クッションカバー

サイズ:45cm×45cm(50cm×50cm のクッション⽤)

「Geometory of the Nordic」のドットボーダー柄を使ったクッション、色違いで3種類作りました。シンプルな北欧テイストのインテリアのアクセントにぴったりです。

デザイン・製作::佐藤いづみ


使用した布:
 Geometric of the Nordic P28100-101(B)


材料:
□⽣地:100cm×50cm
□接着芯:10×50cm
□コンシールファスナー:⻑さ56cm を1本

cs53_cushion_cover

クッションカバーについて、佐藤さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
サテン地なので、程よく光沢があり滑らかで、柔らかく肌触りのいい生地なので、洋服やインテリア雑貨のほかにも、布団カバー、ピローケースなどの寝具にも向いていると思います。大きさの違うドットの組み合わさったポップで大胆な柄なので、なにかアクセントになるものを作ろうと思いました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
とてもインパクトのある生地なので、インテリアのアクセントになるクッションカバーにして、ちょっとしたお部屋の模様替えのアイテムにしました。クッション(50cm×50cm)より少し小さめのカバー(45cm×45cm)を作って、プックリとしたクッションになるようにしました。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
コンシールファスナーを付ける縫い代に芯を貼ると、伸び止めにもなるし、補強にもなるので安心です。コンシールファスナーを縫うときに、コンシールファスナー押さえを使うと簡単につけられます。布をひっくり返すときに、縫い代をアイロンでしっかり折っておくと、返した時に角がきれいに出ます。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
ソファーや木の椅子などに無造作に置くと可愛いです。一つ置いても部屋のアクセントにもなるし、何個か置いたりすると色がバラバラでもまとまった感じになります。

KF:佐藤さん、どうもありがとうございました!クッションカバーの作り方プロセスも佐藤さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

クッションカバーの作り方

1.
process_01
布を裁断します。大きさの違うドット柄なので、使う柄の部分を変えると裏と表で違った印象のクッションカバーができます。

2.
process_02
ファスナーをつけるところに伸び止めの芯を貼ります。ファスナー付け部分の縫い代は1.2cmです。端から3cmずつ縫います。ファスナー止まりにところはしっかり返し縫いしてください。

3.
process_03
縫い代をアイロンで割ります。縫っていないところは1.2cmで折ってください。縫い代を割ったら、ファスナーの裏面を上にして待ち針でとめます。コンシールファスナーの端と縫い代の端を合わせてください。

4.
process_04
コンシールファスナーの端から3mmくらいのところを縫って、縫い代とファスナーを縫い合わせます。

5.
process_05
押さえ金をコンシールファスナー押さえに変えて、コンシールファスナーを縫いつけます。

6.
process_06
縫うときに下げていたファスナーの持ち手の金具を上げます。裏側から持ち手の金具を手で持つと、少し固いですが上がります。

7.

process_07
ファスナーについている留め金具をファスナー止まり位置に動かしてペンチなどで金具をつぶして動かないように固定してください。固定したら、余っているファスナーをカットしてください。

8.
process_08
周りをぐるっと縫います。縫う前に必ずファスナーが開いた状態になっていることを確認してください。ファスナーが開いていないと後で、布をひっくり返せないためです。周りをぐるっと縫ったら、縫い代にロックミシン又はジグザグミシンをかけます。

9.
process_09
布をひっくり返します。アイロンで縫い代を折ってからひっくり返すとクッションカバーの角がキレイに出ます。布をひっくり返し、仕上げアイロンをかけたら出来上がりです。

裁ち方図と作り方はこちら
button_tt

コッカファブリックでは、引き続きこちらのCraft&Sewingのコーナーで作品を作ってくださる手作り作家さんを募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。


Candy Party

ソーイング好きのママさんが欲しいものを形に!

