Inspiration file96
コッカファブリック 秋の新柄展示会レポート

猛暑の夏が過ぎ去り、秋の足音が近づいてきた9月の1週目。コッカファブリックの展示会が東京で開催されました。本日は秋の新柄をいち早くみなさんにお届けします。

晴れやかな色彩を放ち、華やかに会場を盛り上げていたのは、北欧フィンランド生まれのテキスタイル、Pikku Saari(ピックサーリ)。ヘルシンキ在住のデザイナー、ERI SHIMATSUKAさんのデザインです。海辺の街、ヘルシンキでの日々の暮らしから生まれたモチーフが布いっぱいに広がっています。
in96_1

こちらも海外デザイナーの新シリーズ、Obiko(オビコ)(左)とMARISA(マリッサ)(右)。
in96_2

Obikoは、イギリスの海辺の街、ヘイスティングスを拠点に活動するリンダ・ウィリマムズさんが手がけるブランド。可愛すぎず、ウィットに富んだ絵柄は、大人の女性のバッグやポーチにしたらステキ。
in96_3a

MARISAは、ブログやSNSを中心に人気を集めるアメリカ人デザイナー、マリッサ・アンさんのブランドです。可愛らしいアニマルモチーフや小花は、子ども服づくりにもぴったり。小さな柄が多いので、ビギナーでも使いやすく、バッグから洋服まで、創作意欲がぐんぐん湧いてきますね。
in96_3b

そして大人気のechino。なんと今回はニットジャガードが発売されます! やわらかなニュアンスが表現できる素材なので、echinoの洋服づくりに新風を吹き込んでくれそうです。
in96_4

NAOMI ITOさんのnaniIROシリーズ。
in96_5
やわらかな点描画を思わせる美しい柄、Fuwari fuwariにモーリー起毛が登場です。会場には、Fuccra: rakuenのキルティング生地で作られたジャケットも。テキスタイルから伝わるやさしさが、ふんわりとしたキルトとみごとに調和。さすがnaniIRO、まるごと欲しくなりました。

9月の展示会といえば、入園入学の新柄がずらりと並ぶのも特徴です。なんと会場には小学校の教室も現れて・・・。人気キャラクタ―たちが授業を受けている光景は、なんとも微笑ましく、子どもたちにも見せてあげたい“プチ劇場”でした。
in96_6

こちらはPUTITE ECOLE(プチエコール)シリーズで作ったシューズ入れとレッスンバッグ。会場には、入園入学グッズ作りにおすすめの柄があちこちに。ディズニーやキティちゃんなど、人気のキャラクターの新柄も続々登場していましたので、もうじき店頭に並ぶのが楽しみです。
in96_7

展示会レポート、駆け足でのご紹介になりましたが、新柄はまだまだいっぱい。毎週月曜日、順番にtextile storyでクローズアップしていきますので、お見逃しなく!


前掛けトート

サイズ:縦30cm 横(⼊れ⼝)41cm、(底)27cm まち14cm

「昭和レトロ」シリーズの看板柄で作ったトートバッグです。厚手の8号帆布なので、しっかりとした仕上がりに。チェッカー柄の持ち手、表布の白い綿テープ、吊るしポケットのMADE IN JAPANタグなど、小粋なアクセントが随所に。作ってくれたのは、ブログ「花々楽しい日」のハンドメイド作品が人気の中山佳苗さんです。

デザイン・製作:中⼭佳苗


使用した布: P38100-101 (A)


材料:
□⽣地( 本体表布):90cm×50cm
(本体裏布):50cm×80cm
(持ち⼿表布):50cm×20cm
(持ち⼿裏布):50cm×20cm
(ポケット):20cm×60cm
□綿テープ:幅2cm を122cm

cs122_maekaketote1

前掛けトートについて、中山さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
この布を見た時は迷わず「和テイストのトートバッグを作ろう!」と思いました。
イメージは配達用の前掛け。「粋なお兄さん」のようなバッグを目指しました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
デザインのポイントは綿テープを走らせて前掛けの紐っぽくしたところと
吊るしポケットに布端のMADE IN JAPANを切り取り、タグ風に縫いつけたところです。
ちょっと遊び心を加え、楽しいバッグになりました。
cs122_maekaketote2

