Inspiration file71
布とはぎれの収納アイデア
―カルトナージュ作家さんのアトリエ拝見!ー

in71_1
みなさん、布の収納、どうしてますか? 
どんなにたくさん持っていても、新しい布を見ると欲しくなってしまう……。
ああ、それが布愛好家の悲しい性!

カルトナージュ作家の杉山みほこさんも、「布を買うのが趣味」というほどの愛好家。さてさて杉山さんの収納方法は……?
「部屋の壁面が収納になっていて、そこに引き出しを入れて収納しています。下のIKEAで買った4段のワイヤーカゴの引き出し3つが布用です。この引き出しも他のプラスチックケースの引出しもそのままだと中に入っている物が見えてしまうので、白い厚紙を入れています。統一感が出ると期待して……(笑)」(杉山さん)
in71_2

あまりにも多いので、あえて柄別や色別には仕分けせず、オールマイティに活躍するドットや無地を1つの引き出しにまとめているくらいだそう。そんな「ざっくり収納」の杉山さんですが、ひとつだけルールを決めています。それは引き出しのサイズに合わせてたたむ、ということ。
「布の横幅(110cm)を4つに折り、引き出しの高さに合わせると、なんとなく揃った印象になります」(杉山さん)

なるほど。あえて細かなルールを作らないことが、収納キープのコツのよう。
「もともと片付けは苦手。なので、あまりキッチリとした収納にしてしまうと、長く続きません。大体の位置だけ決めて、ざっくりと収納。物を増やし過ぎないことに気を付けています」

布収納の横にも同じサイズの収納があるという杉山さんのアトリエ。こちらはカルトナージュ作家さんならではの材料と道具が置かれています。
in71_3

「こちらは、パソコンデスクも兼ねています。上の方には、レッスンのサンプル作品などを、下の方には、カルトナージュに欠かせない厚紙を置いています。立て掛けて置くと反ってしまうので、厚紙は横置き保管が基本。重さもあるので、あまり重ね過ぎると下の方の紙を取るときに大変になってしまうので、自分で棚を作りました。紙の種類や厚さごとに分類しています。カルトナージュをするには、使いやすくて、密かに大満足の棚なんですよ!」(杉山さん)

いちばん左上の写真、透明ケースには金具類をストック。「お気に入りの小さな引き出しは、今は出番のなくなったカセットテープ用だったものなんです」

そしていつも使う道具や作りかけの作品はワゴンに収納。「これを買ってからテーブルの上が片付きました。作業中はいつも身近に置いておけて、本当に便利です」

こちらは杉山さんが初めて作ったカルトナージュの箱。
in71_4
「私が8年以上前に初めて作ったカルトナージュの箱です。これがきっかけで、すっかりカルトナージュの面白さにはまってしまいました。その時の気持ちを忘れないようにするためにも、目に付く場所に置いています」

アトリエに置かれたカルトナージュ作品のなかに、コッカファブリックの布を発見!
「ストック用に作ったつもりだったのですが、想像以上にかわいくできたのでメインで使うことにしました」
in71_5

11/8(土)、9(日)に開かれるデザインフェスタに出展するという杉山さん。
「K+P+Hのユニットで出展します。ブースナンバーは、4F K-104です」。

現在、制作もラストスパートという杉山さん。コッカファブリックの布を使った作品もおめみえするそうですよ。

杉山みほこさんのブログ http://happbox.blog.fc2.com
K+P+Hのユニットの情報はこちら http://pb-kph.kaveri.me


2wayスカート

サイズ:丈33.5cm

ふんわり柔らかなWガーゼのシリーズ、「soft breeze」(ソフトブリーズ)の小花柄で作ったキッズスカートです。小さい子は、胸当てを出してチュニック風に、大きな子はスカートに。2wayで楽しめるデザインを考えてくれたのは、アイデアいっぱいの子ども服が人気のsinafukuこと、斉藤真澄さんです。