キュートな布でおなじみのキャンディパーティの新柄が登場! ソーイング好きが集まって「ソーイングをもっと楽しく!」というテーマで企画した楽しい生地です。「ソーイングのポイントは、柄と柄との組み合わせから生まれる新しい柄を楽しむことです」(キャンディパーティ)

tuzuki2 H-3049-1 シーチング
candy party  www.kokka-fabric.com

  • candy party  www.kokka-fabric.com
  • candy party  www.kokka-fabric.com
  • candy party  www.kokka-fabric.com

80年代の雰囲気を取り入れた柄は、1枚の生地の中に4つの柄が入って、いつもの手作りが4倍楽しめそう。「違う生地と組み合わせたり、そのまま使ったり…。この生地から生まれる”続き”を、手にとってくださった方に作っていただけるとうれしいです。生地の素材や色、柄、ノーションやボタンなど、オリジナルの組み合わせも楽しんでくださいね」(キャンディパーティ)

続きを読む


Inspiration file49
フリフリ 春色スカーフ

in49
手作りの楽しみのひとつに、身近な素材を工夫して、素敵なアイテムに変身させることがあります。人気ブロガー、”主婦のミシン”さんのブログには、そんなアイデア作品がいっぱいです。
今回ご紹介するのは、”主婦のミシン”さんのブログで見つけた、この季節にぴったりのアイテム、「フリフリスカーフ」です。ブログには写真がいっぱい載っていますので、本サイトでもたくさん載せちゃいます!

写真のスカーフは、58×190㎝。なんと1枚315円! 市販のスカーフにギャザーを寄せただけだそう。このアイデアの立役者は、透明ゴム。写真のいちばん右端に写っているのがそう。

「私はスカーフの巻き方にいつも悩んでいました。本を参考に巻いてみたりするのですが、時間が経つと、ほどけてしまったり…。どうにかならないかなあと思っていたんです。そんな折、透明ゴムを見つけて、ひらめき、スカーフに縫いつけてみたところ、きれいにギャザーが入り、感激しました!」(主婦のミシンさん)

作り方は、いたってシンプル。スカーフの中央に、端から16㎝あたりに1本、透明ゴムを伸ばしながら縫いつけていきます。1本縫いつけたら、中央から半分のところに2本目、3本目を縫いつけて、できあがりです。

「いつもスカーフを巻くのに時間がかかっていましたが、フリフリスカーフにしてからは、あっという間に豪華なスカーフ巻きに変身します。お気に入りになりました!」(主婦のミシンさん)

”主婦のミシン”さんは、70代のお母さまにもプレゼントしたそう。
「顔が明るく映り、とって喜んでくれています。鏡を見なくても、巻くだけできれいなギャザーができるので、使い方はとっても簡単。年配者にも若者にもいいのではないでしょうか」(主婦のミシンさん)

ギャザーがあることで、スカーフに空気が入り、首まわりが優しい表情になるのも、このスカーフのうれしいところ。
「首まわりが開き、ちょっとさびしいかな?と思ったときに、アクセサリーをするより、スカーフをすることで華やかになります。1枚持っていますと便利なスカーフです♪」(主婦のミシンさん)

便利アイテムの透明ゴムは、主婦のミシンさんのブログで紹介されています。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

主婦のミシンさんのブログ: http://d.hatena.ne.jp/syuhunomisin/


キャラメルポーチ

サイズ:幅12.5cm、⾼さ10cm、マチ10cm

布を折りたたんでマチを作るキャラメルポーチは、一度は作ってみたいアイテムです。マチにリボンをつけたり、ポンポンやレースなどをあしらって可愛くアレンジできるのも人気の秘密。今回、ご紹介するのは、カワイイ布ならおまかせのキャンディパーティの新柄です。作ってくれたのは筧なおみさんです。

デザイン・製作:筧なおみ


使用した布:
 キャンディパーティ H3049-3(A)


