HANAg(ハナグラム)

「花で模様を作る」ことから生まれたテキスタイル

美しい花と美味しそうなフルーツが並んだヴィヴィッドな布。デザインを手がけたのは、花に関するさまざまな制作物を手がけてきたアートディレクターのEMIさんと、フラワーアーティスト&フォトグラファーのYOKOさん。「花で模様を作ったらどうだろう。花×モノグラムみたいな……」(EMIさん)。そんな自由な発想で、YOKOさんがフラワーアレンジメントを作って撮影、EMIさんがそれをデザインしたそう。インクジェットプリントにより、微妙な色のニュアンスがみごとに再現されています。

りんご JG50000-1A オックスインクジェット
JG50000-1A_1JG50000-1A_2

「最初にカラーありき! で素材を選びます。りんごで赤の模様を作りたい、そう思ってできあがったのがこの布です」(EMIさん)。赤…りんご…ガーベラと、連想ゲームのように「赤」の花とフルーツをつなぎました。まあるいりんごが、まるで大きなドット柄のよう。子ども服にしたら、とびきりおしゃれな女の子になりそう!

続きを読む


阪急セッセ echinoイベント

写真 1

2/25日から3/2まで、梅田阪急10階梅田スーク南街区パーーク(セッセ前)で
echino展を開催しています。
2/28にはデザイナー古家悦子さんも来展予定!
是非この機会にお越し下さい^^

よろしくお願いします。


羊のポーチ

サイズ:縦13cm 横19cm

大小の羊が可愛く並んだ柄は、エレン・ベイカーさんの新柄。作ってくれたのは、中山佳苗さん。「通帳入れにもぴったり!」という使い勝手もよさそうなポーチを考えてくれました。

デザイン・製作: 中⼭佳苗


使用した布: charms JG42200-201(B)


material:
□⽣地(本体裏布・ふた表布・裏布):70cm×20cm
(本体表布・カードポケット(細コーデュロイ)):50cm×20cm
(ファスナーポケット上・下(チェック)):50cm×20cm
□接着キルト芯:20cm×10cm
□ファスナー:⻑さ18cm を1本
□⾰テープ:幅0.2cm を50cm
□くるみボタン:直径2cm を1個

cs95_1cs95_2cs95_3

羊のポーチについて、中山さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
今年の干支の羊が並んでいるお洒落なデザイン。優しいグリーンとブラウンの組み合わせが素敵です。
ところどころに小さな羊さんがいて、それがとても可愛いかったので、その部分がメインにくるように裁断しました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
カードが入る三連のポケットとファスナーポケットを付けました。ボタンは共布でくるみボタンを作りました。あれこれいろんな布を使うより、ある程度絞った方がまとまりがあるように思います。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
比較的パーツが多いので、どことどこを縫うかを確認しながら慎重に縫います。カードポケットの仕切りとなる直線縫いは、曲がってしまうとカードが入らなくなるのでまっすぐ縫うようにしてください(真ん中のポケットにカードが入るかをチェック!)。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
ファスナーポケットに通帳を入れて、銀行用のポーチにしてもいいと思います。

KF:中山さん、どうもありがとうございました!羊のポーチの作り方プロセスも中山さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

続きを読む


charms(チャームズ)2

幸運をもたらすモチーフもあり!

先週に引き続き、エレン・ベイカーさんの新柄、charmsをご紹介します。今週の布は綿麻キャンバス。2015年の干支である羊やフルーツなど、親しみやすいモチーフなので、バッグはもちろん、インテリアやキッチン雑貨にしてもいいですね。もちろん、キラキラ感が魅力のメタリックゴールドの配色もありますよ。

Persimmons JG42200-200 綿麻キャンバス
kokka-fabric.com JG42200-200_1kokka-fabric.com JG42200-200_2

大きめの柄で、フルーツモチーフとなれば、ランチョンマットやテーブルクロス、ポットホルダーといったキッチン雑貨にぴったりです。

続きを読む


ダブルガーゼのグリーンバッグ

サイズ:縦 25cm 横 23cm まち 10cm

エレン・ベイカーさんの新柄、charmsのダブルガーゼ布を使ったバッグです。ダブルガーゼの持つふんわりとしたやさしさに、メタリックゴールドのキラキラ感がおしゃれなスパイスに。作ってくれたのは、ナチュラルなお洋服や小物が人気の布作家の清水きみえさんです。

デザイン・製作:清⽔きみえ(style of ile)


使用した布: :(本体表布)JG42100-102(B)
(⼝布)JG42100-100(C)


材料:
□⽣地(本体表布):30cm×60cm
(⼝布):50cm×20cm
(本体裏布(リネン)):30cm×60cm
(持ち⼿(リネン)):30cm×30cm

cs94

「ダブルガーゼのグリーンバッグ」について、清水さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
ダブルガーゼの柔らかさもありつつ、しっかりした生地感だと思いました。ラメプリントの部分だけ、硬く、その点では小物に向いてる気がします。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
ダブルガーゼの質感を生かしながらも、手提げなのでしっかりめのリネン生地を重ねて使いました。ミシンをする箇所をなるべく少なくて済むように、重ねたリネン生地との間に空気が入るよう仕立てました。
今回一色を使い、水色の手提げにしましたが、黄色など合わせてもよいと思います。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
アイロンをきちんとかけてミシンまでの過程を進むと、仕上がりもきれいです。ミシンで縫う個所は少なく、かつ、マチも作れるレシピになっています。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
お財布や携帯を入れられるサイズなので、お出かけ用にぴったりです。室内履き入れ、バッグの中に入れるバッグインバッグなどにお使いいただけると思います。