デザイン・製作:⻫藤真澄(sinafuku)


使用した布:P31300-300 (E)、P31300-301(D)


材料:
□⽣地(胸当て・スカートa):90cm×80cm
(スカートb):80cm×50cm
□ゴムテープ:幅1cm(ウエスト寸法+1㎝)×4
 

cs80_0

2wayスカートについて、斉藤さんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
紫の小花柄がヨーロピアンな雰囲気だったので、ガーリーだけどちょっと大人っぽい雰囲気にしてみました。
KF:作品についての特徴や工夫した点は?
ウエスト部分を長くすることで、大きい子にはスカート、小さい子にはチュニックと2way使いにしてみました。
それから、裾の処理を簡単にするために二つ折りにする仕様にしてみました。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
裁断も縫いも直線しかないので簡単にできると思います。時間や水で消えるチャコペンを使うとまっすぐ縫えて綺麗に仕上がりますよ。

KF:コーディネートアドバイスをお願いします!
スカートの丈を長くすればチュニックワンピースにもできます。ボレロなんかを羽織ったら、パーティーにも行けちゃうかも!?

KF:斉藤さん、どうもありがとうございました!2wayスカートの作り方プロセスも斉藤さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

続きを読む


soft breeze(ソフトブリーズ)

やわらかい風を運んでくれる布

お洋服づくりに人気のWガーゼが登場です! Wガーゼ(ダブルガーゼ)は、ガーゼを2枚重ねた素材で、厚くもなく、スケ感もないので、一年中着られます。そう、ワンピースやチュニックづくりにぴったりなのです。花柄やパッチワーク柄は色目によって、大人が着られるシックな雰囲気にも、お子さんが着る可愛らしい感じにもなります。親子でおそろいのハンドメイドのワンピース……素敵だと思いませんか?

tiny flower P31300-300 Wガーゼ
kokka-fabric.com P31300-300_1P31300-300_2

  • kokka-fabric.com P31300-300_3
  • kokka-fabric.com P31300-300_4
  • kokka-fabric.com P31300-300_5

小花をちりばめたやさしい雰囲気の柄は、ふんわり袖のブラウスにしたら、とっても可愛い! お洋服以外にも、マスクなどの小さいものにも最適です。麻の無地素材とも相性がいいので、リネンとのコンビネーションで、バッグやポーチなどの小物を作ってもいいですね。

続きを読む


Inspiration file70
妖怪ウォッチでハロウィーンパーティー!!

ハロウィーンの季節がやってきました! 子どもたちのいる家庭では、仮装をしたり、trick or treat のお菓子を用意したり、準備に大忙しですね。

ハンドメイド作家のLippia(リピア)さんは、子どもたちにせがまれて、大ブレイク中の妖怪ウォッチのコスチュームを作ったそう。

こちらをご覧ください! 妖怪ウォッチの「コマさん」と「コマじろう」になりきっています。お兄ちゃんがコマさん。弟君がコマじろうです。
kokka-fabric.com in70_1
「色々ハンドメイドを楽しんでいますが、仮装衣装は初めてでした。妖怪ウォッチのポンチョが市販されているのは知っていたのですが、もっと本物っぽいものが作りたくてパーカーのスウェット上下をリメイクすることにしました」とLippiaさん。

この衣装、パーカーのスウェット上下にフエルトで作ったパーツをつけています。
kokka-fabric.com in70_2

妖怪ウォッチのアニメや子ども達が持っているシールなどのイラストを元に、試行錯誤しながら制作したというLippiaさん。
「コマさんたちの後姿のイラストはなかなかないので、アニメを子ども達と見ながら、しっぽや風呂敷の柄をチェックしたんです」(Lippiaさん)

ハローウィンパーティーが終わったら、すべてのパーツを外してパジャマにするつもりだったそうですが、お兄ちゃんと弟君はこの衣装が大のお気に入りに。「『そのまま着たい~』と言うので、しばらくはそのままにすることなりました」ですって。