材料:
□⽣地(表布):30cm×40cm
(裏布、バイアス布):50×40cm
□ファスナー:⻑さ20cm を1本
□ポンポンブレード:直径0.5cm のポンポンつきを50cm
□リボン:幅2cm を30cm
□25 番刺しゅう⽷

cs52_candy_party_800px

キャラメルポーチについて、筧さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
とにかくカラフルでポップ、元気なイメージでした。触り心地がよかったので、普段使いにするものを作りました。カラフルな布なので、形はシンプルなものにしています。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
ファスナーそのものも布に使用されている色を使い、色を繰り返すことによってかわいらしさを強調しました。くどくならないようにリボンの色はおさえました。ポーチの内側になる裏布も、表の布にある色を使用して一体感を出しています。布の上にはなるべく飾りをつけず、布そのものの愛らしさを大切にしました。飾りの色は布の色よりも少し抑えると、全体の印象がくどくなりません。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
まっすぐ縫うだけなので、初心者にも作りやすいです。一つ一つていねいに作業すれば、きれいに作れます。今回使用した布は、縫いやすいので手縫いもおすすめです。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
パステル調の飾りは、やさしい印象になるので、小さなお子様が持っても似合うと思います。キャラメルポーチは、物がたくさん入るので、メイク道具もたくさん入ります。四角いので収納にも向いています。ご自宅で小物を入れとして使用してもいいですね。

KF:筧さん、どうもありがとうございました!キャラメルポーチの作り方プロセスも筧さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

キャラメルポーチの作り方

1.
1
材料をそろえる。

2.
23
表布の裏側ファスナーをつける。中表になるように。外側から0.2~0.3cmを縫う。反対側も同様につけて、筒状にする。

3.
456
裏布にファスナーをつける。ファスナー、表布の順に重ねる。待ち針でとめて、外側から0.5cmのところを一緒に縫う。両側を縫い終わったら、表からアイロンをかけて整える。

4.
7
生地がずれないように、表と裏を待ち針でとめ、脇を端から0.5cmのところをぐるりと一周縫う。

5.
89
ファスナーを上にし、底の中心に待ち針で印をつける。脇の真ん中に待ち針を打ち、縫い代の前後1cmを縫う。返し縫いをしてほつれないようにしたら、端は完成。

6.
101112
バイアス布で両端をくるむ。

7.
1314
ファスナーの両脇にポンポンブレードを待ち針でとめ、刺繍糸でクロスステッチで縫いとめる。刺繍糸の場合は3本どり。

8.
15
最後に脇につけるリボンを作る。リボンを半分に切り、蝶結びにする。それを糸で目立たないように縫いつけ、結んだところを数か所、縫ってできあがり。

裁ち方図と作り方はこちら
button_tt

コッカファブリックでは、引き続きこちらのCraft&Sewingのコーナーで作品を作ってくださる手作り作家さんを募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。


2014 echinoコレクション 第3弾

ホームデコも楽しめる150㎝幅

大人気のechinoシリーズが登場。2014年のechinoコレクションのテーマは、“echino×kika”。動物や植物など自然からイメージしたモチーフとグラフィカルな幾何柄が融合したコレクションです。今回、ご紹介する3柄は、2月にこのコーナーでご紹介したechinoコレクションの第3弾です。素材は、echinoの定番の綿キャンバスではなく、綿85%、麻15%の綿麻シーチング。扱いやすい素材で、幅も150㎝と広めなので、ホームデコレーションとして大胆に使ったり、シャツやワンピースなどの洋服に仕立てるのもいいですね。

seed JG95210-10 綿麻シーチング
echino2014 collection

  • echino2014 collection JG95210_10_2
  • echino2014 collection JG95210_10_3
  • JG95210_10_4

大きな「種」や今にもはじけそうな種をリズミカルに描いた布。大胆なパターンでありながら、とても使いやすい柄です。

続きを読む


Inspiration file48
マーガレット刺繍の春色トレイ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

桜の花も終わりに近づいた東京では、うす緑色の新芽が目にまぶしくなってきました。花屋さんの店先では、春たけなわといわんばかりに、色とりどりの花が愛想を振りまいています。ハンドメイドの世界でも、花をモチーフにした作品が気になるこの頃、素敵な作品を見つけました。マーガレットの刺繍を施した、カルトナージュのトレイです。こちらは、刺繍&カルトナージュの教室、アトリエクレアを主宰する、井上ちぐささんの作品。

「刺繍やカルトナージュと出会ってから、自分の世界観を針と糸、布で表現することに喜びを感じるようになりました。こんなに好きでたまらないことを、出会った方々と分かち合えたらきっと楽しいだろうという思いが、アトリエクレアの始まりです」(井上さん)