KF:清水さん、どうもありがとうございました!「ダブルガーゼのグリーンバッグ」の作り方プロセスも清水さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

続きを読む


charms(チャームズ)

メタリックゴールドが新鮮! エレン・ベイカーさんの最新コレクション

お待たせしました! アメリカ、アトランタ在住のキルター、エレン・ベイカーさんの新作コレクションです。
「シンプルな幾何学模様のデザインに、ゴールドメタリックのテイストを加えました。ゴールドをプラスすることで、キラキラ感や面白さがでてきます。それだけでもとっても可愛いし、ほかの柄と組み合わせても素敵です」(エレン・ベイカーさん)
今週はダブルガーゼの3柄、来週は綿麻キャンバスを紹介します。

Plus Dots JG42100-100 ダブルガーゼ
kokka-fabric.com JG42100-100_1kokka-fabric.com JG42100-100_2

ダブルガーゼは、ベビーアイテムやキルト、お洋服にぴったり。Plus Dotsは、アイテムを選ばずに、幅広く使える万能柄です。

続きを読む


Inspiration file 83
echino 10th anniversary のパネル柄

来週の17日(火)からいよいよcocca代官山echino展が始まります。
この展覧会では、10周年を記念したスペシャルテキスタイルも揃うのですが、なかでも10th anniversaryのパネル柄は、echinoのヒストリーが感じられる、ファン垂涎のコレクションファブリック。
in83_1

「パネル分の中に、この布で何作ろうって考える楽しみがいっぱいで、布好きさんにはたまらないですね」とお話してくれたのは、craft&sewingの作者としておなじみのあんりこさん。インテリア雑貨からバッグ、和風小物まで、バリエーション豊かにさまざまなアイテムを作ってくれました。

echinoらしさを最大に生かしてくれた! と感激したのがこちらのフロアランプ。
in83_2
「布を見た瞬間に、この柄は光を灯したい!と思いました。そしてできる限り切りたくなかったので、縦長のフロアランプにすることにしました。このランプで以前、アクリル板に布を縫いつけるという力技をしたこともありますが、今回はマスキングテープと両面テープで元々のシェードに貼っただけです」(あんりこさん)

このフロアランプ、あんりこさんはシンプルなソファのサイドに置いています。
クッションに使っているのは、2015年コレクションの鹿柄、samberですね。craft&sewingでご紹介したミトンのあまり布を利用したそう。
in83_3

パネルのなかでも大柄をそのまま生かしたのが、こちらのバッグです。
in83_4
「この柄も大きな面で使いたかったので、新調しようと思っていたお買いものバッグにしました。綿麻キャンバスなので強度もありますから、思い切ってパネル分ほぼ全面の大きなバッグです。持ち手は、あまり穿かないジーパンをほどいて使っています。思い切った大柄で、たくさんの色が使われているバッグは、お洋服を選ばないので気に入っています」(あんりこさん)

そして、なんとこちらは和風の小物!金封ふくさと扇子ケースです。
in83_5
「この部分はニッポンの色だな~と感じたので、和小物風のものが作りたくなりました。日常でも出番のある小物2点です。扇子ケースの方は、布の耳側、柄が途中で切れている細い部分を使っています。細長いもの、MYお箸入れと迷いましたが、私はお弁当を持つ機会がないので扇子入れに…」(あんりこさん)
金封ペースは、ご祝儀袋を入れるだけでなく、通帳入れになりそう。

echinoのテキスタイルは、北欧っぽいという人もいれば、アジアンテイストっぽいという人もいたり、使い手のイメージに寄り添える懐の深さも魅力のひとつ。あんりこさんが提案してくれたように、和風にもできてしまうのです。

そんなechinoの奥深さをもっと知りたい! という方は、ぜひ来週のechino展にお越しくださいませ。cocca代官山(東京)の翌週、2/25(水)〜3/2(月)は、阪急うめだ本店(大阪) うめだスークでも開催されますので、関西方面にお住まいの方は、こちらへどうぞ!


【EVENT】2月のイベント情報

2/24(火)-3/1(日)
紙野夏紀のテキスタイルと貼り絵展

törten_event2

第3回コッカプリント大賞『Inspiration』にてグランプリを受賞した紙野夏紀さんの新作テキスタイル「Törten」(テルテン)の発表と、展覧会用に企画したオリジナル商品を販売します。テキスタイルデザインの原画となった貼り絵の作品に加え、アーティストとして活動する紙野夏紀さんの世界観をぜひご覧ください。

場所:cocca代官山 東京都渋谷区恵比寿西1-31-13 2F ギャラリースペース
TEL: 03-3463-7681
http://www.cocca.ne.jp

törten_event1


1 / 3312345...最後 »