「ハローウィンパーティーでも、先生やお友達、ママさん達から「可愛い~」とたくさん言ってもらえて嬉しかったですし、兄弟で同じ妖怪の兄弟の仮装をして喜んでいる子ども達の姿を見ることが出来て、私自身がとても嬉しかったです。頑張って作ったかいがありました!」(Lippiaさん)

さて、来年はどんな仮装を要求されることやら……。今からドキドキですね!
kokka-fabric.com in70_3

子ども服のリメイクやオーダーでハンドメイド作品を作っているLippiaさん。
ブログ「Handmade Lippia」では、たくさんの作品がアップされていますよ。

ブログ「Handmade Lippia」:http://handmadelippia.blog.fc2.com


レッスンバッグ

サイズ:縦30㎝ 横40㎝ 

小さなバレリーナがテーマの「petit Etoile(プチエトワール)」で作ったレッスンバッグです。こちらの布は、パリの地図をモチーフにした「Carte de Paris カルトデパリ」。フランスの地図をバックに踊る少女は、プリマを夢見る乙女。バレエ教室に通う子どもたちのおけいこバッグにぴったりだと思いませんか? バッグの縁にはポンポンをつけて愛らしく仕上げました。

デザイン・製作:コッカファブリック


使用した布:
P32100-101 (A)


材料:
□⽣地(袋布表地)110㎝幅×40㎝
(袋布裏地、ポケット)110㎝幅×40㎝
□カバンテープ(2.5㎝幅):68㎝
ポンポンブレード:100㎝

cs79_lessonbag

裁ち方図と作り方はこちら
button_tt

コッカファブリックでは、引き続きこちらのCraft&Sewingのコーナーで作品を作ってくださる手作り作家さんを募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。


【RANKING】9月の販売ランキング

9月はechino(エチノ)の新柄発表に伴い、Huedrawerやni-coがランキングの1位と3位に登場しました!2位はパッチワークにも使いやすいと評判のIrome、収穫の秋をイメージした秋色の布です。

販売ランキングは、コッカファブリックを扱ってくださる全国のショップ様からの受注数に基づいています。


petit Etoile(プチエトワール)

プリマを目指す子どもたちの物語

チュチュをはいて楽しそうにバレエを踊る女の子が描かれた「petit Etoile」。Etoileは、フランス語で「星」の意味。バレエ用語でプリマ、プリンシパルを指す言葉としても使われています。このシリーズは、プリマを目指す子どもたちの物語がコンセプト。「小さいバレリーナがテーマなので、バレエレッスンや習い事に持っていくバックなども作って欲しいです」(コッカファブリック クリエイティブディレクター)。綿麻キャンバス素材なので、大きめのしっかりしたバッグにぴったりです。

Les 4 petits cygnes(レキャトルシーニョ) P32100-100 綿麻キャンバス
P32100-100_1P32100-100_2

「白鳥の湖」の4羽の白鳥のポーズが連なった柄です。小さいバレリーナが並んでいるのが可愛いでしょ? どこをとってもぎっしり小さいバレリーナが並んでいる柄は、小物を作るのに最適です。

続きを読む


Inspiration file69
ハンドメイド作家さんたちの小さな集い

手作りする楽しみのひとつは、でき上がった作品をたくさんの人に見てもらうこと、ではないでしょうか? デザインフェスタやハンドメイドインジャパンフェス(HMJ)のような大規模のイベントも‘見せごたえ’があるけれど、作家さんどうしが集まって主催するこじまりとしたイベントも、アットホームな雰囲気にあふれていて、大規模イベントでは得られない特別感がありますよね。

ピカピカに晴れている! という表現がぴったりの秋晴れの金曜日、東京・西荻窪で開かれた手作り作家さんたちの小さなイベントに足を運びました。その名も「Chambrette 2014~ 秋空 petit marche ~」。「赤毛のアン」のグリーン・ゲイブルス(緑の切り妻屋根)のような可愛らしいギャラリーがその会場です。
in69_1_IMG_4602