少人数のアットホームなレッスンでは、未来のアンティークとなるような繊細な手仕事を提案している井上さん。サイトには、クラシカルなテイストのカルトナージュ作品がいっぱいです。写真のトレイもそのなかの一つですが、こちらは、2011年3月11日に起きた東日本大震災義援金として、レッスン費の一部を寄付するという、チャリティーレッスンなのだそう。
「震災にあわれました方々が一日も早く、安心して暮らせる日々が来ますように祈りを込めて作りました。人と人とをつなぐ温かい思いにも。今回のチャリティーレッスンでは、春らしい可憐なマーガレット刺繍を閉じ込めて、あったかい気持ちになれるようなやさしい雰囲気の作品に仕上げていきます」(井上さん)

こちらのトレイは、刺繍途中のものを置いたり、スィーツトレイとしておもてなしにも使える便利なサイズ。使わないときは壁に掛けて飾っても素敵です。レッスンの詳しい内容は、井上さんのサイト、アトリエクレアのホームページでご覧いただけます。興味のある方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

アトリエクレアはこちら。 http://atelierclaire.com


ヘッドドレス

サイズ::幅最⼤13.5cm、頭まわり50〜59cm

今回の作品は、ヘッドドレスです。ステンドグラスような透明感のある色彩が美しい、JUBILEEのmosaicを使いました。作ってくれたのは、本コーナーでおなじみのAnriさんです。

デザイン・製作:Anri


使用した布:
 JUBILEE JG44000-3 (C)

材料:
□⽣地:60cm×70cm
□ゴムテープ:幅2cm を10cm

ts51_headdress
jubilee_logo2

ヘッドドレスについて、Anriさんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
60ローンと薄手で、キレイ色がたくさん!スカーフを連想させ、真っ先に頭につけたいと思いました。程よくハリがあるので薄手でも扱いやすく、緻密さが必要なものでも縫いやすい布だと思います。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
折りたたむのではなく、ギャザーで幅を決めるようにしたので、トップにはクシャっと自然なプリーツが入ります。キレイ系でもモード系でもなく、普段着に使いやすいことを目指しました。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
フリーサイズですが、サイズを変えたい場合には、平ゴムを±0.5〜1cm程度調節するといいと思います。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
画像ではロングヘアをゆるく編み込んでいますが、結んだり下したりおだんごにしたり、髪の長さもボブやショートでも。無造作ヘアにプラスするだけで手を掛けたように見え、忙しい主婦の朝にもいいと思います。

KF:Anriさん、どうもありがとうございました! ヘッドドレスの作り方プロセスもAnriさんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

ヘッドドレスの作り方

1.
1
裁断の際の注意は、柄の配置です。本体中心付近の柄が一番目立ち、また正面から見た時におでこにきますから、好みによって選ぶといいと思います。

2.
2
幅を固定するためギャザーを入れます。ギャザーを固定させる時、ギャザーを寄せるための粗いミシン目のできる限り近くに針を落とすと、粗いミシン目の糸を抜いた後の針穴が目立ちにくくなります。近くといっても糸を割ってしまうと抜けにくくなるので、注意しながら針を進めます。

3.
3
ギャザーはアバウトで大丈夫ですが、気持ち真ん中に多く寄せる感じです。これを中表に縫い合せて筒状にします。

4.
4
ゴムにかぶせる布は、あらかじめ出来上がり線でしっかりとアイロンをかけておきます。

5.
5
平ゴムを縫付けます。ゴムをかなり引っぱりながら縫うことになるので、端をまち針でしっかりと固定しておきます。この工程は省いても作れますが、ここで固定しておくと後でつけるより楽です。