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
8号帆布なので生地は厚いですが、硬くないし針が滑ることもないので
家庭用ミシンでも問題なく縫うことができます。針と糸をいつもより太めにして
焦らずゆっくり縫うように心がけました。 ミシン針16番、ミシン糸30番を使用。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
ジーンズに白いTシャツといったような、カジュアルな服装に合わせるとカッコいいと思います。

KF:中山さん、どうもありがとうございました! 前掛けトートの作り方プロセスも中山さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

続きを読む


昭和レトロ

昔懐かしいモチーフの和調柄

“昭和”な雰囲気が漂う布ができ上がりました。昔、醤油屋さんや酒屋さんで働いている人はこんな“前掛け”を使っていた……。そんなイメージでデザインしたシリーズです。金ラメを使ってゴージャスに仕上げています。生地は厚手の8号帆布です。

だるま P38100-100 8号帆布
kokka-fabric.com P38100-100_1kokka-fabric.com P38100-100_2

幸せを叶えるだるまをモチーフにした布です。「七転び八起き」ー倒れても起き上がる、という意味も込めて、倒れているだるまも配置しています。

続きを読む


file 007
Lisa Grueさん(アーティスト&イラストレーター)

スカンジナビアの森から生まれた 神秘的なテキスタイル

今回ご紹介するのは、デンマークのデザイナー、リサ・グルーさん。2015年前半のコッカ展示会でデビューしたシリーズ、「スカンジナビアンダイアリー」は、スカンジナビアの森からインスピレーションを受けたというファンタジックな柄が印象的でした。持ち前のユーモアと個性豊かな発想、そしてそこに潜む女性的な表現……。その独特なアートワークが生まれる背景や制作スタイル、日々の暮らしについてお話を伺いました。
_MG_0987x

(コッカファブリックドットコム 以下、KF)テキスタイルデザインを手がけるようになったきっかけは何だったのですか?

 デンマークのロイヤルアカデミー オブ ファインアート、スクール オブ デザインで学びました。学部生のときはテキスタイルデザインを専攻し、修士に進んでからはヴィジュアル・コミュニケーションを学びました。最終的には、グラフィックデザインの修士号を取得したのですが、テキスタイルへの情熱は忘れたことはありません。グラフィックとテキスタイル。その2つのコンビネーションは、私にとってパーフェクトだったのです。

続きを読む


クラッチバッグ

サイズ:縦(広げた状態)42cm 横37cm

大きめキノコの実写モチーフが特徴のCARAMEL-CRUNCH★Fabricを使ったクラッチバッグです。ポップでカラフルな生地に、革とゴールドのカシメをつけて、大人の女性が持ちやすい雰囲気に。作ってくれたのは、センスのいい手作り雑貨が人気のハンドメイド作家の田巻由⾐さんです。

デザイン・製作:⽥巻由⾐


使用した布: :CARAMEL-CRUNCH★Fabric H3140-1 (B)


材料:
□⽣地(表布A):110cm 幅×40cm
(表布B(プリント)):40cm×20cm
(表布C(無地)):40cm×20cm
(裏布(帆布)):90cm×40cm
□⾰はぎれ:好みの⼨法(作品は幅約7cm× ⻑さ約30cm)
□接着芯:少々
□カシメ:直径0.9cm を5個

20150805tamaki_kansei220150805tamaki_kansei

クラッチバッグについて、田巻さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
インパクトのあるドット柄が個性的で素敵だと思いました。
くっきりとした色合いを生かして、合わせる生地はシンプルに。
生地を横に使うことで、無駄も出ず、可愛いキノコ柄も両面で楽しめます。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
マチもファスナーもなくとっても簡単な作りですが、
これが意外と便利です!開け閉めが楽で紙袋のような気楽さで使えます。
デザインは大人が持ちやすい雰囲気になるよう、
革とゴールドのカシメでアクセントをつけました。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
ハンプなど、厚手の生地で内袋を仕立てれば、簡単に、
かっちりとした かっこいいクラッチバッグになります!
カシメは、カシメプライヤーを使うと 音も出ずきれいに仕上がりますよ。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
シンプルな服にとっても映えると思います!
まっすぐな作りなので本や書類も入れやすく、
バッグインバッグのように使うのも良いですね。

KF:田巻さん、どうもありがとうございました!クラッチバッグの作り方プロセスも田巻さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

続きを読む


1 / 8112345...Last »