、猪俣さん、田巻さん、武井さん、コッカスタッフ、コッカスタッフ

コッカファブリックでは、クリエイターさんたちを招いて不定期に「座談会」を開催していました。毎回、ユーザー目線のストレートな意見に耳を傾けるうちに、「クリエイターさんたちと一緒に生地を作りたい!」となり、新プロジェクトがスタートしたのです。

「座談会レポート」改め、プロジェクトの制作ストーリーをお伝えしていきます!

生地サンプルを見ながら意見交換

プロジェクト1回目のミーティングが行われたのは、5月下旬。実際に生地を見ながら、ということでコッカの東京支社に集まりました。

今年3月に行った座談会、「こんな生地、あったらいいな」を経て、クリエイターのみなさんには、お気に入りの生地を送ってもらっていました。その生地を見て、コッカでいくつか生地のサンプルを選び、事前にクリエイターのみなさんに送っています。

第1回目は、使いやすい生地や好きな柄について、生地のサンプルを見ながらの意見交換です。

『新企画スタート!「コッカファブリックのオリジナル生地を作ろうプロジェクト」』の続きを読む