6.
6
ゴムを縫付けた状態です。このようにかなり縮まるので、4のアイロンが後の工程で効いてきます。

7.
7
本体の端をゴム部の幅に縮めます。きっちり均等でなくても大丈夫ですが、生地が薄いとはいえ厚みが集中しないよう、こんな感じでたたむといいと思います。

8.
8
パーツを縫い合せて「わ」にします。1cm重ねて端を縫い、さらに中のゴムの端も再度縫いとめるため7mm内側にもミシンをかけます。

9.
9
最後に、またゴムを引っ張りながらミシンをかけて閉じます。

10.
10
完成です。

裁ち方図と作り方はこちら
button_tt

コッカファブリックでは、引き続きこちらのCraft&Sewingのコーナーで作品を作ってくださる手作り作家さんを募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。


JUBILEE(ジュビリー)

爽やかな色合いの幾何学モチーフ

JUBILEEは、デザイナーのシミズダニヤスノブさんが手がけるブランドで、「プリントデザインからはじまるモノづくり」がコンセプトです。「今回のコレクションは、60ローンというシャツなどによく使用される生地なので、ワンピースなどの洋服づくりに向いています。爽やかな色合いはこれからの季節にバッグや小物のほか、インテリアのポイントとしてクッションカバーなど、幅広く活用できるテキスタイルです」(シミズダニヤスノブさん)
jubilee_logo2

angelfish JG-44000-1  60ローン
JG44000_1_1a

  • JG44000_1_2
  • JG44000_1_3
  • JG44000_1_4

「熱帯魚のエンゼルフィッシュがモチーフ。規則正しく整列したシャープな印象をもたせるジオメトリック柄です」(シミズダニさん)

続きを読む


Wガーゼのローズコサージュ

サイズ:巻きバラの直径約7cm

暖かくなってきましたね、お出かけシーズン到来です! 今回、ご紹介する作品は、春らしい巻きバラのコサージュです。製作してくれたのは、ご自身のネットショップ「handmade*titocetera*」を中心に活動中のチトセトラさん。使った布は、「Joielinne(ジョワリーヌ)」シリーズの「random dot」(ランダムドット)。シャンブレーWガーゼのやわらかさを生かして、やさしい雰囲気に。作り方も手縫いでできるように工夫してくれました。ロマンチックなスタイリング写真もチトセトラさん撮影です!

デザイン・製作:titocetera


使用した布:
(巻きバラ)Joielinne P27000-700 (A)
(葉・台布)Joielinne P27010-10 (C)


材料:
□⽣地(巻きバラ):70cm×10cm
(葉、台布):20cm×20cm
□接着芯:10cm×10cm
□スエードテープ:幅0.5cm を50cm
□ブローチピン:⻑さ3.5cm を1本

titocetera_rose_main

「Wガーゼのローズコサージュ」について、チトセトラさんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
手触りが良く、やわらかな色合いのこの生地を見たときに、やさしいニュアンスの作品が思い浮かび、ふんわりしたWガーゼの風合いを生かしたコサージュを製作させていただきました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
Wガーゼは針通りがよく、縫いやすいので、身近な道具と手縫いで作ることのできるコサージュにしてみました。複雑な工程が少なく、どなたでも楽しんで作ってもらえるような作品です。台布には厚地の接着芯を使うことで、手縫いでもスムーズに縫えるようにしています。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
接着には部分的にボンドを使います。手芸用ボンドを使い、じっくり作っても楽しめますし、手早く仕上げたいときにはグルーガンを使うと乾燥時間が短縮できます。本体と台布は最後に縫いつけますので、ボンドでは台布縫いしろより内側で接着しておくと、針通りがスムーズで縫い合わせやすいです。今回はスエードコードをはさんでいますが、レースやリボンをはさんでもかわいらしく、また台布に貼る厚手の接着芯がない場合は薄手接着芯を重ね貼りしたり、厚紙を使って作ることもできます。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
お洋服にはもちろんのこと、バッグにつけたり、カーテンタッセル代わりにもぴったりです。今回はブローチピンを使用しコサージュにしましたが、チェーンや、ヘアゴムをつければ、使える幅も広がって、いろいろな用途でお使いいただけます。

KF:チトセトラさん、どうもありがとうございました!「Wガーゼのローズコサージュ」の作り方プロセスもチトセトラさんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