参加した作家さんは7人。布小物、カルトナージュ小物、花雑貨、ペイント小物・・・そして焼き菓子。乙女の好きなものがぜーんぶ集まったような可愛らしさにうっとり。

こちらはコッカファブリックのcraft&sewingコーナーでおなじみの人気ブロガーのneige+こと猪俣友紀さんの作品。ふんわりとしたグラニーバッグや大きめトートはやさしい花柄の布を、そして大きめクラッチバッグは、なんと古書柄!
in69_2_IMG_4596

そしてこちらはInspirationコーナーに登場したkana2さんこと中山佳苗さんの作品。ストライプ柄でシンプルにまとめたバケツ形ミニトートに、絵の具柄のファスナーつきポーチ。同じ柄でも配色や合わせる無地の色やファスナーの色で雰囲気が変わりますね。
in69_3_IMG_4593

kana2さんのカードケースを手に入れると幸運が訪れる! とブロガーさんたちの間で評判の通称’カドケス’。朝いちばんに行って並んでゲッドしましたよ。
in69_4_IMG_4601

シックな黒でまとめたバッグやポーチは、mon favoriさんの作品。パリっぽいおしゃれな雰囲気が漂います。
in69_5_IMG_4584

お花のブローチは、atelier berryroseさん。お裁縫箱やバニティケースにぴったりのカルトナージュボックスは、マヤリの箱さんの作品だそう。
in69_6_IMG_4594in69_7_IMG_4585

シフォンケーキと焼き菓子の専門店、小さなポケットさんの焼き菓子もたくさん。イベントにスイーツがあると、思わずにっこり。絶対、買っちゃいます(笑)。
in69_8_IMG_4583

初日のギャラリーには、参加作家さんが全員集合。日頃ひとりでちくちく制作することが多い作家さんですが、こんなふうに集まってわいわいと、本当に楽しそう。お客さんとなってイベントに足を運び、そんな作家さんたちの「幸せ」をおすそわけしていただけるのも、小さな集いの醍醐味ですよね!


ボストンバッグ

サイズ:縦35cm 横46cm まち23cm

“ユニセックス・シンプル”がコンセプトのni-coで作ったボストンバッグです。主役の柄は、色違いのcar-b柄。上部と持ち手に使ったblock柄がアクセントです。マチもたっぷりとっているので収納力もバッチリ。着替えも入るので、1泊2日の小旅行やスポーツジム通いなどにどうぞ。作ってくれたのは、サワカオリさんです。

デザイン・製作:サワ カオリ(Caunes+ Kaori*ri)


使用した布: :echino ni-co car-b JG99800-801 (B), (D)
  echino ni-co block JG99800-803 (B)


材料:
□⽣地:(表側⾯a)100cm×40cm
(表まちa・底板)100cm×50cm
(その他)110cm×140cm
□接着芯:80cm×110cm
□ファスナー:⻑さ60cm を1本
□ダンボール:50cm×30cm

cs79_1cs79_2cs79_3

ボストンバッグについて、サワさんにいろいろとお尋ねしました。
KF (コッカファブリック:以下、KF) 今回使った布の印象を教えてください。
大好きなechinoの生地だったのでとてもうれしかったです。大きいものを作るのに適している布だと思いました。

KF:作品についての特徴や工夫した点は?
旅行へ持っていける大きめのバッグ。マチもたっぷり。折りたためるので収納にも便利です。2種類の布を使ったのでその取り合わせを工夫しました。

KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。
こまめにアイロンをかけると形がきれいにでます。しっかりした感じに仕上げるには厚めの接着芯を使うといいでしょう。

KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか?
旅行へ出かけるときなどたっぷりと着替えなどが入れられます。

KF:サワさん、どうもありがとうございました!ボストンバッグの作り方プロセスもサワさんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF)と合わせて参考にしてくださいね。

続きを読む


1 / 2712345...最後 »