「Wガーゼのローズコサージュ」の作り方

1.
titocetera_rose_01
布をカットします。

2.
titocetera_rose_02
はじめに巻きバラを作ります。巻きバラ用の布を裏を上にし、右上角を外表に折り、端から3mmほどのところをぐし縫い(5〜7mm幅)していきます。縫い始めはひと針返してしっかり留めてください。

3.
titocetera_rose_03
角丸のところまできたら、そのまま上辺を下辺に沿わせ、最後までぐし縫いします。途中ねじれてくるような感じですが、ずれないよう、そのまま縫い進めてください。このねじれが花びらのふっくら感につながります。

4.
titocetera_rose_04
端まで縫い終えたら、糸を引き、35cmほどの長さになるようにギャザーを寄せます。

5.
titocetera_rose_05
端から、くるくると巻いていきます。ふんわり感をつぶさないよう最後まで巻き、縫い留めます。

6.
titocetera_rose_06
底部分は中心から外側にすくい、縫い留めれば、巻きバラの完成です。あまり深くすくうと表から見えてしまいますので、ぐし縫いのラインを越えないよう注意してくださいね。

7.
titocetera_rose_07
つぎに葉っぱを作ります。直径12cm円形にカットした葉用の布を4つ折にし、カーブから3mmほどのところを粗めに縫います。

8.
titocetera_rose_08
縫い終わったら、キュッと糸を引き締め、縫い留めれば、葉っぱのできあがりです。

9.
titocetera_rose_09
つぎに台布を作ります。直径 6.5cmの円形にカットした台用の布の裏に中心を合わせて接着芯を貼り、接着芯から2mmほどのところを細かくぐるりと縫います。

10.
titocetera_rose_10
縫い終わったら、糸を引き、接着芯に沿わせながら、縫いしろを内側にたおしてアイロンをかけます。

11.
titocetera_rose_11
表の中心より少し上の位置にブローチピンを縫いつけます。縫いつける前に軽くボンドで接着しておくとずれにくく、丈夫に仕上がります。

12.
titocetera_rose_12
最後に各パーツを合わせます。台布を裏にして、4等分にカットしたコードと葉っぱを配置し、縫いしろより内側にボンドで接着します。

13.
titocetera_rose_13
巻きバラの底の切りっぱなし部分にボンドを付け、台布中心に接着します。ボンドの接着範囲が広いと台布に縫いつけにくくなりますので、台布 縫いしろにボンドがはみ出さないように接着してください。

14.
titocetera_rose_14
台布と巻きバラをぐるりと縫い合わせます。コードと葉っぱをはさんだ部分が縫いにくいと思いますが、しっかりと縫い合わせてください。

15.
titocetera_rose_15
花びらをふんわりと整えれば完成です。

16.
titocetera_rose_16
接着にはすぐに固定できるホットボンド(グルーガン)を使うのがオススメです。最後に巻きバラを台布に縫い付ける工程を省き、台布全体にホットボンドをつけ、カタチを整えながらしっかり接着して完成させてもOKです。乾きがはやいので手早く作業するのがポイントです。

裁ち方図と作り方はこちら
button_tt

コッカファブリックでは、引き続きこちらのCraft&Sewingのコーナーで作品を作ってくださる手作り作家さんを募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。


Joielinne(ジョワリーヌ)2

使うほどに柔らかくなるガーゼ

今回の布は、3月10日にご紹介したJoielinne(ジョワリーヌ)の続きです。さまざまな素材を使って、家族みんなで楽しめるシリーズのジョワリーヌ。今回ご紹介するのは、先染めしたシャンブレーWガーゼです。ガーゼは使えば使うほど柔らかくなるので衣料にぴったり。全部で4柄ありますが、地の色がすべて同じなので、切り替え部分で合わせたり、組み合わせも楽しめます。

random dot P27000-700 シャンブレーWガーゼ
P27000_700_1

  • P27000_700_2
  • P27000_700_3
  • P27000_700_4

手描き風の大小ランダムな水玉が並んでいます。淡い色合いのグラデーションが素敵です。シュシュなどのヘアアクセリーを作っても可愛いですね。

続きを読む


1 / 1912345...最後 »